ランタンのススメ!全人類に所持してほしい便利アイテム

スポンサーリンク
アウトドア

ランタンは本当に大事だと気が付ついたのは、やはり地震のせいかも。

いや、かもじゃない。確実に地震のせい。

今の今まで釣りやキャンプなどのアウトドアアイテムだと思っていたんですが、もうそのレベルじゃない。完全に生活必需品になってしまったαトラウトです。ディライト。

それにしてもランタンっていうのは重要ですよみなさん。

僕も釣りをしていたので運よく最初からランタンを持ってたんですけど、まさかここまで便利だと感じるとは思いませんでしたよ。

スポンサーリンク

釣りやキャンプをする上でランタンは必需品だった

僕にとってランタンは本気の必需品でした。

というか、釣りやキャンプやる人で「ランタン持ってない」っていう人はまず居ない気もする。

というのもですよ。

朝いちばんから釣り場に出向いて仕掛けを準備しようとしても、車のライトじゃまぁ見えない。

おまけに夜釣りに出かけようもんなら、それこそ何にも見えない。

車内灯でなんとか車の後ろ側で仕掛けを作るわけですが、気が付いたらガイド飛ばしてラインを通してたのでやり直しとか。結んだリーダーが1号違うだとか。もはや朝日が出ようが目の前真っ暗。

というか、気が付いたら朝日が出てきたような人は僕だけじゃないと信じたい。

そんなαトラウトは、ある時から車の後ろにランタンを積むようになりました。

このランタンのおかげで明るくなり、下手なミスもなくなるわけで、安かろうがランタン一つあるだけで有難いと感じております。

キャンプのほうはといえば、もう説明の必要はないでしょう。

というか、むしろランタン無しでやる人間なんて皆無。

それくらいの必需品なので、当然ランタンはあってしかるべきアイテムというわけです。

ですが、それだけならまだ必要性は低い。

釣りもしなければ、キャンプもしない人なんて山ほどいますからね。

しかし僕は言いたい。

もう全人類に対してランタン必要だと訴えたい。

というかそれだけじゃ足りない。

今すぐ医師免許を取得し

全人類の頭を改造してランタン人間を増産しないといけない

そんな極論を唱えはじめ、悪の結社を打ち立てようとしている理由。

それは、やはり先日の地震が原因だったりします。

地震が起きた直後から停電でランタンが必要になる

北海道胆振地方東部地震が起きた直後、かなり距離が離れていた僕の地域ですら停電が発生しました。

原因は火力発電所の故障。これにより全道の発電所が電力のオーバーフローを防ぐために全停止してしまったわけです。

一方、地震のほどはというと大したことがない。

にも拘わらず停電してしまうような事態になるなんて、きっと誰も予想してなかったでしょう。

この時点で、すでにラジオでは電力の復旧が何時になるかまったくわからない状態だと知らせていましたが、となると、やはり重要なのが夜間の証明の確保です。

ここで誰もが考えるのがランタン。

ランタンは懐中電灯よりも広範囲を明るく照らせますし、室内に一つ置いておくだけでOK。

というわけで、誰もがランタンを求めていたわけなんですが、そう簡単に手に入るような状況では無くなってしまったんです。

停電していると店舗が開かなくなりランタン手に入らない

まず地震やらなんやらで停電すると、速攻で店舗が開かなくなります。

これはホームセンターも同じで、結局電気がないから店が真っ暗だし、人が大量に入ってきてパニックになる可能性を考えてなかなか店を開けません。

しかも、開くか開かないかわからないのに物凄い列の人がランタン目当てに集まってくるわけです。

そこでランタンを運よく入手できるかなんて、本当にギャンブル。

ちなみに田舎だと、ランタン置いてあるようなホームセンターだって数が少ないですし、そこに1000人位一気に人が集まってきますから。

コメント