ランタンのススメ!全人類に所持してほしい便利アイテム

スポンサーリンク
アウトドア

で、そんなホームセンターに1000個もランタンあるわけがない。

あったとしても数十個。列に並ぶのが遅かったら絶対に手に入りません。

ちなみに僕もホームセンターの列に並んでたんですが、僕の前に並んでいた人が、最後のランタン2個を全部買って終了。

そう、一人1個ランタンを買うとは限りません。

こういう時、人はお金を出し惜しみなんてしませんから、実家の分や友人宅の分として2個、3個と平気で買っていくんです。

震災後もランタンがまったく手に入らない状況

震災が過ぎ、電気が復旧したあとはランタンが手に入るのかというと、まったく手に入りません。

地震が3日が過ぎ、すでに電気が復旧した状態。

しかもホームセンターも開店しましたし、電気屋さんもやっています。

ところがですよ、ここにきてまでランタンが一切売っていないんですよ。

その理由はおそらく

1・物流が滞っていてランタンが店に届かない

2・再停電の恐れがあるのでランタンの爆買いが続いている

という2種類が存在していると思うんです。

1の物流に関してはどうしようもないですし、当然予想はしていたんですが、2の再停電の恐れに関してはまったく予想していませんでした。

実際に地震が起きると、それから余震が来る可能性が当然あります。

ただ問題なのは、本当に大きな地震が再び来るかどうかよりも、その前にランタンの購入が続いてしまうことです。

これにより、地域のランタンは一斉に買われてしまいますし、本当に必要な時にはまったくランタンが手に入らなくなると実感しました。

スポンサーリンク

ランタンは意外と持ってない人が多い

というわけで、どの店舗もランタンは売り切れになっていますし、その率は懐中電灯よりも高い。

懐中電灯はどの家でも一個はあるでしょうが、ランタンを持っている家庭というのは案外少ないんでしょうね。

僕は釣りもするしキャンプもするのでランタンを2個持ってましたが、よくよく考えたらですよ?

普通の家にランタン2個もあるなんてありえない

だからいざ災害になると、あれだけランタンが不足しちゃうんでしょうね。

こんな時、釣りやキャンプなどのアウトドアを趣味にしている人は本当にラッキーですよ。

僕が使っているランタン

そこで僕が使っているランタンの紹介です。

そりゃは災害時に糸目をつけずに良いもの買ったほうが良いとは思いますよ。

ですがこのブログはコスパ系ですし、αトラウトがそんな良いランタン持ってるわけがない。

でも、さすがに安いもので使えなかったら、いざというとき役に立たないわけですから、滅茶苦茶なアイテムを使っているわけじゃありません。

コールマン CPX 6

僕がメインで使っているのがコールマンのCPX6です。

もう使い始めて2年位は経過していると思うんですが、3000円位の格安ランタンです。

でも、不具合なんてありません。

さすがのコールマンというか、めちゃくちゃ明るいし便利。

最大400ルーメンあるのでアウトドアでも非常時でも十分。最大70時間は明かりを灯せるのでとても便利です。

釣りの時にはトランクルームに置いておいて、仕掛けを付けたり、ルアーを選んでボックスに入れたりするために良く使います。

光量は2段階調整。

上向きに光が広がるように作られていますが、逆さまに置くことで下向きにすることも可能。

コメント