ジグパラマイクロという万能激安メタルジグ【レビュー】

スポンサーリンク
メタルジグ

メジャークラフトから発売されているジグパラ・マイクロのレビューです。

以前からメタルジグを使った釣りを行ってきた僕ですが、そもそも自作アイテムばかり。

そこで市販のアイテムで良いメタルジグが無いか調べた結果、やっぱりジグパラマイクロが一番良いだろうという結論に至りました。

しかもお値段も格安。ライトショアジギングでは定番のアイテムですが、とにかく様々な魚種に使えるとのこと。

だったらレイクショアジギングでも使えるだろうと思い購入したわけです。

スポンサーリンク

ジグパラマイクロとは?

ジグパラマイクロとはメジャークラフトから販売されている小型ジグです。

メジャークラフトのルアーといえば、ジグパラシリーズ。

その中でも小型の魚をターゲットとしているのがマイクロジグ。

一般的には防波堤でのライトショアジギングで使うことが多いアイテムであり、狙える魚種も豊富で、扱いやすさ、お値段共に超優秀なアイテムです。

小さなターゲットを狙うためのメタルジグ

普通のメタルジグとは違い、ジグパラマイクロはかなり小さなターゲットを狙い撃つためのルアーです。

アジやサバといった小型の青物から、ソイ、アイナメ、カサゴなど、防波堤で投げて釣れる魚なら大抵はこのルアーで通用すると言われております。

とりあえず僕も近々海に行くような時に、このジグパラマイクロを投げて色々な魚を釣ってみたいというのもあり購入。狙える魚が多いなら、五目釣りなんかで役立ちますしね。

それと、僕が好きな超マイナーな釣り「ダム湖のレイクショアジギング」での活躍に一番期待してます。

この釣り方は一般的ではないんですが、水深が深いダム湖ではメタルジグが滅法強くて、トラウトに限らずとも、メタルジグさえ投げとけば爆釣するみたいな時が結構あるんです。

そこでも、やはりジグパラマイクロが活躍してくれると踏んだのです。

ジグパラマイクロのスペック

今回僕が購入したジグパラマイクロは10g。

恐らく、最も多くの人が購入しているグラム数かと思われますが、他にも色々なサイズが用意されています。

基本的にはフォールを意識したモデルなんですが、使い方がすごく豊富で、究めきれない程のバリエーションがあると言われています。

ジグパラマイクロは木の葉の用なフォールが特徴

ジグパラマイクロのアクションはヒラヒラとした木の葉のようなフォールが一番の特徴です。

キャストして着水したあと、すぐさま左右に細かなスライドを繰り返しつつ水の中をゆっくりと沈んでいく動きが秀逸ですし、見ていると小型のスロージグ、もしくはスプーンみたいです。

このヒラヒラしたフォールアクションが魚を刺激してくれる他、足の遅い魚にも効果的。

根魚の他、淡水域でも効果的なアクションですから、使いどころは無限大。

7g以下のものは足元の魚を探るために、7g以上のものはキャスティングで使うのが良さそうです。

asymmetrybodyによりバイトを誘う

なぜここだけ英語にしたのか良くわからないジグパラのセンス。

それは置いておき、アシンメトリー(非対称)な形状によりバイトを誘いやすいと公式には書かれています。

ちなみにどう非対称なのかというと、ボディの左右の形が微妙に変わってるんです。

ルアーを正面に見た時、右側は三角形のような形になっているのに対して、左側は局面になっており凹凸は見られません。

ボディバランスが右側に集中することから、当然スイミング中は右側が下を向くことが多い。

というわけで、スプーンのようにブリブリと左右へとウォブンロールを繰り返しつつ、レンジコントロールも用意になるという仕組みです。

こういった左右非対称のメタルジグは結構ありますが、ジグパラマイクのような小さなものにも搭載されてたんですね。

塗装がはがれにくい5層マルチレイヤーコーティング

ありがたい事にジグパラマイクロの塗装はマルチレイヤ―コーティングが施されています。

コメント