ラバー製ランディングネットで安心!プロックスの激安ネット買ってきた

スポンサーリンク
その他レビュー

ラバー製のランディングネットをを使ってみたいと思い、ネットで見つけたらめちゃくちゃ安いランディングネット買ってきました。

渓流釣りではネットは必需品。

けど、お金がない僕には高いアイテムが買えません。

しかーし!もしこのランディングネットが使えれば、ネットにもあまりお金を掛けずにすむかもしれません。

スポンサーリンク

なぜラバーランディングネットが欲しかったのか?

まずはラバーネットについての基礎知識から。

ラバーネットが欲しい!といっても、そもそもラバー何なのかわからないと厳しい。

ちなみに僕は昔「ラバーっていう位がから、きっとゴムみたいにネットが伸びる、全魚種対応の凄いネットではないだろうか」と、碇指令みたいな眼差しでアマゾンを見ていたんですよ。

でもね、そんなわけない。

ランディングネットにゴムゴムの実食べさせないとぜったい無理。むしろゴムゴムの実食べるランディングネットとかすでに別の実食べてる。ランディングネットの実を食べたオッサンの可能性がある。そのおっさんも実はオッサンの実を食べた美少女の可能性があるわけで、その美少女も美少女の実をたべたベッキーの可能性もってもうやめて!混乱する!あとメルカリのcm頑張って!

と、碇指令の顔を崩さずに自らにツッコみ、ベッキーを応援したところで本題に戻ろうとおみます。

使っていたランディングネットが壊れた

まずは使ていたランディングネットが壊れてしまった件について。

渓流トラウトをはじめた時に買ったホーマックに売ってたネットがあったのです。

まぁ最初だし、なんでもいいやーと思って購入したこのネット。

ところが、使っていくうちにどんどんと穴が開いてしまったわけですよ。

穴が開いた理由は色々

使っていたネットに穴が開いてしまったのは、針が絡んで無理やり抜いてしまったこと。

また、そのあたりの藪にネットが引っ掛かってしまったものなど色々です。

網目の細かにネットというのはどうしても色々な理由で穴があきやすい。

というわけで、僕的には非常に頑丈なネットを求めていたわけです。

ラバーネットというアイテムがあるらしい

そこで前から気なっていたラバーネットに目をつけたわけです。

ラバーネットは、ネット部分がラバ―素材になったもの。

目が大きくネットよりも柔らかさがないため、フックや物が絡みにくい。

さらにいえば、リリース優先の釣りにも非常にお得な要素があるのです。

魚体へのダメージが少ない

ラバーネット最大の利点は、魚体に対するダメージが少ないことです。

実際にどの程度ダメージを軽減できるかはわからないのですが、鱗が剥がれたりするリスクがかなり引くそう。

個人的にはネットにルアーが絡むリスクが減るぶん、リリース時間を短縮できる=魚体へのダメージが減る。という風に考えてます。

激安ラバーネットを見つけたつ

というわけでラバーネットを求め、Amazonのジャングルに探検してきました。

ところがここで問題発生。

渓流用で使えるラバーネットというのは極めて数が少ないのです。

安いラバーネットが殆どない

まず気になったのが、安いラバーネットが殆どないということです。

酷い話ですよ。

このαトラウトの経済状況を少し足りとも考えていない。一体釣り具メーカーさんはどうしちゃったんでしょうか。もうひたすら僕が訴えないと作ってくれないのだろうか。

まぁそうはいっても仕方ありません。

やはりラバー素材になると、普通のネットより高価になってしまうのでしょう。基本的には高い商品が多いです。

デザインがダサいアイテムが多い

渓流ルアーマンというのは、とにかくデザインを大事にしております。

僕もランディングネットを購入したとTwitterで呟いたら「デザインが・・・」という返信を頂きました。

確かにその通り。

どういうわけか、ランディングネット界隈では、ラバーネットは非常にダサイ。

ただね、僕も普段着がダサいほうだから全然ランディングネットのこと攻められない。

でもね、はっきり言ってやっぱダサめなものが多いというか。

渓流で使っているようなウッド製のランディングネットがあまりないわけです。

ただ一方で、アルミやらスチール製のランディングネットは山ほどある。

まぁバスやシーバス相手に使うネットという意味では、木製よりも金属製がメジャーですから仕方ないのかもしれません。もうすこし渓流トラウト用のラバーネット増やしてほしいです。

目を付けたのはPROXのラバーネット

そこで色々と調べた結果、一番安くて使えそうなラバーネットを見つけました。

メーカーはPROX。激安アイテムで有名な釣り具メーカーです。

そこから販売しているランディングネットの中に、ちょうど良い大きさのランディングネットがあるじゃありませんか。

とりあえず他のランディングネットは高いし、値段が安いのは魅力的。

レビュー数も大いし、皆様安いアイテムだけど便利という総評らしい。なんか見た目は木目のランディングネットよりダサいけど、とりあえずこれを使ってみようと思いました。

家にプロックスのラバ―ランディングネットが届いた

というわけで注文してから3日ほどでラバーランディングネットが届きました。

家に届くと、なんかとてつもなく巨大な箱に入っていたのでシーバス用のと間違えたのかとビビリましたが、開けて安心。頼んだアイテム通りです。

ちなみにこちらのネットも、ブログのアフィリエイト収益から購入させて頂きました。

本当にありがとうございます。このままなら魚を入れるたびに消えていなくなる穴あきネットでオートリリースするしかありませんでしたが、貧乏人のαトラウトも無事にネットを交換することができました。本当にありがとうございます。

それでは、ネットのレビューを続けたいと思います。

デザイン的にも渓流専用アイテムではないんでしょう。何に使うか決めてないけど、とりあえず汎用性高めのラバーネットという感じ。トラウトでも使っている人がいるっぽいので、とりあえずスペックから紹介です。

PROXのラバーネットのスペック

PROXのラバーネットはアルミ枠で作られてます。

グリップ部分はEVA素材で汚れたら洗えるタイプ。

グリップエンドにはゴム紐とナスカンが取り付けられています。

持った感じの重さは、以前使ってたアルミ枠のランディングネットよりは少し重くなってますが、ラバーネットの分だと思われます。たぶんこれでも軽いんでしょうね。

サイズは12型

ランディングネットのサイズは12型。

サイズとしては小渓流用としては少し大きめなタイプになるので、使える範囲は結構広いかもしれません。

外形:37.8×31cm

内径:37×29.5cm

全長:56㎝

グリップ材質:EVA

カラー:レッド

カラーバリエーションが少なく、レッドしかないのが残念。

これでもっと色々なカラーを出してくれたらいいんですけど、赤は好きな色なんで僕的には良いかなと思い購入してしまいました。

実際にラバー製のランディングネットを使ってきた

というわけで、この日は渓流に出向いてランディングネットを試してきました。

向かったのは昼頃。1時間ばかりの釣行です。

とりあえずニジマスとか釣れたらいいなと思ってきたのですが、付近にはサケの姿がチラホラ。

岸際の浅瀬でバシャバシャと婚活の真っ最中です。

この状態だと、他の魚はあまり岸際につかないと思い、とりあえず流心目掛けてキャストを連発。

使ったのはラパラの7cmミノーです。

コメント