ラバー製ランディングネットで安心!プロックスの激安ネット買ってきた

スポンサーリンク
その他レビュー

ラバー製のランディングネットをを使ってみたいと思い、ネットで見つけたらめちゃくちゃ安いランディングネット買ってきました。

渓流釣りではネットは必需品。

けど、お金がない僕には高いアイテムが買えません。

しかーし!もしこのランディングネットが使えれば、ネットにもあまりお金を掛けずにすむかもしれません。

スポンサーリンク

なぜラバーランディングネットが欲しかったのか?

まずはラバーネットについての基礎知識から。

ラバーネットが欲しい!といっても、そもそもラバー何なのかわからないと厳しい。

ちなみに僕は昔「ラバーっていう位がから、きっとゴムみたいにネットが伸びる、全魚種対応の凄いネットではないだろうか」と、碇指令みたいな眼差しでアマゾンを見ていたんですよ。

でもね、そんなわけない。

ランディングネットにゴムゴムの実食べさせないとぜったい無理。むしろゴムゴムの実食べるランディングネットとかすでに別の実食べてる。ランディングネットの実を食べたオッサンの可能性がある。そのおっさんも実はオッサンの実を食べた美少女の可能性があるわけで、その美少女も美少女の実をたべたベッキーの可能性もってもうやめて!混乱する!あとメルカリのcm頑張って!

と、碇指令の顔を崩さずに自らにツッコみ、ベッキーを応援したところで本題に戻ろうとおみます。

使っていたランディングネットが壊れた

まずは使ていたランディングネットが壊れてしまった件について。

渓流トラウトをはじめた時に買ったホーマックに売ってたネットがあったのです。

まぁ最初だし、なんでもいいやーと思って購入したこのネット。

ところが、使っていくうちにどんどんと穴が開いてしまったわけですよ。

穴が開いた理由は色々

使っていたネットに穴が開いてしまったのは、針が絡んで無理やり抜いてしまったこと。

また、そのあたりの藪にネットが引っ掛かってしまったものなど色々です。

網目の細かにネットというのはどうしても色々な理由で穴があきやすい。

というわけで、僕的には非常に頑丈なネットを求めていたわけです。

ラバーネットというアイテムがあるらしい

そこで前から気なっていたラバーネットに目をつけたわけです。

ラバーネットは、ネット部分がラバ―素材になったもの。

目が大きくネットよりも柔らかさがないため、フックや物が絡みにくい。

さらにいえば、リリース優先の釣りにも非常にお得な要素があるのです。

魚体へのダメージが少ない

ラバーネット最大の利点は、魚体に対するダメージが少ないことです。

実際にどの程度ダメージを軽減できるかはわからないのですが、鱗が剥がれたりするリスクがかなり引くそう。

個人的にはネットにルアーが絡むリスクが減るぶん、リリース時間を短縮できる=魚体へのダメージが減る。という風に考えてます。

激安ラバーネットを見つけたつ

というわけでラバーネットを求め、Amazonのジャングルに探検してきました。

コメント