自作ペンシルベイトで秋の渓流トップウォーター~ギャングスターに僕はなる!~

スポンサーリンク
プラグ

僕は夢を見ました。

そこはいつもの渓流。時間は朝方。

いつのものようにあまり眠れず目を覚ました僕は、きっとそのまま渓流に向かったのでしょう。

しかし、なぜか僕はペンシルベイトをなぜか渓流で投げ、魚を狙っていたのです。

しかもそれは自作のペンシルベイト。

それを投げ続けるうちに、ついに一匹目の魚が掛かりました。

重い。なんだこれは?

不思議に思いながら足元に寄せてみると、それは魚ではなく、傷だらけのザラスプークの最小モデル、ザラポーチなのです。

ザラスポーチは僕のペンシルベイトにフックを絡ませながら言いました。

「ボーイ…ドッグウォーク…サセロ…D・O・G…ブルッチマッテンノカ?…アルクンダヨ…イヌミタイニヨォオオオォオ…」

「コ、コイツは一体!?」

「ナニ ボサットシテンダ?走ルンジャネェゼェ・・・D・O・G、逆サマナラG・O・D(ゴッド)ダゼェ~?意味ワカルカヨォ?ナメンジャネェッテ意味ダゼェ…ヌケサクガヨォオ!!」

──これは…まさか、スタンド攻撃なのか!?

すると、僕の作ったペンシルベイトにフックを突き刺しながらザラスプークが這い上がってきます。

「D・O・G…ワカルカヨォ…オメェハモウ…“射程距離”ニ ハイッチマッテンダヨォ・・・オメェガワルインダゼェ…ウスノロガァ…」

間違いない、コイツ…仕掛けようとしている!!本体はどこだ??遠隔操作??やばいぞぉ・・・こいつはとにかくヤベェ!!

「テメェ…それ以上近づくな!喰らわせろ!岡崎体育!!

そこでスタンドを出現させたあと音楽業界アルアル攻撃を仕掛けようと思った瞬間に目が覚めました。

あれは一体何なのか?黄金の風はたぶん北風、めっきり寒い道北でギャングスターを目指すαトラウトです。無駄無駄無駄!

というわけで最近ネットフィリックスでジョジョの奇妙な冒険の5部が始まり、めっきり楽しみな僕です。僕は4部と5部のジャンプ世代ですから本当にヤバいです。

まぁスタンド使いの話は置いておいて。

今回は自作のペンシルベイトで渓流に行ってきた記事です。

スポンサーリンク

ペンシルベイトで渓流トップを楽しもうと思った。

というわけで、今回は夢の中でスタンドに襲われたところからはじまったわけですが。

こちらが襲ってきたヘドンの禁断の小型ペンシルベイト、ザラポーチ。

このペンシルベイトが手に入ったのは最近なんですが、その前にどうしてもザラポーチみたいなペンシルを作りたくてその前に自作ペンシルに踏み切ったわけです。

というかですね、ペンシルベイトを作るのって僕初めてなんですよ。

それでもなんとかなるでしょー、フローターパイロットのヒロ坊さんの動画でも見れば余裕っしょー。

とかユーチューブで釣り動画見ているキッズのノリでやってみたんですが、まぁこれが難しい。

ボディの削り方によって、その後の浮き姿勢がまるで変ってしまい、あっという間にアクションが出なくなる。昔作ってたスイッシャーとかホッパーよりもはるかにシビアでございました。

ペンシルベイトの作り方

というわけでペンシルベイトを作っていくわけなんですけど。

今回はですね、止水域で使うためのアイテムではありません。

ガチガチの渓流仕様のペンシルベイト。

その作り方はネットで調べても出てこなかったので、頭の中で計算するしかありませんでした。

何を計算してるのかというと、渓流で釣り上がりつつペンシルベイトを動かすにはどうしたら良いのか?ということです。

実際のところ、本物のザラポーチはノーマルでは渓流でまったく使えない。

というか渓流アップクロス用のペンシルベイトなんて作り方どころか製品そのものが殆ど見当たらないので参考のしようがない。

しかもトラウト用はさらに数が少なく、もう勝手に頭で計算するっきゃないのです。

コメント

  1. けむし より:

    この時期のトップは熱いですよね。
    柳から垂れ下がる青虫狙って水面に意識向いてる気がします。自分は柳から垂れ下がる青虫パターンと呼んでいますw
    小さなフローティングをオーバーハング上流に落としてノーアクションできますよ。

    来月は水中越冬中のエゾアカガエルパターンがきますw

    • αトラウト より:

      けむしさん>いやーなんかトップに出ますね不思議なくらい。
      夏よりもむしろ元気な個体もいて、水面ドッグウォークでチェイス多発してました。
      なるほど青虫パターンですか!面白いですねw
      ノーアクションでパクは楽しそうですねー、そういえば僕も超小型ポッパーを買ったので、ちょっと試してきます。
      エゾアカガエルパターン!wコアですね!
      そういえばカエルのルアーまだ使ってなかったの思い出しましたw

  2. ばんぱく より:

    ジョジョの奇妙な冒険は第1部と第2部こそ至高の作品と
    信じてやまないオヂサンです(笑)

    このペンシルベイトは【深夜釣りドラマ】第2話「負け犬のドッグウォーク」で
    大活躍していた自作ルアーですね

    https://www.youtube.com/watch?v=jBYUR5lqdpo&t=0s

    渓流でのトップウォーターゲームとは
    またマニアックな楽しみ方をしていますね

    ルアーの浮き姿勢と動きだけ見ていると
    ペンシルベイトの名作
    RED PEPPERを彷彿とさせますね

    RED PEPPERの元となったハンドメイドペンシルベイト
    マロペンにはパーマークのカラーリングのものが
    あったような気がします

    • αトラウト より:

      ばんぱくさん>1部と2部派!波紋使いだったとは・・・おみそれしました。
      ああ動画ご覧になってくださったんですね!あんなキナ臭い動画を見させてしまってお恥ずかしい限りでございますが、まだ作っていくつもりですw
      本当に我ながらマニアックだと思いましたwもう特にペンシル使う利点とかまるでないので、道楽が極まった感じですね。
      RED PEPPERというルアーがあるのですか!知りませんでしたが、その原型のマロペンにはパーマクがあったんですね。なるほどー。
      そういえばバスとかもトラウト食ってますしね。ネットで見てましたがマロペンってすごい洗練されたデザイン。ぜひ欲しいです。