ミチさんからのラインで思い出した

スポンサーリンク
未分類

本当に嫌なことに僕の人生はまみれてる。

そう確信したのは、つい今さっきです。

それはもちろん僕が貧乏だからでもあるんですが、根本的には違うというか、ナント言うか。

そもそも、今日は体調が最悪だったわけですよ。

今日は病院で2つも診察があり、朝から午後までずっと病院。

それでも自宅で仕事もしなくちゃならず、さっさと請求書とかも作る。

おまけに車庫の片付けなんかして、もうさっさと寝よう。もうモニターなんか見たくないぞと思ってたのが、薬を飲んで寝ようかと思ったら、やっぱり目が覚めてしまい、ブログを書き始めたわけです。

そういえば、昔占い師に手相を見てもらったら「基本的に不幸だが、不幸じゃなきゃ幸せになれない守護霊がついてる」みたいなことを言われたのを思い出す。

なんだそれ、守護霊じゃなくて悪霊だろとツッコんだものの、バカにすると暴れてより不幸にされるらしいのでディスれないαトラウトです。シャーマン!

でも、こんな記事を書くつもりじゃなかったわけですよ。

本当のところ、今日は以前のゲキブル釣行記の記事を書こうと思い、写真ファイルをドライブから移送している時、ラインの通知がなりました。

僕はとにかく昔からラインの通知がなるのが嫌いで、家の中ですらマナーモード。それでも必要な連絡が来るので通知設定は切っていないけれど「ああ、なんかきたよ・・・」と、ため息もらしながら画面を見たわけですが、そのせいで、ちょっとブログに書き記しておくべき記憶が蘇りました。

スポンサーリンク

ヒッキー時代の高校の自分とミチさん

で、問題のライン。

連絡してきたのは友人の母親。ミチさん。

内容は「元気?ひさしぶり?」

そこで僕は「久しぶりです、元気じゃないですけど」と返しておく。

僕の場合、元気かと聞かれたら、社交辞令で元気と返したことはない。其の手の挨拶には体が拒否反応を起こしてしまうせいで、ラインだと面と向かってもいないから、つい本音が出る。そのせいで色々苦労してるけど。

だけど、ミチさんの場合そんな心配はない。

ラインはすぐに帰ってきて「元気だって言ったことないけど元気じゃん!」の一言と、爆笑する猫のスタンプ。

あいかわらず、細かいことは気にしない人なので、僕も苦手なことをせずにすむ。久しぶりのラインでも、別に気にせずに住む人だ。

 

ミチさんは、僕が高校時代に入り浸ってた友人宅の母親だ。

友人はタケちゃん。僕の幼なじみ。

学校も家も嫌いだった僕は、その家に一日中どころか、2日、3日と泊まることも当たり前になっていて、もはや第二の自宅のような場所だった。

其の当時、僕はちょうどヒッキー生活からぬけだそうとしていた時だった。

当時の僕は今ほど周りに本音を漏らすタイプじゃなかった。そりゃ当然で、頭の中じゃいつもクソみたいなことしか考えてなくて、ストレスから逃げるのに必死だった。クソなことを考えているのは今も一緒だけど。

とにかく、それが原因で学校に行くのが嫌になり、自宅に引きこもっていたのをみかねた親と教師が、とりあえずテストを受けないと進学できないと言い出したのだ。

そこでテストだけでも受けるようにと説得され、僕はしぶしぶ学校に通いだした。もちろん最初は無理だった。授業を一時間受けるのが限界で、ストレスのせいですぐに学校から逃げ出した。

その後逃げ込んだのが、ミチさんの家だった。

息子のタケちゃんは僕と幼なじみで、中学から中が良かった。一緒にゲームをしていたし、高校にあがるのタケちゃんはオンラインゲームに夢中になる、僕ほどでは無いにしろ、学校をサボって家でネトゲをしていることが多かったからだ。

そこで僕はタケちゃんの家に逃げ込んだあと、学校に隠し持っていたPCケースを取り出し、中からラジオライフを読んで組み上げた自作のスクラップノートパソコン「メビウス改」を引っ張りだして、タケちゃんと一緒にネトゲをしたり、コピーしたプレステ2をやったり、会員制の海外ポルノサイトに勝手に入っては違法ダウンロードをかましてファイル共有ソフトに突っ込んで映画を落としたりしていた。(まだインジェクションアタックが簡単にできた頃の話だ)

コメント