増水時には普段釣れない川でも釣れる?

スポンサーリンク
超コラム

今回は増水時の魚の移動についての記事です。

今年も結構な台風が北海道を襲ってきたのですが、台風後の釣りにはいつも期待していまいます。

というのも、河川が増水した後は、きまって大型の魚が出現するから。

一体なぜかはわからないのですが、川の水が増えていると決まってランカークラスの魚が濁った水の中から現れるのです。

そのため、台風や雨の後の増水では、いつもより大きめのルアーを投げてランカーに警戒しているんですが、これが本当に来ちゃうから驚きです。

ただ、この現象は僕が通っている川だけでなく、日本中の川で見られる現象らしい。

渓流釣りをはじめてから、よくネットで情報収集するようになったんですが、台風が来ると決まって「台風開けチャンス!」と、こぞって釣りにでかけては、大型の魚をキャッチしている人を見かけます。

ということは、やっぱり増水した後には大型の魚が釣れるということか。なるほど。

と、納得はしたんですが、やっぱり気になってしょうがありません。

そもそも、なぜ増水した時ばかり大型の魚が釣れるようになるのか?

この記事を書いている最中も大雨で釣りにいけず、釣行の記事を書くこともないので、暇つぶしにこの問題について考えてみるとしましょう。

スポンサーリンク

増水時に大型魚が出現するデータを探す

まずは魚の専門家である研究者のデータから漁ることにしました。

その結果見つけたのが、このブログではいつもお世話になっている北海道大学の環境生物科学部門の小泉先生の研究結果です。

その研究の中でも公益社団法人日本動物学会のZoological Science Awardを受賞したのが、増水時の魚の移動に関する研究です。小泉先生凄いよ。

で、その受賞研究が「釣り人は正しかった:河川氾濫時における魚類の支流避難仮説の実験的検証」というもの。

発表されたのが2014年なのですが、この研究は増水時に移動する魚の習性に関する研究。

しかし、そこにたどるまではまぁ様々な苦労があったようなので、ぜひこちらのリンクから研究の本文などをご覧いただければと思います。

研究紹介:洪水時の魚の反応

支流に移動していく魚たちの生態

 

さて、小泉先生の研究結果をズバっと説明すると。

増水時に魚は支流へと入り込むが、そうではない河川もある。

ということらしいですね。

この研究では、試験放流する札内川(この川にはいずれ行ってみたい)で行ったものだそうです。

コメント