ザラポーチでニジマストップウォーター!思い出したトップの狂気

スポンサーリンク
ルアーレビュー

今回はザラポーチで実釣してきた記事になります。

実はこの記事を書くまでの間に、これまた色々な釣行があったのですが、ブログを書く暇っていうか体力がもたず、ブログ用のノートパソコンを開いたまま眠ってしまったこと数回。

そこでできるだけ早く書きたいのですが、まずはザラポーチの記事からです。

ていっても、放置しているとダメなんです。

悲しいことに、人間の記憶はいつも薄れるもの。

それが良い記憶であろうがおかまいなし。

そのくせ、なぜか辛い記憶ほど薄れない。

で、どうでも良い記憶なんか、新幹線の車窓みたいにあっという間に過ぎていく。

例えばおととい食べた夕飯だとか、その前に友人とした挨拶だとか、コンビニのトイレの近くに置いてあった青年雑誌のタイトルだとか。

けど、人が一番後悔するのは、そのどうでもいいっていう記憶を忘れてしまう事だっと最近気が付いたものの、今思い返すと青年雑誌のタイトルはしっかりと覚えていたαトラウトです。バックトーゥーザフューチャー。

というわけで、今回は忘れないうちに書いておかないとならないザラポーチの記事ですよ。

スポンサーリンク

廃版しているザラポーチをついに手に入れた

実は先日、渓流トップウォーターと題した記事を書いたときに作った「自作ペンシルベイト」ですが、そのルアーを作ったんですよ。

そのルアーを作ったのは、手持ちのルアーにペンシルベイトがまったく無かったから。

ていうか、北海道で釣りを始めて以来、一度もペンシルを買ったことが無かったんです。

だってね、北海道でペンシル売ってるとこなんて無いから

いや、あるかもしれないけどね?

少なくともアメリカ屋とフィッシュランドには一切置いてなかった

それだけは間違いないと言えますね。

もはや北海道にお住まいの方々はお気づきでしょうが、道外の方には「なんでペンシルがないねん」という事についてご説明しなければなりません。

北海道でペンシルベイトは売ってない

まず北海道は淡水ならまずトラウト、ソルトでもロックかトラウトと、とにかくトラウト大国であり、ルアーフィッシングのメインはいつでもトラウトです。

そんなトラウトフィッシングが中心の北海道では、まずペンシルベイトが売ってない。

なので、ペンシルを使おうなんて思うこと自体が物凄い稀なんです。

もちろんペンシルだけでなく、それ以外のトップ系ルアーは軒並み店頭に並びませんし、ジッターバグはおろか、ポッパーも無し。もちろんダッジなんか気配すら感じません。

コメント

  1. らびお より:

    ザラポーチ私も使っていましたが、
    オリジナルと比べて駄作だな〜って
    思ってましたので
    笑わずにはいられませんでしたw

    内部ウエイトはスピナーなどの
    中通しビーズを流用したのでしょうね…
    最後は立派なトラウト!
    トップの醍醐味ですね。お見逸れしました

    • αトラウト より:

      らぴおさん>ザラポーチはもう動かしずらくて仕方がないですねw
      ダウンサイジング版はオリジナルの動きが出ないのは当然として、あそこまで動かないとは思いませんでしたよ。

      なるほど、スピナーのビーズって言われたらそうですね。
      改良版のザラポーチが出てくれれば有難いんですが、なかなか難しそうですね。
      トラウトのトップは楽しいですね、ジャンプして出てくることもあるんで、もうすごい派手ですよー