メップス(mepps)のスピナーはサウンドで魚を誘う(実釣編)

スポンサーリンク
ブレード系

というわけで、今回はメップス(mepps)のスピナーを使った実釣編になります。

前回の記事でメップスの歴史について書きましたが、このスピナーはアメリカの釣りキチ商売人とフランスの変態エンジニアのコンビによって世に送り出されたアイテム。

今まで1700種類のスピナーを作ったそのバリエーションと、もはや狂気ともいえるスピナーへの執着が生み出す高性能。

そして、世間が様々なプラグを生み出しムーブメントを起こすなか、ほぼスピナーだけを作り続ける空気の読めなさ。

その執拗なまでのスピナーへの偏愛と、スピナーのシェアとしては世界一を誇っており、自社の看板にも「世界ナンバーワン」の名を貸していますね。

ただね、そんな自信満々なのが僕は気に入らないわけですよ。

たしかに凄いよmeppsは。それはその歴史を調べた僕自身が一番良く知っています。

けど、世界一美味い!とか言うラーメン屋が一度だって美味かったことはない。

むしろ『世界1』とか簡単に言い出すようなメーカー、僕は疑ってますよ。

みんなが良いっていったって、だからって僕は良いと言いたくないの。

同調圧力に日本人は弱いとか言われてますけど、僕ほど人生で空気を読まなかったやつはそういない。

 

メンタル弱くて人見知り、だけど同調圧力だけには世界1強いαトラウトです。最強!!

 

もうね、はっきりしましょうよって話。

どっちが一番強いのか

どっちが一番空気を読まないメンタルの持ち主なのか

僕とmepps、どっちが世界1位空気が読めないか

今ここで決めようって話!

 

いや!そんな話じゃなかった!

前回はこんな感じでメップスの歴史や実態について紹介していたんだった

メップスとは一体?二人の天才(変態)が作る世界一のスピナー(歴史編)
今回はメップスの記事です。スピナーといえばメップス!というわけで僕もやっぱりメップスが良いなとおもっていたわけではない。むしろ、一度も使ったことがなかった。もちろんメップスの名前は聞いてましたで、釣り具屋さんでも見てたんですよ。でも、スピナ

とりあえずもういこう!渓流いこう!ばか!

スポンサーリンク

メップスのスピナーをもって渓流へ向かった

ということで、最後に意味不明な誹謗中傷を行ったある日の午後。

僕はポンコツ愛車を走らせ、meppsと勝負するため渓流に向かいました。

向かったのはヤマメがいる渓流。

僕が購入したメップスは1番であり、対象魚としてはヤマメが最適だと判断したのです。

渓流に到着し、最近はまってるセリアの100円アンティークケースを改造したスピナー専用のボックスを開き、メップスとご対面。

 

僕「正直言っていい?メップスが世界1のスピナーって話、全然信じてないから」

アグリア「ボンジュール、ジャパンのキッズは疑い深いですね」

コメント