ナイロンとPEラインどっちがバラしやすいか!渓流と止水域でぜんぜん違う?

スポンサーリンク
釣り超コラム

はい、今回はナイロンラインとPEラインのバラし率の問題です。

ここ最近、釣りにいけていないわけで、もうそろそろ発狂寸前のαトラウトですよ。

もう雪が降ってきたのもあるんですが、まぁ色々忙しくて釣りに行く暇がない。

ほんとうにね、辛い。

みなさんならわかるでしょ?もうそろそろ限界。

最近集中できるからって理由で夜間に仕事しながらユーチューブで釣り動画をスマホで流しているんですが

基本画面とか見てないんで、音声だけ流れてくるんですよ。

それでもうダラダラ流してるんですけどね、釣りのジャンルとか問わず。

それで地味なコーディングしつつ、作業していたらもう途中で発狂しちゃって

「うるさいよSARU!釣り場で声張り過ぎだよ!!逃げるだろうが魚がぁ!!」

と、人気釣りユーチューバーに声を荒げてブチギレちゃう始末。

もうだめです。

画面越しでSARU君の声がデカイと言い出したら末期。

ついでに前髪マジでウザイと思い始めたら、それは釣りにいけないせい。

 

まぁね

ここまできたらもうアウト。

完全に釣りに行けない症候群。

というわけで、医者に渡されたラパラを毎食後に飲んでいるαトラウトです。カウントダウン。

いやね、やっぱりバルサは喉につまりますね。

釣りに行けない症候群には最高の特効薬なんですけど、ちょっと粉っぽいっていうか。

だから病院で他のにしてくださいよって言ったら、錠剤のアバシ材出されたんですけど余計飲みにくい。なにこれ歯が折れるんだけど。

だから次の病院では新薬のX-rapを頼もうと思ってますが、その治療で医者に。

 

医者「α君ね、釣りに行けない時はブログで釣りの話をするといいよ」

 

α「釣りの話ですか、例えば?」

 

医者「そうだね、やっぱりPEとナイロンの話とかいいんじゃないかな?バレとかね」

 

α「釣りユーチューバーのおっさんが釣り場で1人でしゃべってるの隣で見たらどんな気持ちになるとかは?」

 

医者「それいろんな人が怒るから絶対ダメだね、絶対やらないでね」

 

と言われたので、今回は行きつけの精神科の助言通りPEとナイロンの話をしようと思います。

スポンサーリンク

PEとナイロンはどっちがバレるのか?

というわけで、本当は釣り場で出会った釣りユーチューバーの独り言っぷりがヤバいって話と、よくあれだけ喋れるなって感心した話はおいておいて。

まずは、PEとナイロンのどちらがバレやすいのか?

この問題について話していこうと思います。

僕は今年、おもにPEラインをメインに使いつつ、ルアーによってはナイロンにチェンジするといった釣り方を行ってきました。

そこである程度ナイロンとPEのバレの違いなどを体験しましたし、どちらにもメリットやデメリットがあるということを肌身で感じましたね。

なお、僕がやっている釣りをいまさら説明するのもアレなんですけど、これは主にトラウトを相手にした渓流や湖などでの話です。

渓流でPEラインを使い続けた結論

僕がPEをメインで使ってきたのは主に渓流域。

基本的には最上流部に近い小渓流であり、釣り上がっていきながらルアーを投げていくスタイル。

ターゲットはヤマメ中心にニジマス、イワナなどなど。

使うルアーは主に5g前後であり、使っていたのは鱒レンジャー。リールは17セドナというセッティングですね。

やはりPEラインのほうがバレやすい

1年間近くPEラインを渓流で使い続けた結論なんですが。

やっぱり、PEラインのほうがバレる確率は高い。

という感想です。

一昨年はナイロンラインだけで釣っていたので、その差は明らか。

どう比べてみても、やっぱりナイロンよりPEのほうがバレるんですね。

コメント