トラパラを持って雪野の中で修行してきた【メジャークラフト】

スポンサーリンク
ロッド

今回はメジャークラフトから販売されているトラパラ(TPS)を使ったインプレとレビュー記事です。

ついに雪が降り始めた道北地方は、すっかり冬の装い。

こう寒くなると、まぁ釣りにいくのが面倒になりますね。

もう寒いし、コタツに入ってたいし、朝起きても吹雪いてるし。

釣り?いかないかないよーえー?こんな寒いのに釣りとかもう頭おかしいでしょ

もうそんなことより仕事だよ仕事。

人生なんて働いて寝て働いて寝ての繰り返しで金を集めて使って死んで終わり。

そういうシンプルさこそ大事なんだから、余計なこと考えちゃだめ。

とか言いながら真剣画面を睨んでいた矢先、玄関のチャイムがなりました。

なんだよもう、人がせっかく仕事するふりしてジョジョを見てたのに

しかもようやくセックス・ピストルズが出てきたっていうのに

こんな良いシーンで玄関に呼び出すなんて

ああ寒い、ほんとうに冬はいやだ。

で、悲しい気持ちになり箱を開けると、そこにあったのはロッド。

そう、頼んだまま忘れかけていたトラパラだったのです。

スポンサーリンク

トラパラが家に届いた

オタク男子の激しい差別を受けつつ手に入れたトラパラ。

まぁ新品じゃなくて中古なんですがね、ほぼ新品みたいなもんですよ。

ここでいったんジョジョを止め、じっくりとロッドを観察することにしました。

ここ最近鱒レンジャーばかり使っていた僕ですが、やはり鱒レンジャーでも厳しいエリアがあると感じておりました。

いや、そもそも鱒レンジャー自体ロッドとして厳しい。

むしろ好んでそういうヤバい釣りをしてる感も否めないし

さっき運送屋のお姉さんにののしられたの、ちょっと嬉しかったし

なんか自分、本当はマゾなんじゃないのか?

そんな性の倒錯に気が付いたオッサンの話はあとで5万文字位で説明したいんで覚悟してもらって

とにかくです。

さすがに5ftだけじゃ厳しい。

という悩みがずっとあったんですね。

僕自身今年は小渓流ばかり釣りまくってたんで、5ftでもよかったんですが。

もっと広いフィールドでの釣りだと、やっぱり長さが足りない。

あと硬さも足りないし、10g以上のルアー放りたい場所もあるわけで。

湖だとか、本流だとかで使えるロッドが欲しかったわけですよ。

でもね、仕事するふりしてジョジョの奇妙な冒険みているじゃないですか?

もうお金ないよね。

むしろお金なくていいから休みたい位疲れてたよね。

てな感じなんですが、金に関しては元々ない。

だから、できるだけ安いのが良い。

だけど本流でモンスター相手にしても大丈夫そうなやつが良い

とかなんとかボヤキながらネットを見てるうちに

「こりゃぁトラパラしかねぇな」

と確信してポチったわけですね。

メジャークラフトとはトラパラとは?

トラパラとは、メジャークラフトから販売されているトラウト用のエントリーモデルシリーズ。

ソルト用のソルパラ、トラウト用のトラパラはメジャークラフトでも人気のロッド達。

とくに初心者なんかにおススメってことで、結構使っている人も多いアイテムですね。

最大の特徴は、なんといっても値段。

結構しっかりとした作りのロッドなのに、実売7000円レベル。

安いのにかなり使えるロッドということで狙っておりましたよ。

買ったのはネイティブモデルの702MLX

僕が買ったのはネイティブモデルの702MLXというモデルです。

こちらは湖や本流河川でのミノーイングや湖でのスプーニングに適したモデル。

使い勝手がかなり良いモデルで、これ一本で広いエリアは大抵攻められます。

適合ルアーウェイトは5~15g

適合ラインは4~10lbとなっています。

僕はこいつに8~10lbのナイロンを合わせるつもりです。

トラパラを持った感じは結構普通に良い感じ

ロッドを持った感じは、かなり普通に良い感じですね。

結構ロッドも軽いし、グリップも悪くない。

太さもトラウトらしく細めのコルクで、結構握りやすいです。

ロッドのカラーも薄い茶色で、トラウトらしさがにじみ出てます。

全体的にかなりスッキリしていて、実質剛健な感じ。

北海道のフィールドで使っても結構違和感ないですね。

ガイドはFUJIで丁寧な仕上げ

ガイドはもちろんFUJI製品。

SICなどではありませんから、PEを使うときにはトップガイドが邪魔しそう。

ただ、トップガイドの巻き方と接着剤のつけかたが、なんか絶妙にライントラブルを減らす位置にある。

ううん、なんて綺麗に仕上げてあるんだ。

こういう細かい仕事、僕は見逃しませんよ。

恐らく、この突起の無さでライントラブルは結構減るかも。

おそらくPEでもギリギリいけるんじゃないかな。

アクションはファーストテーパー

トラパラはMHX以下のすべてのアクションがファーストテーパーとなってます。

やっぱりネイティブトラウト狙うなら、ファーストテーパーが一番使いやすいですしね。

特にミノーイングするならFじゃなきゃ難しすぎる。

キャストもビシっと決まりやすいアクションです。

トラパラでまずは本流を攻めてみた

安いのにかなりしっかりした作りで、これで7000円代ならかなりお得な買い物かもしれない

と、購入したトラパラの作りを観察していると、やっぱり釣りに行きたくなってしまいました。

さっきまでの面倒臭い気分はどこへ行ったのか。

やっぱりアングラーはロッドを手にすると、どんな状況でも釣りをしたくなる生き物らしい。

とりあえず吹雪が収まるだろう昼頃を狙い、1時間ほど近くの本流で竿を振ることにしました。

リールとラインも安くすませた

トラパラを使うにあたり、僕は以前購入したまま温存しておいたカストキングのスピニングを使うことにしました。

このリールはかなり軽くて、振っていても疲れにくい。

ドラグ性能は若干難ありなんですが、ナイロンでの釣りは結構ふつうにこなすのも良い。

あと、値段が安い割に耐久性が高いので、かなり苛酷に使っても大丈夫。

氷点下に突入した北海道の冬も乗り切ってくれると信じています。

ラインは2号(8lb)を使用。

こちらもダイワの激安ジャストロンですが、ピンクってなんかエロいな。

という理由だけで購入したものの、PEばかり使っていたせいで余っていたのを巻いてみました。

これから冬になると、PEは凍ってダメになりますしね。

どんなものかと巻いてみたけど、結構見た目はいいですね、ピンク良いよピンク。

本流に到着

ラインシステムを組み、今度は真面目に仕事をして昼食を食べ終えたあと、予想通り天候が回復。

計画通り!ここで行くしかない!

と、自主的昼休みとして1時間を作り、家から程ちかい本流へと向かいました。

コメント

  1. 花京院 より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見してます。
    荒木先生の描く女性キャラが好きすぎる花京院です。

    なんで俺らの旅は、男だらけなんだっっツツ!!

    康穂さあぁんっっ

    トラパラは素直ないいロッドだと、聞きますね。
    あと、トラパラのトラは「トラウト」と思いきや、虎だと聞いたことがあります。
    民明書房だったかな?
    いや、公式の画像でした。
    この技ではりつけですっっ

    エメラルドフロージョン!!

    http://www.majorcraft.co.jp/rodbrand/trapara

    • αトラウト より:

      花京院>どうも!トリッシュとジョリーンと丈太郎のお母さんが好きなαトラウトです。
      トラパラの公式になぜかトラがいるのはそういうことだったのか!
      なんかトラがいると思ってました。
      まずい、時間を止める秘密がバレル!