冬の現実逃避!雪の渓流へ逃げ出した

スポンサーリンク
北海道釣行記

ココ最近震えが止まりません。

一体なぜ震えが止まらないのか考えるのですが、それでも震えが止まらない。

これは一体何の病気なのか?

重度のアルコール障害なのか?

それとも僕のオンボロPCルームのストーブをケチって付けてないせいで、単純に凍傷になりかけているのか?

これならもう水冷じゃなくていいっていうか

電気代を節約しつつ、どのオタクのマシンより熱排気効率高い部屋で作業しているわけで、某社のサーバールームを僕の部屋に作ったら良かったのではないかと?なんてタカをくくり、やっぱりCPUの熱はこの時期最高だなと思うαトラウトDELL。

いやそうじゃない。

そういうことを伝えたいんじゃないし、僕が震えている理由はまったく別。

そう、釣りに行きたいってことですよ。

 

逢いたい、ヤマメちゃんに会いたくて震える。

もうこういう状態でして。

ここ1周間位まったく釣りしてない。

人様のブログやユーチューブ、ツイッターなどで釣果などを見つつ「魚だ、魚がいるぞ!」と画面に顔をおしつける始末。

気分的にはムショにいるのと一緒というか

猛吹雪と仕事の嵐のせいで、まるで釣りに行くことができず、画面越しの魚を見るだけで興奮。

「いつか本物の魚を見てやる!」と叫んでしまうような状態ですね。

そんなわけですから、もうお魚が恋しくて仕方なく、もはや限界。

もう絶対釣りに行ってやる!と画策。

天気のわずかな隙間を狙ったのです。

スポンサーリンク

現実からの脱走計画

僕にとっての現実はムショ同然です。

特にこのクソ寒い時期は、いよいよムショ暮らしをしている感覚が強まりますね。

吹雪のせいで外での活動を制限され、しかも仕事でPCの前で貼り付けにされるわけです。

今現在、刑務所での作業の大半は木工製品の加工やらタタミ作りやらといった仕事ですが、SF映画をご覧のみなさま、ひいてはデジタル土方の皆様におかれましては、あと10年もすれば刑務作業の多くが簡略化されたプログラミングになることを察知しているはず。

そう。

僕にとっての仕事とは、もう刑務作業と変わらないのです。

いったいなぜ僕はこんなことをしているのか?

いったい何の罪で僕はここに収監され、永遠と作業をしているのか?

そんな疑問がふつふつと沸いてくるわけですよ。

恐らくこの刑期を決定したのは僕の遺伝子でしょう。

裁判が行われたのは子宮の中。

 

裁判官「被告、αトラウトには執行猶予十月十日、無期懲役を言い渡す」

 

とかなんとか言われ、あの名前のわからない木槌でカンカン。これで終わり。罪状説明も一切なしです。

僕は執行猶予をへたあと、この刑務所に送られたのです。ほんとうに最悪。

で、ここは網走刑務所とアルカトラズを足してミズーリ州立刑務所をトッピングしたような場所。おまけにソースとして地球軌道上を漂う冷凍刑務所までブチまけられています。

つまり、ここは難攻不落の極悪刑務所。

スタローンとシュワちゃんが共闘しようが秒で失敗。

クリントイーストウッドですら入所してすぐ模範囚になります。

この刑務所から脱獄できたという人を見たことがありません。

自由を求め、いくら抜けだそうとしても、厳重な管理下のもと脱走はかないません。

また、この刑務所を出たとしても、そこにあるののは極寒の大地。呼吸すらかなわず、食料もなく、生きていくことは不可能。

しかし、それでも多くの人間が脱走を試み、挑み続けた場所でもあります。

というわけで、本日の刑務作業中、僕は彼らがその後どうなったのか、隣の独房の人間に聞いてみることにしました。

ちなみに僕はこのムショにはいった当初から問題を起こし続け、食事中に食器トレーで刑務官をぶん殴り

「金曜の夜にグリーンマイル何回見させるんだ!あとフォレストガンプもだ!なにが一期一会だ!2ヶ月に1回会ってるわ!お前の愛人より会ってるわ!もうトムハンクスなんかうんざりだ!勝手に空港に閉じ込められてろ!」

コメント