年末になり今年一年の釣りを振り返って大掃除

スポンサーリンク
釣り超コラム

年末になりましたが、みなさまどうでしょうか?

実家への帰省だとか、大掃除だとか、買い出しだとかいろいろやることがあるでしょう。

かくいうαトラウトもまぁ色々と忙しいんですが、なかなか終わりません。

特に大変なのが

今年一年で溜めたストレスをどう捨てるのか?

この年末大掃除が一番大変なわけですよ。

昨年、このブログをはじめた時には長々と貧困と鬱憤を書き連ねていたわけですが

今年もだいたい一緒です。

大体貧乏だし大体人生上手くいかないし

もう一緒!もうなんでもうこうなのもう!!

ほんとうに嫌だ、ああもう!

というわけで、今年のストレスを一層するために文章に起こしていきましょう。

スポンサーリンク

春先は渓流釣りの楽しさと金の無さを思い知る

春先、去年よりもより本格的に釣りをはじめた僕。

様々な渓流釣りをやるのですが、中でも好きになったのは小渓流の釣りです。

ヤマメの禁漁が初夏にかけてあったので、その間に様々な釣りをしてたのですが、解禁があけてから本格的にヤマメを狙いはじめ、その面白さにはまりましたね。

ところが、渓流用のタックルが無い。

でも新しいロッドを買う金がまったく無かったわけです。

そこで僕は思いました、本当に金が無い。

昨年も書きましたが、タックルというのは金がなければ買えない。

というわけでロッドすら自作しようと思ったのですが、そんなノウハウは無い!

ということで、古い折れたロッドを再利用しゾンビタックルとして使用したのです。

ほんとうに腐りましたよええ。

金がなさすぎてゾンビタックルを作ったは良いけれど、リールのハンドルは行方不明になるわ、魚はかけても釣り切れないわ、もうほんとに嫌だ。

しかし、それでも魚は釣れてくれるんです。

癒されましたよ。

そりゃもう信じられない癒しでしたよ。

いうなれば僕は浮浪者で、そこにヤマメさんが寒いだろう缶コーヒーを渡してくれたようなもんです。完全に立場的に人間の僕が下ですよ。

しかしヤマメさんの温情ばかりも受けていられない。

というか、リサイクルしたゾンビタックルすら完全崩壊。

だれ?僕のタックルをショットガンで打ち抜いたの?

警官クズレで嫁寝取られたあいつなのか?

それともポン刀もったドレッドのギャルか?

それともベレー帽被った初代プレステの残党か?

とか勘ぐりすぎて頭がおかしくなり

自宅の古びた洋館で青いハーブと赤いハーブを混ぜながらクランク回してたんです。

すると、降りてきた鉄梯子に何かが引っ掛かっていた。

それがグレート鱒レンジャーSP50 

今年僕の渓流釣りを支えてくれた激安の英雄です。

このベナベナグラスロッドを手に入れてからというもの、僕の渓流釣りはすこぶる捗るようになり、とにかく小渓流で釣りをするようになります。

トッパーの悪魔が目覚めセドナが叫んだ菊次郎の夏

ヤクザが沖縄にいってロシアンルーレット。

一言でいうなら、それが僕の夏だった。

気がする。

それくらい暴力的な夏だった、そんな気がする。

 

鱒レンジャーを手に入れた僕でしたが、そこで新たな激安の相棒

17セドナを購入することができました。

ここまで完全にエントリークラスのタックルというか、とてつもない初心者タックル。

しかし僕にとって値段は問題じゃない。

17セドナの性能は基本を完全に抑えている。

だったらあとは自分の腕と足で稼ぐ。

それ以外は考えてませんでした。

貧乏アングラーにあるのは鬱憤だけではありません。

恥知らずなまでのハングリーさだけが僕にありました。

しかもこの時、僕は偶然手に入れたクリックホッパーとドクターミノーという今年の2大ミノーが存在したのです。

この二つを使い、夏の虫パターンを体感。

とくにトップに出てくる魚達の荒れ狂った姿に大興奮したわけです。

コメント

  1. タムシ より:

    高知のタムシです、本年も厳しい情勢下のブログ更新本当にお疲れさまでした!

    私事ですがこちらもこの一年は例年通り本当クソみたいな一年で、もうやめて本当にクソと思いながら竿を握りしめ家を飛び出しておりました

    私めも2019年はこれまで通りおおよそかわらぬクソ人生となる予定ですので、その際には誠に勝手ながらまたこのブログを拝見し恐縮ですが人生の意味を見つめなおしていく所存です

    どうかαトラウト様もお変わりなく来年も健やかに朗らかなブログ運営をされる事を祈っております

    以上、インターネッツの向こう、画面の果てから互いの顔も素性も存じ上げないまま失礼を承知の上で年末のご挨拶と代えさせて頂きます・・・

    おちんちん!