熊よけ鈴は必須アイテム?山に入るには物足りないけど下着なみに大事

スポンサーリンク
アウトドア

渓流釣りをして、それも源流域に近づくにつれ絶対に必要になるアイテムは何か?

そう考えた時、僕がまっさきにあげるのは「熊よけ鈴」だと言いたい。

というわけで新年一発目から熊が本当に怖いことだけを訴えたいαトラウトです。

なにより本気で熊が怖いと思ったのは自分の目で熊をみた時から

さら思ったのは映画『レベェナント』を見てから

デカプリオが熊に襲われるシーン本当に怖かったけど。

あとデカプリオがアカデミー取れたの本当にうれしかったけど。

 

うん、そこではない。

 

というわけで本日の道北貧釣は熊よけ鈴についてです。

スポンサーリンク

熊よけの鈴は山に入る必須アイテム

山に入るアクティビティは色々とありますが、その際に熊よけの鈴を持って行かないのはハンティング位のものだと思います。

僕がやっている渓流釣りでは熊よけの鈴はほぼ必須アイテム。

なぜほぼかっていうと、僕の近所の渓流によっては鈴がいらないポイントもありますし、その辺は北海道を含め、日本中どこでも鈴が必要ってわけじゃないと思います。

でも、魚と風景を求めて山間深くの源流域に行けば鈴なしじゃ怖くて入れません。

それは渓流での釣りに限った話でもなく、湖でも必要な所は沢山。

それに、この辺りじゃ山菜取りに行く人もたくさんいるんで、その人たちも鈴を常に身に着けていますね。

あとは登山なんですが、ぼくは登山とかあまり行かないのでわかりません。昔登山に連れてかれた時は鈴なんて付けてなかったし、これも釣りと同じく、エリアによって必要かどうかが変わるんでしょうね。

去年は熊に出会うことが無かった

こうして熊よけ鈴について記事を書けているということは

そう、去年は一度も熊に遭遇せず、襲われもしなかった。

本当にそこはありがたいと思うし、熊よけ鈴のおかげとも言える。

もし付けてなかったら、デカプリオみたいに背中ズタズタで振り回されるはめになるかも。

なお、あの映画で襲ってきたのは子ずれのグリズリーでしたが、北海道の場合はワンサイズ小さいヒグマ。

それでも素手の殺傷能力は人間の数倍ですし

元旦に戦ったメイウェザー5人位あつめてボコボコにされると思って良いでしょうね。

僕が使っている熊よけ鈴

今年も熊に出会わず済みましたが、やっぱり鈴のおかげだとは感じてますよ。

なんせ僕が住んでいる場所は毎年のようにクマが出没するし、山にはどこでも熊出没注意の看板ばっかり。

こんな所で渓流釣りをするなら、そりゃ熊対策は必須だし、その基本となる鈴は絶対に必要。

しかし、だからって熊よけの鈴を何個も付けてるわけじゃないです。

カラビナ付山菜鈴

僕が最初に買って今でも使ってるのが、こちらの鈴。

山菜取り用の熊よけ鈴なんですけど、この手の鈴に専門性はまったくなし。

音がよく響く低音タイプですし、値段も安くてお手頃。

釣りに限らず、山にはいるなら付けてる感じ。

春先に山菜を取る時にも装着しており、使い勝手がよくて今でもずっと使ってますね。

熊が苦手な音について詳しく知らないのでなんともいえないのですが

とりあえず音が遠くまで聞こえて、動くたびに鳴れば良い

位に思っているので、正直登山用とか山菜用とか、釣り用とかは関係ないと思ってます。

というかメーカー側も、そのあたりの詳しい使い分けを指定している所がないんですよ。

でも、なんでも良いというわけでもなく。とにかく音が凄くなること。

そして響く高温であること

これが一番重要だと思ってます。

100均の鈴もクマよけとして使えるのか?

熊よけの鈴が一個だと不安。

ということでセリアで売っていた100円の鈴も使えるのか?

なんて思って買った激安アイテムなんですが

これ単体だと熊よけとしては不十分。

こればっかりは安いものを普段から使う僕でも無理ですね、まじで。

安い鈴がだめというより音が小さいから怖い

熊よけの鈴は音が高音で響くほうが安心できます。

鈴はできるだけ音が響いて遠くまで聞こえるのが良いし、小さいのを何個つけてもあまり意味はないかもとか思ってますね。

値段が1000円の鈴でも音が小さいブランド物もショップで見ましたが、あれもよくない。

ただし、一個じゃ不安でとりあえず沢山鈴つけておきたい。

とか思ったら、100均の鈴をおまけで足してあげるのはいいかもしれません。

実は熊よけの鈴が苦手なのは僕

熊が近寄らないように装着するから「熊よけ鈴」と呼ばれていますし、クマが鈴の音を嫌うから効果があると言われています。

しかし、苦手なのは熊だけじゃない。

このαトラウトも

熊よけの鈴の音が大の苦手なんです。

いや、冗談じゃないんです。

僕は本当にこの熊よけ鈴の音が苦手で、できるだけ聞きたくないし、もう耳栓して歩こうかってくらい好きじゃないんです。

だからできるだけ耳の近くでならないように、バックの後ろの下側に装着してますし。

人間マラカスのようにそこら中に鈴を付けている人がいますけど、あれを僕がやったら発狂間違いなし。

なんでここまで苦手なのかっていうと

音の中でも金属や食器がぶつかって出るあの周波数が本当に苦手だから

こういう人はたまにいるんですが

CDで音楽を聞くのはいいけど、ハイハットガンガン叩くよなライブは本当に苦手で

で、たまにハイハット叩くことに全てを費やすドラマーがいるじゃないですか。

ほんと殺す気かと。

もう聞いてるだけで嫌だからライブを途中で帰ります。

あと食器の擦れる音も苦手。

というわけで、取り皿は出来る限り木製にしてます。

だからこそ、鈴の音が本来好きじゃない。

好きじゃないどころか、できるかぎり耳に近づけたくない。

それでも熊よけの鈴をつけているのは

僕が死ぬほど熊が怖いからですよ

はじめて熊を見た時から鈴を手放せなくなる

僕がはじめて熊を目撃したのは、渓流釣りをする前のこと。

その時、僕は山に入っておじさんの山菜取りを手伝ってんですよ。

場所は旭川方面で、山にはいって藪をこいで、川の近くに自生しているギョウジャニンニクを集めてたんです。

ギョウジャニンニクは北海道で一番人気の山菜といっても良いでしょう。

けれど、この山菜はきれいな渓流の近くにしか生えてこないってこともあり、かなり山奥にまで行かないと手に入らないんです。近場の山菜はだいたい近所のひとが取りますしね。

そこでギョウジャニンニクの群れをみつけて、いそいそとナイフでこそぎ、だいたい取ったところで川を降りようとしたら、川の反対がわにいたんです。

 

熊が。

 

すいません語り口が稲川淳二ぽくて

でも怪談レベルの体験なのは間違いなくて

なんか茶色っぽいやつで

しかも子ずれですよ。

あこれやべぇな

て思いましたね、あとの余計な考えなんかゼロ。

 

例えば、レジで財布をあけたらお金が一円も入ってなかったとか

コメント