そろそろワカサギ解禁と悪霊退治

スポンサーリンク
超コラム

ワカサギ釣りが解禁になる。

そんなニュースを聞きつけたのは何も僕だけではありません。

僕が住む道北地方の有名ワカサギスポットの中でも、僕の家に近い場所はいずれも1月中旬にオープン予定。

毎年ならすでに解禁している時期なのですが、あいにく暖冬の影響で解禁が遅れているようです。

2019年の冬なんて暖冬になってしまえ!

そんなことを叫んでいた昨年の12月。

金がないせいで冬季シーズン突入前のウィンタースポーツ系サイトやら、宿泊施設等のサイト更新を請け負ってしまったストレスが重なり、もはや暖冬一直線ばかりを祈っていたものの。

ここにきて暖冬が僕の足かせになってしまった。

いや、正直に言えば今年はワカサギ釣りに行こうと思っていなかった。

どうせ忙しいし、やらなきゃいけない事ばかりあるので、冬は釣りを殆どせず、この道北のボロ家に引き籠ることを予感していたのですが。

なんと、妻がまさかのワカサギを所望。

もちろんワカサギが食べたいというのもあるのですが、冬に入ってから気圧と気温の低下もあいまり、精神状態が著しく不安定でストレスを抱えていた僕。

先日などついに筐体を分解し、CPUを抜き取って

「corei7の分際でぬけぬけと処理落ちしやがって!おまえは死ぬまで働くんだよ!!9が手に入ったらお前なんか用済みなんだからな!」と叫び、再び元に戻した上メモリーを追加し働かせるというブラックPCぶりを発揮。

世の中にはブラック企業という言葉がありますが、僕はまさに悪質な労働環境で、クーラーも旧式ならグラフィックボードすらも旧式。ほぼ中古パーツで組み立てたうえ筐体など業務用DELL。

そんな悪質な環境ですら休みを許すことなく働かせ続ける中間管理職。つまり僕も、やはり人生という悪質環境の被害者なのか。

この怒りを一体どこにぶつければいいのか。

問題が発生すると全てCPUのせいにして怒鳴り散らしていた所、妻が

「モルダー、あなた疲れてるのよ」

と、Xファイル世代の僕に慰めの言葉をかけてくれた

そこで仕事をいったん中止し、寝室でなぜかスーパーナチュラルを流しながらこのブログを書いているαトラウトです。全部悪霊のせい。

そうに決まってる。

僕がこんなことになったのも、仕事用のCPUが言う事効かないのも、知らぬ間にスパナチュを見つつ、特殊能力で悪霊退治する姿をみて

 

「エラー修正とかマジで悪霊退治だよな」とか

 

「僕も車突っ込ませてエラーぶち直したいわ」とか

 

色々と感慨にふけっちゃってるのも、ぜーーーぶ悪霊のせい

そうだ、悪霊が悪いんだ!そうに決まってる!

僕がこんなことをしているのも、ストレスが止まらないのも、金がないのも、全部悪霊のせいなんだよスカリー!このままだと手斧もってドアをぶち破ってそこから顔を突き出してしまいそうだよ!

そう妻の肩をゆさぶると

 

妻「釣りにいったほうがいいかもね」

 

と可哀そうなものを見る目で語られまして。

コメント