平打ちスプリットリングをルアーに装着して強度アップ!(DUO)

スポンサーリンク
その他レビュー

今回はDUOから販売されている平打強化スプリットリングを使い、手元にあるルアーの強化を行っていきます。

最近は海外のルアーを使う機会が増えてるんですが、やっぱりスプリットリングが気になります。

なんというか、こう、全体的に細い。

とくに小さめのルアーのスプリットリングがあまりに細くて、何時見ても不安ですね。

ラパラもそうなんですが、アメリカ製のルーアなんかもスプリットリングが細いんです。

一応このままでもヤマメなどを釣るのは問題ないんですけど。やっぱりニジマス相手となると不安な大きさです。

そこで去年からDUOから販売されている平打スプリットリングを使うことにしております。

スポンサーリンク

DUOの平打強化スプリットリングとは

こちらがDUOから販売されていた平打強化スプリットリングです。

平打ちのスプリットリングといえばコレって感じで、多くの人が使っているんでしょうが、それは日本だけじゃなく、世界中で信頼されて使われているようです。

僕はもともとDUOのルアーを使って「あれ、このスプリットリング良いんじゃない?」と思ったのがきかっけ。DUOのルアーはだいたい平打ちが使われてますもんね。

それと自作ルアーを作るのにスプリットリングが必要でも、やっぱりDUOの平打リングを使っちゃってます。

平打ちスプリットリングの特徴

平打ちスプリットリングとは、扁平形状になったスプリットリングです。

アイとの接続部に対する厚みがあるため、通常のスプリットリングより強度が高いのが特徴。

それが強度が高いと言われている一番の理由だったりしますね。

ただ、僕としては

リングが開きにくいのが一番良いところだと思ってます。

通常のリングは開け締めしていると開きやすくなりますし、リングの隙間にフックが入ってしまうと、それだけで一気に伸ばされてしまう原因になります。

僕も昔ニゴイをスプーンで釣った時、一度だけスプリットリングを伸ばされました。

コイにスプーンって?

とか思うかもしれませんけど、おじさんがキッズの頃にはスプーンでなんでも釣ったもので、コータックとかの激安スプーンが店によく置いてあったんです。

それにバスを釣れる場所も少なかったし、今みたいに渓流も近くなかった。

そこでニゴイがよく釣れる川にいって、コイ相手にスプーンで釣りをしてたんです。

ゴイニーパイセンはアグレッシブかつスプーンにも反応が良く、その日もサイトで好調に一匹目。

かなりデカいやつでウォリャー!と全力でやりとりをしていたら、いきなりテンションが抜ける。

コメント