平打ちスプリットリングをルアーに装着して強度アップ!(DUO)

その他レビュー

今回はDUOから販売されている平打強化スプリットリングを使い、手元にあるルアーの強化を行っていきます。

最近は海外のルアーを使う機会が増えてるんですが、やっぱりスプリットリングが気になります。

なんというか、こう、全体的に細い。

とくに小さめのルアーのスプリットリングがあまりに細くて、何時見ても不安ですね。

ラパラもそうなんですが、アメリカ製のルーアなんかもスプリットリングが細いんです。

一応このままでもヤマメなどを釣るのは問題ないんですけど。やっぱりニジマス相手となると不安な大きさです。

そこで去年からDUOから販売されている平打スプリットリングを使うことにしております。

DUOの平打強化スプリットリングとは

こちらがDUOから販売されていた平打強化スプリットリングです。

平打ちのスプリットリングといえばコレって感じで、多くの人が使っているんでしょうが、それは日本だけじゃなく、世界中で信頼されて使われているようです。

僕はもともとDUOのルアーを使って「あれ、このスプリットリング良いんじゃない?」と思ったのがきかっけ。DUOのルアーはだいたい平打ちが使われてますもんね。

それと自作ルアーを作るのにスプリットリングが必要でも、やっぱりDUOの平打リングを使っちゃってます。

平打ちスプリットリングの特徴

平打ちスプリットリングとは、扁平形状になったスプリットリングです。

アイとの接続部に対する厚みがあるため、通常のスプリットリングより強度が高いのが特徴。

それが強度が高いと言われている一番の理由だったりしますね。

ただ、僕としては

リングが開きにくいのが一番良いところだと思ってます。

通常のリングは開け締めしていると開きやすくなりますし、リングの隙間にフックが入ってしまうと、それだけで一気に伸ばされてしまう原因になります。

僕も昔ニゴイをスプーンで釣った時、一度だけスプリットリングを伸ばされました。

コイにスプーンって?

とか思うかもしれませんけど、おじさんがキッズの頃にはスプーンでなんでも釣ったもので、コータックとかの激安スプーンが店によく置いてあったんです。

それにバスを釣れる場所も少なかったし、今みたいに渓流も近くなかった。

そこでニゴイがよく釣れる川にいって、コイ相手にスプーンで釣りをしてたんです。

ゴイニーパイセンはアグレッシブかつスプーンにも反応が良く、その日もサイトで好調に一匹目。

かなりデカいやつでウォリャー!と全力でやりとりをしていたら、いきなりテンションが抜ける。

ルアーを回収してみると、なぜかフックだけが見当たらず、スプーンの端には変な形に伸びたスプリットリングがぶら下がってました。

この時、フックが外れたのは、スプリットリングの隙間が出来ていたせい。

なんどかフックを交換したせいで、リングが緩んでたんですね。

その緩んだ部分に強い力が加わると、フックが入り込み、そのままグニャっとマゲられて終わり。

いくらラインが太かろうが、スプリットリングの隙間にフックが入ったら終わりだと学びましたね。

その当時、平打のスプリットリングなんて無かったんですが、再び釣りを始めた時には平打のスプリットリングなんてものがあってビックリしました。

キッズの頃はこんなアイテム知らなかったので

「一体何時からスプリットリングはこんな固くなったんだ!」

と、スプリットリングを開けるのに苦労しましたね。プライヤー使えよ。

各ナンバーの強度

DUOの平打ちスプリットリングの強度はかなり高いです。

国内外の様々な釣りに使われることを想定しているので、さすがに変な物は作ってませんね。

渓流だと1〜2番を使う人が大半かも。僕もだいたい余裕のある2番を使ってます。

平打ちスプリットリングに交換してみよう

はい、というわけでDUOから販売されている純正の平打強化スプリットリングに換装していこうと思います。

 

スプリットリングを交換するのは、元祖ザリガニ系クランクとして有名なレーベル社のクローフィッシュ。

ルアー自体はとても良い動きをしており、渓流でも使い勝手が良いアメリカン・ルアー。

ところが、スプリットリングがどうしても弱い。

小型の魚を釣るならいんですけど、大きめのトラウトがもし食ってきたら不安で仕方ない。

ということで、こいつを平打ちスプリットリングに変えていきます。

オシャレなブロンズのスプリットリングを外して交換

このオシャレなブロンズのスプリットリングは気に入ってるんで、あとで使うとして。

プライヤーを使って外してあげます。

こうして外してみると、弱いスプリットリングは簡単に取れますね。

続いて平打ちスプリットリングを装着します。

こっちはプライヤーで挟んでも強いのがわかります。フックを交換したくらいじゃ全然伸びません。

ちなみに使用したのは2番で、強度は最大9kg。

渓流ではオーバースペック気味ですが、これ位あったほうがニジマスさんの襲来でも安心できますね。

平打ちスプリットリングに交換完了

というわけでDUOの平打ちスプリットリングに交換完了です。

昔と違って、最近のルアーには平打ちのスプリットリングが標準装備されているものも多いんですが、そうじゃないアイテムも多い。

そこで平打ちスプリットリングに変えてやると、それだけで安心して魚とやりとりできます。

やっぱりスプリットリングは丈夫なものが良いですし、消耗品なのも間違いない。

ワンシーズン、フック交換して使えば、どんなリングだろうが伸びて隙間ができるので、こうして冬の間に交換してるわけです。

冬のオフシーズンは、時間を見てこういう作業をやれるのも良いですよね。

シーズンがあけたら、眠い目をこすって朝から釣りに出かけるし、フック交換するのが限界ってことも多いのでありがたいです。

コメント