ツリジャンキーEP!釣りとHIPHOP+Y’Sと田我流=マザファカ?

スポンサーリンク
釣り超コラム

ヒップホップ界では名実共に№1の釣り好きであるY’sが発売した釣りトラップミニアルバム。

その名も「ツリジャンキーEP」

このアルバムが発売されたことが、ジワジワとシーンに波を立てていますね。

というわけでコンニチは、道北の釣りジャンキーマザーファッカーαトラウトです。カモンメーン?

とかなんとか大好きなD.Oの真似しちゃってますけど、今回はY’sの作品。

前作「それでも釣りにいく」から、さらに釣り好きが加速していったY’Sが釣りをテーマに本気で作りこんだのが今作。

しかも今回のミニアルバムはY’sだけじゃない。

ヒップホップ界のMr,chill。山梨は一宮市が生んだリアル・トラウティストである

田我流が参加しているのである。

もう震えるでしょコンナン。

田我流が?ついに?ついにきちゃったの?

とかテンション上がっちゃってるんですけど、

ヒップホップ好きで釣りが好きな人はブチ上がっても、そうじゃない人はまったくわからないはず。

ということで、今回はツリジャンキーEPとY’S、そして田我流と釣りについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ツリジャンキーEPは釣り具屋で売られている

 

今回Y’Sが釣りソンとしてリリースしたツリジャンキーEP。

それが一部で話題になているとのは、史上初となる「釣り具コーナーでCDを売る」という荒業に出たことですよ。

釣り具コーナーにCD置くなんて驚きなんですけど

さらに驚きなのは、パッケージがどう見てもゲーリーヤマモトだってことですよね。

なんていうにくい演出。

しかもおいてあるのが、ゲーリーのコーナーってのもにくすぎる。

もう完全にY’Sの夢が叶ったろうなって感じですね。

だって、アングラーの夢は自分のルアーが釣り具コーナーに並ぶこと。

アーティストの夢は自分の曲がタワレコで並ぶこと。

その二つを合わせ持っていたY’sは自分の曲を釣り具コーナーに並べるとかいう無理難題をクリアしたんですから。

しかもですよ?

このパッケージ、ゲーリーヤマモト公認なんですよ?

まじかよヤバす。

ていうかパッケージがゲーリーすぎて

釣り場で開いてノーシンカーでブッシュの奥にスキッピングしちゃう。

 

ていうか関係無いんだけど

このCDで誰か魚釣ってマジで。

 

で、今回の曲なんですけど、あの「釣りロマンを求めて」へのオマージュ的タイトルで、リリックの内容も前回とは違い、釣りと人生と夢が舞台。

しかも田我流呼んだとかヤバすぎ。

もう無理。こんなん尊すぎてヤバい以外出てこない!

 

で、今回このブログではじめてY’Sを知ったっていう人や、フューチャリングの田我流って誰ってあたりも踏まえて紹介していこうと思います

ツリジャンキーEPを釣り具やに並べたY’Sって?

Y’Sって一体何者?

っていう人のために一応紹介しておきますがトラップ系のラッパーとして登場してきた人物で、シーンでは2014年頃からブレイクしてきた東京出身のラッパーです。

ちなみにアーティスト名はサン付け敬称略で書いてきますよ。

もちろんリスペクトはしてるし、柏木、村上、潮来のプレスリー並みですそりゃ。

でも、なんか音楽やってる人を「~さん」とか呼ぶの、むしろダサくなっちゃってるから僕的にアウトなんですよ。だれかマイケルジャクソンをサン付けで呼ぶ?ヤバイださくね?マイケルだろ。

コメント