海平というラインはいつもソコにある

スポンサードリンク
その他レビュー

サンラインから発売されている海平についてレビューしていこうと思います。

海平はいつもそこにいる。

そう思っているのは僕だけじゃないはず。

別に海にいかないけど、主に渓流アングラーなんだけど。

なぜか家に何時もあるのが、この海平。

一体いつからそこにいるのか?

それすらもわからない程、長い時を過ごしてきたような感覚があるαトラウトです。磯野家のお父さんじゃないよ!

日本の国民的アニメの父親的な名を持つこのライン。

その命名がサザエさんからインスパイアされたのか?それともパクってきたのかは不明ですが、激安ラインメーカーとして常に商品提供を続けているサンラインの一品。

メインラインになることは少ないものの、いざとなったら海平に頼っているのは僕だけじゃないはず。

特に僕のような貧乏アングラーにとっては無くてはならないラインです。

スポンサードリンク

海平を僕のブログのライン記事一号にしようと思った

僕のブログではラインに関する記事が少なかったのですが、それはあまり多くのラインを使ってこなかったから。

しかし、冬のこの時期にラインについても語って置こうと思ったんですけど、その第一号するなら

やっぱり海平しかないだろう。

とは思っていましたよ。

他にも色々なラインがありますし、人気なものもあるんですが、僕にとって海平はもはや幼馴染のようなもの。銀鱗と同じレベルで古い付き合いなんです。

正直いって海平はダサい

正直にいって、海平はダサい。

人にどんなラインを使っているのかと言われたら、決して海平とは言わない。

そういうレベルでダサイんですよ、こいつは。

安いラインを使っている僕でも、ラパラのラピノバxだとか、同じサンラインでもトラウト系のもっと良いラインがあるし、オールステージとかクインスターとかなら、ただの激安ラインだと言える。

しかし海平は違う。

なにせこのライン、見て通りの「餌釣り感満載」のラインであり、パッケージのデザインも一切変わっていない古めかしさ。

しいていうなら、年金暮らしのおじいちゃんがタバコをふかしながら、海でサビキをやっている場合以外、まったくマッチしないラインなのである。

これがトラウトフィッシングなら?

もう口が避けても海平を使っているなんて言えない。

そもそも、ここは海じゃない。

渓流ですよ。山上の湖ですよ。

海から最大限に遠い水辺なんですよ。

なのに海平って何?ソルト用ラインじゃないのこれ?

とかなんとか言われそうで、決して海平なんか使っているなんて言えない。

もし巻いていたとして、釣り場で会った人にラインについて聞かれたとしましょう。

 

こんにちは!釣れますね!どんなライン使ってるんですか?

え・・・いや、スーパーファイヤートラウティストワンですよ

 

と、テンパッタあげく中学生が考えた最強のラインを口走ってしまいそう。

それくらい使ってたらなんか恥ずかしい。

だったら使わなければ良いんですが、気がついたら海平が家にあるんですよ。

気がつくとそこに海平

海平と出会ったのは何時の頃かは覚えてはいません。

確かなのは、幼少期にもこのラインを使ったことがあるということ。

おそらく2000年頃、すでに釣具屋には海平のラインが並んでいたはずです。

海平をスピニングリールに巻いたり、餌釣りの糸にしたり、コイのブッコミ用ラインに使ったり、その使用頻度はかなり高かった。

なにせキッズはお金がない。

いや、今もお金はないんですが、今の僕以上にお金なんて無かった。

そんな子供が糸ヨレの激しい激安リールで釣りをするとなると、そりゃ安いラインしか買えない。

というわけで、釣具屋さんに行くとなぜか海平があるんですよ。

見た目はおじさんっぽいんですが、色はスチールグレイで、しかも500メートルも巻いてあったんですよ。

しかも値段がびっくりする位安かった。

僕が通ってた釣具屋さんでは800円位で売っていて、そりゃもう破格の値段。

他にも色々なラインがありましたね。クインスターとかの激安ラインも。

でも、いっつもこの海平だけが店で売れ残ってて、安売りのカゴに入ってたりして。

そんなことがあってから、金がない時は常に海平を使ってましたよ。

さらにここ数年、金がない日々を送りながらも釣りを再開したら、やっぱり海平が売ってるじゃないですか。

それからというもの、なぜか家には気がつくと海平がいて、リールの下巻きとして使われ続けているんです。

玄人専用だけど貧乏人も使ってる

海平といえば、パッケージ上部に書かれた「玄人専用強力糸」の文字ですね。

正直にいってこのライン、本気の玄人か、僕みたいな貧乏人ほど良く使ってるわけですよ。

釣り歴がとてつもなく長い人や、もうラインなんかどうでも良くなった玄人アングラーなどなど、案外このラインを使っている人は多い。

さらに言うなら、僕のような貧乏アングラーにもありがたい存在。

例えば高いラインをフルで巻くなんて恐ろしくてできないし、激安peだろうがナイロンよりも高価なので下巻きは必須なんです。

そこで使うのが海平。

この格安ラインなら下巻きにはもちろん十分な性能です。

それと、手持ちのラインが無い時には海平を巻いたりします。

普通にナイロンラインとして標準的な性能があるので、魚も釣れますね。

以前アメマスを釣っていた時に使っていたのも海平。

家にいつも置いてあるので、予備のラインとして活躍しています。

海平と父親

僕と海平の関係は、なんとも微妙なものです。

普段から使っているし、表の最新peラインに隠れて、いつもスプールの内側に隠されているし、その存在をアピールすることはないし、自分から「海平巻いてるよ」なんて言うことはない。

けれど昔から現在に至るまで、ずっとスプールに巻き続けてきたライン。ずっと主張することはなく、その存在をアピールすることもなく、けれどもずっと。

そんな僕と海平の関係は、まるで自分の父親との関係に似ていますね。

もちろん僕は磯野家の人間ではなく、αトラウトの実の父との関係に良くにています。

自慢できない父親

子供の頃、自分の父親について聞かれるのが嫌でしたね。

なんというか、父親が苦手なのは間違いなかったし、人に聞かれるといつも言葉に詰まってましたよ。

僕の父親は僕と同じで金のない甲斐性なしだったし、ほんとうになんというか、男らしいような人間じゃなかったんですよ。

世間一般でいうような「カミナリ親父」ってわけじゃない。

それに、海平じゃなくて波平みたいに高学歴エリートの大手商社勤務の親みたいな、そんな親父じゃありませんでしたね。

学歴だって超普通。ていうか頭悪いっていうか、もう全然なんですよ。

しかも仕事も思いっきりダサいし、給料だって低い。

なんせ僕の初任給と、父親がもらってる給料が一緒だったんですよ?

それですら心苦しいっていうのに、父に幾らもらってるか聞かれて、正直に答えた時なんかこんな反応ですよ。

「お、じゃぁうちに仕送りしてくれよ」

で、僕は思いましたよ。

するわけないでしょそんなもん何いってんの?

おまえ僕がおまえどんだけ貧乏暮らしして学費もバイトで払ったと思ってんのバカなの本当にバカなの??

とか思ってたけど

「もらえたら送るよ」

といって、自家に帰る車の中で父親と話した昔を思い出します。

まぁそんな感じの父親だから、尊敬できる部分がものすごく少なかった。

家に居る時はビール飲んで酔っ払ってることばっかりで、何か趣味があるってわけでもない。頭も中途半端で、勉強嫌いで、そのくせ喧嘩が強いとか、ワルだったとか、その手のありがちな武勇伝もない。

そんな間延びしたような男だったわけで、クラスで父親についての作文だとか書かされた日には頭を抱えてましたね。

 

けど、結局そんな父親だけが、僕に釣り道具を買ってくれたんですよ。

 

僕が小さいころ使ってたスピニングロッドはパックロッドで、近所の釣具屋で2000円位で売られてたやつでしたね。

それを使ってたら、親父が「おまえ、新しい釣り道具ほしくないか?」とか言い出したです。

 

親父は釣りなんか全然しない人間だったんですけど、僕が釣りに行くのを妙に喜んでたんですよ。

 

まぁ、昔からヒキりがちで友達もいないような性格だったんで、唯一外に出て遊ぶのが釣りだったから仕方ないかもしれませんが。

それである日、父親が新しい釣り道具を買ってくれたんですけど、まぁこれが今思い返すとひどかった。

釣りのことなんてズブの素人の親父、しかも金なんて無いもんだから、とんでもないタックルを買ってきて

手渡されたのはベイトタックル一式だったんですけど、ロッドは意味不明なライトグリーンのガングリップで、ガイドは針金曲げたダケみたいなやつ。

しかもライトアクション。当時はベイトフィネスなんか無いから、そんなロッドで投げれるルアーなんか無いんですよ?意味不明でしょ。

で、一緒に買ってきたベイトリールがまぁひどくて。

メーカーなんかよくわからないし、巻心地なんかもう最悪。ガッタガタを通りこしてたし、ブレーキ調整なんかロクにできないひどい代物。

まぁ、釣りに詳しくない人間が、子供に釣り道具を買うとこんなひどいことになる。しかも激安で頼んだら、こんな無茶苦茶なセッティングになるんでしょうね。

それで、一緒にくれたラインが海平でしたよ。

もうダサい。もうメチャクチャ。本当に親父勘弁してよと思ったのかといえば。

 

あの当時の僕は、それでもメチャクチャ喜んでましたね。

 

だって初めてのベイトロッドでしたし、子供なんかメーカーなんて気にしないですから。そのあとサミーを投げて愕然として、はやく新しいロッドを買おうと思ったのは間違いないんですけど。

 

でも、海平だけは嬉しくなかったですね。

 

ダッサいなー、なんだ海平かよ思ってたし、海平って投げ釣とかサビキ用じゃなないの?とか考えてましたね。

でも、それよりベイトタックルを手に入れたのが嬉しくて、すぐに海平を巻こうとしたんですけど、一人じゃできなくて父親に手伝ってもらいました。

親父も糸なか巻いたことないから、スプールに無茶苦茶に結んで。

それから僕がリールを巻いて、親父が海平を押さえつけて。

僕がグリグリリールを巻いたら、親父の手からスッポ抜けて海平大暴れ。

あたふたして海平を掴んだ親父は、割り箸をもってきて、海平の真横にブスっとさしてたんですが、僕はずっと不安そうに見てたのを思い出してますけど、ほんとあれは酷い。

でも、なぜでしょうね。

それいらい、ずっと僕は海平を買っています。

海平との腐れ縁は切れない

そんな子供の頃の記憶を思い返しながら、この記事を書いていますが、やっぱり視界の済には海平がいるわけで。

安くて使えるナイロンラインなんですけど、こうやってブログの記事にしても「こいつ海平使ってるんだ」って思われるの嫌なんですけど。

まぁダサイですよ。

海平最高!なんて口がさけても言えないし、下巻きとかに使うのが大半。

性能だって中途半端だし、もう特徴なんか得にない。

なにが玄人専用だよって、このパッケージを見ていつも突っ込んでいるんですけど。

それでもまぁ、海平はずっと買うと思うというか。

でも、なんというか、今なら言えるというか。

僕は海平使ってるよ、うん。

あんまりデカい声じゃいえないけど、昔より言える。金がない時も、あった時も、そしてまた金がない今も、ずっと海平を使っていたよ位言える。

ただ、まだまだ「ラインなんか海平で十分」と豪語できないし、そう言えるようになってこそ本物。

つまり、それが玄人専用ラインの正体。

いつの日か、海平だけで釣りは十分だとか言える日が来るのかわかりませんし、そんな日永遠に来ない気もしますけど。

ていうか、これより良いライン山ほどあるんですけど。

なんかこう、それまで僕はまだまだ子供な気もしてます。

コメント

  1. 極貧 より:

    いつも楽しくブログを拝見してます!
    αトラウトさんブログの好きなところは、結果とか過程だけじゃなくてその時の感情やバックグラウンドもしっかりと発信しているところです。

    僕にはお金も釣りに行く時間もないですが、限られた中でもできることって結構あるんだなとこのブログを読んで感心しました!

    定期的に更新を続けるのは大変だと思いますが、応援してますので、これからもブログを続けてください!

    • αトラウト より:

      極貧さん>いつもありがとうございます!
      そうですね、いろいろと伝えたいことが多くて、いつもいろいろ書いちゃいます。

      そうっすね、お金がないひとほどお金が必要なくらい、釣りに行く暇がない人ほど釣りが必要ってわけで、なんとも理不尽な世の中ですが、なんとか釣りして生きてきましょう。

      そうっすねー忙してかけないときもおおいですけど、とりあえず書けるだけがんばります!

  2. Dマン より:

    初めまして。
    僕もたま〜に海平使ってます。
    延べ竿、バス、トラウト、一時期はシーバス用PEのリーダーにもしてましたw
    ぶっちゃけナイロンに関してはこれで良いのかな〜、と思いつつも仰る通りダサい感じがするのでGT-Rやらシルバースレッドやらを手に取る機会が多いです(^^;)
    でも本当に財布がピンチな時にはお世話になってます。

    凄いどうでも良い話で申し訳無いのですが、某国民的アニメのお父さんは「波平」で、「海平」は波平のお兄さんですw

    これからも更新楽しみに待ってます!

    • αトラウト より:

      Dまんさん>ああああああ!!!!
      寝ぼけてましたwwwwすいませんwww
      さっき一応訂正しておきましたが書いている最中に波平=海平になってましたすいません。

      けっこうこのブログで誤字やらかすんですよよ・・・
      だいたい深夜に投稿して、見直しとかせず投稿してすぐ寝ちゃってるんで
      できるだけ頑張って見直すようにします。

      海平はなんだかんだ使いますよね。リーダーとかも僕使ってます。
      こう、なんか伸びるナイロンなんですが、そこがまたいいというか。
      メインラインに使うと普通より号数上げて使わないと恐ろしいんですけど、なんだかんだの海平なのです。

  3. けん より:

    はじめまして。楽しくブログ拝見させてもらっております。
    私も所帯持ち貧乏アングラーですが海平重宝してますよ。私は主にソルトルアー全般ですがリーダーには海平さんですね(笑)時と場合によって同じサンラインの激安フロロと使い分けてるの他のお高いラインに比べてですが釣果に違いなんてありません。
    いやあるわけが無いと信じて止みません(笑)
    道具拘ればきりが無しです。

    • αトラウト より:

      けんさん>はじめましてーブログお読み頂きありがとうございます。

      やはり所帯持ちになりますと、釣り道具におカネをかけると色々ありますからね・・・悲しい
      海平といえば、やはり極貧アングラーの秘密道具ですね。
      釣果に違い・・な、ないですよ、そんなの(超不安)
      ほんとうにこだわると沼ですよねー