僕に釣りの才能は無いという占い結果に絶望しかけた

スポンサーリンク
未分類

 

今回は釣りには少しだけ関係ないけど、根本的には大有りな「釣りの才能について」ですよ。

 

実は僕の友人に占い師がいまして。

 

その占い師は非常に人気なんですね、これが。

 

そもそも住んでる場所が違うのですが、僕が自宅で仕事をしているときに、よく複数人でスカイプなどで集まり話していたりするんです。

 

昔からオンライン上でのコミュニケーションのほうが得意だった僕としては、ネットでしゃべっているほうが気楽だし。なにより家で仕事しながら、時々しゃべれるから都合がいい。

てなわけで、その時もたまに「あーそうだねー」とか言いながら、頼まれたうだつのあがらない仕事をしてたんですが、急に。

占い師「αトラウト、おまえの手相見てやるよ」

とか言われたんですね?

いやいやいいよ占は、僕はそういうの懐疑的なんだよ、申し訳ないけど今僕が聞いたとしても何一つ信じれないよ、と答えたんですが。

「いいや、お前は信じるよ、アイコン画像がムンクで月ムー読者のお前がサブカル学問みたいな占いを嫌いなわけがない」

とか言ってきやがったんです。

 

ほんとその通り、もうグゥの音も出ない。

 

これだから占い師っていうのは嫌ですよ、なんでもかんでも見透かしてきやがるんですよ。そりゃ大好きですよオカルティズム。UFOにUMAに幽霊妖怪都市伝説まるごとひっくるめて大好きだよ。

だったら占いに興味ないわけじゃない。

自分ではそうそうやらなくても、やってくれるなら喜んでやってもらうよ、そりゃ。

とブツブツ文句を垂れてたんですが、やっぱり気になるので僕の手相を送ることにしたんです。

スポンサーリンク

僕に釣りの才能があるのか?

ちなみに彼は手相占いで店を開いているんですが、常に勉強に余念がなく、こうして人の手相をプライベートでも見てはチェックしてくるんですよ。

で、今回見てもらうことになったのが「その人間に秘められた才能」

僕にある才能といったらカイワレ大根を水耕栽培で永遠に増やすこと位。

もしくは一切見当たらないというか感じたことがない。

というか、僕にとって才能という言葉は無いに等しいというか

実態はあるけど存在が見当たらない。つまりnull(機械言語で存在しないことを示すコード)みたいな存在。

ようは「才能がない」っていうことを示すのが才能であり、才能があったら才能について考えない。

例えば「才能は必要ない、大半は努力だ」みたいな言葉を言う世界王者みたいな人とか居ますけど、才能もってるやつは大体自分の才能が見えないの。

だからこっちからすると毎回nullのこと説明してるとしか思ってないですからね。そりゃ人生エラーだらけになりますよ。

そんなエラーは人間界の言語上まだ存在し続けているわけで、ともかく才能という言葉のエラーに翻弄される結果「もう才能なんかこの世にない、NULLではなく無、OK」と勝手に無かったことにしていた。

しかし、その占い師が言うには、どうも人間には最高30も才能があるらしい。

しかも人間にはまったく才能がないやつなど居ないし、10個くらいは絶対あるのだとか。

ただ、人間は自らの才能に気が付くことは殆どなく、才能ある人間というのはそれに気が付き、才能を見つけ出せたからだという。

しかし、それはすべて環境によって決定されるので、本人の意思で見つけ出すことは不可能。

そうか!環境が悪いのか!そりゃ当然だ!

と自分の過去を振り返り納得。もう間違いない。イジメられっ子、引きこもり、社会不適合者とくれば、そりゃ才能一つも見つかるはずない

しかし、それでも自分に才能があるなら見つけたい。

そして願わくば、釣りの才能があると祈りたい。

コメント