ロキサーニBF8で今年初フィッシュ&初渓流ベイトフィネス【インプレ】

スポンサーリンク
リール

ロキサーニBF8を使って渓流に初釣行に行ってきました。

苦節4ヵ月。雪の中でこらえてにこらえたこの数か月間は非常に長いものでした。

釣りに行きたくてもいけず、道北の雪に埋もれた我が家の中で、ひたすらに寝ても覚めても渓流のことを考える日々。

けれども渓流にはいけず、先日など入渓ポイントを探しまわったあげく雪にスタックしてしまいました。

そう、僕は渓流に依存しています。

この世の人間の大半が何かに依存いしているとは言いますが、僕にとってこれほどの中毒症状を引き起こす釣りは、あらゆるドラッグをほぼ超えていると言っても良い。

なぜなら、覚せい剤の中毒患者なら治療をはじめ4ヶ月後の継続率は最高でも80%。

しかし釣りはどうだろうか。4ヶ月たったいま、釣り中毒は100%継続しているわけですよ。

僕にとて、すでに釣りは薬を超えた。

しかも冬の間に購入した、いまだ未使用のニュー・ドラック、ロキサーニBF8まである。

使いたい、はやく渓流にいって、こいつを思い切り使いたい。

そんな中毒症状で吐き気をもよおし、腕の静脈にガマカツのシングルフックを刺しラパラの合成麻薬を打ち込んでいることにも耐えきれなくなった僕は、いよいよ渓流に向かうことにしました。

スポンサーリンク

ロキサーニBF8を持って初渓流ベイトフィネス

というわけで到着したのは、近所の渓流。

ちょっと前まではすっかり雪に覆われていたのに、ここ数日で気温が上昇したこともあり、すっかり流れが見えています。

これならやれる、思い切りキメてハイになれるぞ。

と思って腕をまくりあげ、ベルトで腕をしばり静脈をカッチカチにしてスプーンのフックを刺そうとしたのですが、もうこんな事をしなくていい。

思い切り渓流で釣りができる。もうコソコソ釣り針を刺す感覚でハイにならずにすむ。

ついに渓流合法化!

この国は自由だぁあああはぁああ!!

とか叫びながら入渓したんですが、あまりの冷たさに一気に体が寒くなりました。

しかも渓流にきたら、そこら中に足跡がある。

あれ、もう渓流合法化でいらっしゃったジャンキーの方々なのかな?医療用でほしいのかな?

とか思ってたら、ぜんぶ獣の足跡。

なんか色々いますけど、水飲み場を求めてやってきたヤツらでしょうね。水場を求めてるのは僕ら人間だけじゃないってことでしょう。

初の渓流ベイトフィネス

そんなこんなで解放感が溢れすぎ、もはやみどりの葉っぱの話しか書けなくなったあたりで閑話休題。

まずは初挑戦となった渓流ベイトフィネスについてです。

今回僕ははじめて渓流でベイトを使ったんですけど、多少の慣れは必要ながら、確かに面白いと感じました。

もちろん釣りができない禁断症状のせいでわけがわからなくなり、いきなりマグネットブレーキの設定をせず全力キャストをしたせいで、ハードなバットトリップならぬバックラッシュを経験したんですけどね。あれなおすの大変だった・・・

けれどブレーキ設定もすみ、キャストも慣れはじめると、やはりスピニングと違った感覚に痺れました。

まずキャストコントロールが驚くほどしやすい。

使っているのが鱒レンジャーのベイトだっていうのに。

スピニングのようにシュパっと投げないから、コントロールしやすい。しかもキャスト中もしっかりサミングで調整できるから、思ったところにきっちり入れられる。

そして立ち上がりの速さもいい感じ。

スピニングよりも低い弾道で、しかも滞空時間もそれなりに稼げることもあり、着水即リーリングが可能なのは感動でした。

ロキサーニBF8の渓流での使い心地

アブガルシアのエントリーモデル的ベイトフィネスリールであるロキサーニBF8の使い心地ですが、なるほどって感じ。

スプール重量があるわりには5g前後のヘブーシンキングミノーがソコソコ飛びます。

ただし、今回はラインが凍る時期なのでナイロン8lbを巻いていたので、PEの細いのならもっと飛ぶでしょうね。

スプーンのほうが4gのバックスをメインに使っていましたが、飛距離は悪までそこそこって所。

スプールが地獄のように軽い上位機種のベイトフィネス機には負けます。つかえないことはないですけど、このライン径だとキャスト精度重視で飛距離20mがせいぜいです。

サミングのミスさえなければバックラッシュはしにくい

スプーンなどの飛距離が出やすいルアーはロキサーニBF8でもカッ飛びますね。素早くロッドを振って投げるようなやりかたでも、案外バックラしにくかったです。

マグネットブレーキがフル装備なので、それもあるかも。

ただ、これは高級なベイトフィネス機に比べて初速が付きにくい分、初速が付きすぎでのバックラッシュが防がれている説を唱えてみますが実際よくわかりません。

ただ、スプール重量は明らかにベイトフィネス機の中でも重いほうですから、それがバックラを防ぐのに貢献してるかもしれません。

やっぱりPEラインの細いやつが渓流に向いてる

今回はナイロン8lbで釣っていたんですが、やはり飛距離はPEのほうがいいです。

前回練習ではPE0.8のラピノバを使ってましたが、ナイロンの2号と比べたら飛距離ぜんぜん違います。投げれるルアーの軽さも最低値が2g位引き上げられた感じがします。

渓流でのベイトフィネスではナイロンよりもPEライン推奨ってことらしいし、5g以下のルアーを投げるとしたら、やっぱりラインの軽さや細さはとても重要だと痛感。

今後気温があたたかくなったらPEに戻したいです。

コメント