BUX(バックス)のスプーンはタイムリープを引き起こす【レビュー】

スポンサーリンク
スプーン

今回は Angler’z System(アングラーズシステム)からは販売されている名作スプーンであるバックス(BUX)についてのレビューです。

というかこのスプーン、一体何時から販売されているのか。

毎度のごとく中古釣り具店でスプーンを探していた1年前、偶然このスプーンを手に入れたのも今思えばすでに懐かしい思い出。

もはやこのスプーンしか使わない人も結構いますし、信頼度№1としてタックルボックスにストックが沢山ある方も多数いるでしょう。

かく言う僕も貧乏人ながら、中古のバックスを見つけ次第即座に購入。いくら塗装がハゲてようがお構いなし。カラーすらもおかまいなし。バックスが手に入るならそれで良い。

ところが、ある日気が付いたのです。

僕がバックスを買うと、1週間ほどで何らかの理由でロストする。

すると気が付くともう一度同じバックスを買う。

そしてまた数日後にロストするのですが、また同じルアーを買う。

最初はただ似たような日が続いていると思ったのですが、ついに気が付きました。

これはタイム・リープなのだと

スポンサーリンク

バックス・タイムリープに落ちた男

ことの始まりは1年前。

バックスを購入し、そのままタックルボックスに温存していたんです。

たあ、そこまではよかったのです。

このスプーンを使うまで何も起こらずに日々が過ぎていったんです。

ところが、このバックスを使いはじめてから全てが変わったしまった。

いや、変わらなかったんです。何一つ。

朝釣りに行き、そのままロストするとmその日の日中旭川に出向き、中古やでバックスを買う。

すると翌日も釣りに行く。

で、やはりロストし、なぜかまた旭川に行く。

おかしいと思ったのは三週目。

もしかして、自分はタイムリープをしているのではないのか?

そこで様々な脱出方法を試みるもいずれも失敗。

どうしょうがかならず朝釣りに行くし、どうやっても旭川にいくし、何をしようがバックスのルアーを買うしかなくなっている。

バックスのスプーンを朝投げ捨てようが、必ず夕方に自分の手元にある。なにもせずともバックスのスプーンは消えてなくなるが、何をしようが必ず帰ってくる。一度など自殺を試みたものの、そのまま救急搬送され旭川の大学病院に運び込まれ、なぜかテロリストが病院を占拠され、警察の突入とともに外に逃げ出しこれでリープから抜け出せたかと思いきや、夜12時寸前でポケットにテロリストが入れたと思われるバックスに気が付き絶望したのです。

これがバックスタイムリープなのか?

バックスってそういう意味なのか?いいや違う。違う、けれどなんだこの記憶は。まるで幾度も同じことを繰り返しているような・・・そうか、そうかみんな!タックルボックスの中のバックスは永遠になくならないんだ。いやちがう!違うのか!?

つまりこういうことだ。

無くしたと思ったとたんに過去に戻り、中古屋でバックスを買ったあの時にもどる。つまりバックスがロストしたその瞬間に限界時間に到達するということ。この世界線に捕らわれたまま永遠と、僕はこの世界から抜け出せないんだ!くっそ!ということはバックスを永遠と買えるということなのか?

しかしなぜだ、なぜ財布の金は消える?

なぜルアー貯金の小銭が毎回減ってしまう?

くそぉおお!違う!これはタイムリープだ!バタフライエフェクトだ!シュタインズゲートの選択だ!エンドレスサマーだ!

というかふざけるな、初代タイムマシーンから何年たってると思ってんだ。

永遠と愛する何かを失い続けるシュチュエーションを見させられていると思ってるんだ!

むしろそこがタイムリープじゃないか!

だったらこのルアー小銭もリープすべきなのに一切リープしないっておかしいだろう?減るな!

まてよ、この小銭こそが平行世界の唯一干渉を受けない世界線なのか?

コメント