渓流ベイトフィネスに寝取られそうな男の話

スポンサーリンク
タックル考察

今回は渓流ベイトフィネスが必要なのか?それとも不必要なのか?この問題について大真面目に考えていこうと思います。

2019年、ついに安価なコスパリールながら、ロキサーニBF8を購入し、いよいよ渓流ベイトフィネスをはじめたαトラウトです。フィネス!

いやマジメです。ほんとうに。

にしてもフィネス!って叫びたくなるのは何故か?叫ぶメリットはあるのか?それとも無いのか?

いや、そのあたりはどうでもいいし、僕の持病に関する話は担当の医師とすることにしますが、こと渓流ベイトフィネスに関しては色々と考えるところがあります。

スポンサーリンク

ベイトフィネス機はいまだに値段が高い

まず第一に、ベイトフィネス機というのは値段が高い。

これが極貧の僕がベイトフィネス機に手を出さなかった理由ですし、そもそもあんな高いリールコスパのコの字も入らないんですよ。

もうこの辺りは仕方がない

なんせ使うパーツがあまりに高すぎる、特にスプールとか。

ただ、最近アブガルシアがコストパフォーマンスの良いベイトフィネスリールを出してきていますし、年落ち型落ちで安く購入できるベイトフィネスリールも増えてきたので、そちらを選ぶという方法がある。

とくにアブガルシアのベイトフィネス機は値段の下がりが異様に速いし、そもそも他社に比べると安めのフィネス機が出ている印象。つまり、コスパのコスの字ぐらいは見えるんですよ。

僕も正直ロキサーニBF8みたいな1万円ちょっとで買えるレベルのリールがなかったら買ってませんでしたね。3g程度が限界ってところで、渓流で使うには結構コツが要るタイプ。

それに、ベイトフィネス機と考えるとまぁ普通らしい。

ただし、この普通のベイトフィネス機が、1年位前までハイエンドモデルの値段でしか買えなかったってことを考えると凄い。

このロキサーニBF8のような安価ながら軽いルアーを投げれるベイト出てきそうなんで、そのあたりに期待ですね。

そもそものベイトフィネスの用途とは

そもそもベイトフィネス機は渓流用に作られたものではない。

唯一あるのはアルファスのストリームカスタムなどの一部のハイエンド機のみであり、その他のベイトフィネス機は基本的に渓流用ではありません。

それじゃぁベイトフィネス機の本来の用途とは?

ってあたりが、僕のように渓流でベイトフィネスを使いはじめた人間が疑問に思うところです。

で、基本はブラックバスでトーナメンターがボートで軽いルアーをカバーに打ちまくる時に、ベイトリールに軽いスプールを付けて使っていたのがはじまりだとか。

そこからベイトフィネス専用機が登場し、より軽いルアーを扱えタイプが登場し、さらにリールカスタムメーカーが、ベイトフィネス機につかうさらなるベイトフィネスパーツを売り出したり、もはやカスタムパーツといえばフィネス化的な状態にあります。

太いラインでピッチングやフリップで効率よくカバーを打つのに適している

ベイトフィネス機の本来の目的は、多少太いラインを使い、ピッチングやフリップで効率よくカバーを打つのが目的でした。

というわけで、ラインは基本的にフロロで8lb以上。

ボートに乗った状態でワーム類をポンポン打ちつつ流していく釣りに適しているわけです。

これがまぁ重要な部分というか、そもそもスピニングとの大きな違いですよね。

ボートで流しながらカバーを効率よく打つ釣り方は、スピニングよりベイトのほうが遥かにやりやすいし、それもフリップやピッチングとなれば断然ベイトが圧倒的に有利。

これが丘っぱりになると利点がまるで変るんでしょうが、ことボートで流してカバー打ちとなれば、そりゃベイトフィネスのほうが有利ですね。スピニングだとモタモタしてるとポイント流れますしね。

それとベイトのほうがカバーから魚を抜きやすいという意見も聞きました。

うん、確かにベイトのほうが巻き上げやすいしね。

コメント