バス釣り界からの最大の刺客?ジョイクロ70襲来の噂は本当なのか

スポンサードリンク
ミノー

2018年の終わり、フィッシングショーの動画を見ていたら衝撃のシーンを見つけてしまいました。

それはジョインテッドクローでビックベイトブームを築いたガンクラフトのブース。

吉田撃と平岩代表が軽快なやりとりをしている姿はなんとも微笑ましいのですが、トラウトアングラーからすとまったく無縁の絵柄。

しかし、そこで撃ちゃんがブースに置いてある謎のルアーを手にしました。

「何これカワイイー!!」

と撃ちゃんがはしゃぎはじめたのが、わずか70mmの超小型ジョイクロ。

通常「ジョイクロ70」

これがガンクラフトが生み出す初の渓流ルアー。

まさにブラックバス界からの最大の刺客といっても良いアイテムでしょう

スポンサードリンク

ジョインテッド・クローが渓流にやってくる?

ガンクラフト平岩孝典、吉田撃、大仲正樹の2019年新作アイテム解説

2019年。ルアマガリバーやフィッシングショーで公開された渓流用ジョインテッドクローの存在を僕はずっと気になり続けていました。

なにせ渓流用のS字系なんて初めて見ましたし、それがあのジョイクロだと思うと驚くしかない。

というのも、北海道はS字系ビックベイトを使う釣りは確かにあるんですが、それは淡水のトラウトの超大型種であるイトウ族のみ。

しかし、イトウがいるのは北海道でも北端部分に集中しており、北海道全域にいるニジマスやヤマメ、イワナに使うようなアイテムでは無かったんです。

ただし、ぶっちゃけるとS字系を使いたかったトラウトアングラーは山ほどいるんですよ。

僕もそうですが、まず北海道のようにバスもシーバスもいない場所で釣りをしていると、ブラックバス界隈で持て囃されているルアーが気になって仕方がない。

僕なんかバスやってたから、まださほどだけど、北海道で生まれ育って北海道から一度も出たことないキッズ系アングラーなんか、界隈で大流行りしているルアーに興味がわきまくりですよ。

しかし使う場所がないし、使える相手も限られている。

トラウトは体長の10分の1前後の餌を好む生き物であり、バスのように体長の半分以上もある魚を捕食しようとする生き物じゃない。

だからこそ、ビックベイトをぶん投げる豪快な釣りは渓流でも湖でも成立しにくいのがトラウトの世界。

ところが、ここに来てまさか70㎜のジョイクロが開発され、しかも実際に渓流でテストを重ねた結果、プロトの制作がすでに終了し、製品化にこぎつけているとのこと。

というわけで、まだ発売はされていなものの、今後渓流ルアー界を大荒れに巻き込みそうなジョイクロ70の事前情報についてまとめておこうと思います。

ついに明かされたジョイクロ70

トラウトも狙えるS字系「ジョインテッドクロー70」解説【ガンズTV】



ガンズTVで明かされたジョイクロ70

わずか70mmとはあるものの、渓流ルアーとしてグランデサイズ。

しかしながら、一般的にはビックベイトなんて絶対呼べないルアーなので、S字系の小型ジョイントベイトとでも言うべきなのか?

ともかく、ガンズの代表である平岩氏曰く

「渓流でジョイクロを使ったらどうなるのか?」

「非常に使いやすかった」

と仰ってるわけなんですけど

 

いやマジかよ嘘だろ?と思ったのは僕だけではないはず。

 

いくら小さくたって、こいつはジョイクロ。

リップのないS字系なんて、渓流でまともに泳ぐのかすさまじく不安。

しかし「渓流でジョイクロ」的なインパクトがとにかくすごいというか

ちょうど釣りを再開した時にはじまったジョイクロムーブメントをずっと見てきた僕からすると、こいつがついに渓流にやってくることが良くも悪くも興奮する出来事です。

フローティングとシンキングが登場する?

平岩氏が語るところによれば、このジョイクロ70はフローティング、シンキングの2タイプが準備されるとのこと。

すでに完成しているジョイクロ70を見ると、フローティングモデルとシンキングモデルがあるので、量産までいける状態なのかもしれません。

フローティングモデルはフロントに横アイが装着されている、通常のジョイクロと同じタイプ。

シンキングモデルはアゴしたにウェイトがあり、縦アイになっているタイプ。

なるほど、これで渓魚を釣るのか。

と思ったは良いんですが、そもそも気になることがありすぎます。

正直70mmは渓魚にとってビックベイト

当初、ジョイクロ70は当所60㎜での開発をすすめていたらしい。

けれど、フィッシングショーに出てきた時に1mmアップして70㎜に変更されていたようなんです。

それでもオリジナルのジョイクロを1mm以上サイズダウンしてるんで、もはや別物。

というかね?

このサイズ、ビックベイトとして考えると超小型だけど

渓流で使うぶんにはビックベイトなのは間違いない

まずヤマメ、イワナにしても70㎜のミノーに食ってくるやつなんてそうそういない。

エゾイワナがアメマスになって食ってくるなら良いんですけど、普通のイワナやヤマメ、アマゴあたりが70mmのルアーに反応した場合、間違いなく尺オーバー。

つまり、渓魚におけるビックワン狙いのためのS字系になると思って良いでしょう。

しかもボディの厚みや高さもけっこうあるんで、マジで尺超え狙いなルアーになりそうなよかん。

ちなみにニジマスやアメマス相手にする場合でも、70㎜のルアーに食ってくるやつは結構良型が多いんで期待はできます。

アップクロスの釣りでS字系が動くのか?

あと気になって仕方がないのが、S字系のビックベイトが渓流でどう動くのかってところですよ。

まず、トラウト相手にS字系を使うのは止水か汽水域っていうのが定番。

ここは水の流れが大してないし、S字系を動かしてもまともに動くはず。

ただね、このジョイクロ70は「渓流用」って銘打たれてるアイテムなんですよ。

ということは、当然釣りあがりのアップクロスで使えなきゃ意味がない。

ここがまぁ不安というか、期待というか、まったく未知の領域の釣りになるんで想像しにくい。

ドリフトやダウンクロスでならまともに動くのは想像に難くないけど、潜航深度は殆ど期待できない。

なら当然アップの釣りで使うのが定石なはず。

けど、上流に投げたあと、どんな動きで下ってくるのか……

おそらく通常のジョイクロと同じようにヒラを打ってのテーブルターンを武器にしているはず。

あと、シンキング版は頭を底につけてユラユラさせ、一気にピューっと逃げるあの動きを使えると思う。

となると、これ結構イケる感じなのか?

ていうか、シンキング版はボトムの釣りでかなり強いのか?

そう思うと実際に使ってみたくなりますね、気になる。

フック位置が凄く気になってる

あと気になるのは、やっぱりフックの位置ですね。

シングルフックを装着することの多い渓流ルアーマンは北海道にはとても多いし、僕もその一人。

そういう人間からすると、ジョイクロのテールのフック位置がまぁ掛かりずらそうな気がしてならないし、スレも多そう。

このあたりも実際に使ってみないとわからないんですが、テール交換してフック付けれる感じにならないでしょうか。それなら安心なんですけどね。

渓流に吉田撃が来るのか問題

そして最後の問題はこれ。

自然豊かで静かな渓流の中に

あの吉田撃がやってきてしまうのか問題について

吉田撃こと通称撃ゾウ、もしくは撃ちゃんは皆さまご存知の通り。

ガンクラフトの看板アングラーとして活躍し、あの人気番組「ランガンパニック」で一躍有名となったテンションブチアゲ系アングラーですよ。

バスを釣った瞬間に叫ぶ謎の撃ゾウワードにより、一時期「ボムスキル!」は釣りをする人間の共通言語にまで発展した恐るべき人間。

ヒップホップ好きということで僕も撃ちゃん好きだし、すごい面白い。

でも兄貴のほうは嫌いね、マジであいつのウザさのベクトルは生理的に無理。

まぁね

お兄ちゃんは嫌いだけど、撃ちゃんはそんな嫌いじゃないし、むしろ好きなキャラ。

しかし、釣り界隈では非常に賛否両論なキャラであるのも間違いない。

そんな彼が渓流にやってくると想像すると、もはや交通事故レベルの惨事になる可能性が高いのです。

 

なぜなら、渓流とは静けさこそが似合う場所。

人里離れ、現世とは遠い山の中、清流の音や鳥の鳴き声を聞きつつ、自然に溶け込みながら釣りを味わい場所。

そんな場所に、いざカメラが回ると 120 デシベル でしゃべりつづけ、凄まじく寒いギャグすら平然とこなしていくお笑いキャラが来たとしたら?

飛行機のジェット音と同程度であり、聴覚障害すら引き起こしかねないハイテンション男が閑静な渓流にやってきたとしたら?

さらに意味不明な言語を駆使して渓流を釣りをしたら一体どうなるのか?

 

「いやーシャリ(汗)がとまらないねこの時期の渓流は!」

「あれ尺超えだわ!ああ! らーてぃん !(すいません)」

「チャイチール?これはチャイチール?(ヤマメ)」

「いいの?これはOK?OK!ボムスキル!(尺イワナ)」

 

みたいなことやってるのを想像すると、あまりにキツい。

もう水に油っていうか、パフェのチャンコっていうか

つまるところ、吉田撃と渓流。

食い合わせが悪すぎて即入院で危篤レベルですよ。

デカバスハンター達が渓流に来る時点で、もう意見の相違が半端なさそうだし、それが撃ちゃんになると尚の事合わない。

むしろ平岩さんのほうがマシだけど、あの格好でくんの?渓流?

いや、平岩さんがクロムハーツ&黒ずくめ以外の恰好でくるほうが変だし

シムスのベストとか着てる姿、逆に見たいような見たくないような。

むしろそれは面白いような。

まぁとにかく、撃ちゃんが渓流で騒ぐのはマジで簡便なんですけど、ジョイクロ70はまぁ気になるアイテム。

もし発売したら速攻で買って使ってみようとは思いますが、こいつは賛否両論の渓流ルアーになりそうで、今からウキウキします。

コメント

  1. ななしだよ より:

    平岩氏は昔は渓流マンでトラウト用のハンドメイドミノーを作って売ってたので数十年ぶりに本職に戻ったと言ってもいいでしょう

    • αトラウト より:

      本当ですか!じゃぁ平岩氏がなんか一周回って帰ってくる感じですね。
      ぜひ渓流装備の平岩氏を見てみたいです。