渓流にジョインテッドクローだと?バス界からの刺客!ジョイクロ70襲来の噂は本当なのか

スポンサーリンク
未分類

2018年の終わり、フィッシングショーの動画を見ていたら衝撃のシーンを見つけてしまいました。

それはジョインテッドクローでビックベイトブームを築いたガンクラフトのブース。

吉田撃と平岩代表が軽快なやりとりをしている姿はなんとも微笑ましいのですが、トラウトアングラーからすとまったく無縁の絵柄。

しかし、そこで撃ちゃんがブースに置いてある謎のルアーを手にしました。

「何これカワイイー!!」

と撃ちゃんがはしゃぎはじめたのが、わずか70mmの超小型ジョイクロ。

通常「ジョイクロ70」

これがガンクラフトが生み出す初の渓流ルアー。

まさにブラックバス界からの最大の刺客といっても良いアイテムでしょう

スポンサーリンク

ジョインテッド・クローが渓流にやってくる?

2019年。ルアマガリバーやフィッシングショーで公開された渓流用ジョインテッドクローの存在を僕はずっと気になり続けていました。

なにせ渓流用のS字系なんて初めて見ましたし、それがあのジョイクロだと思うと驚くしかない。

というのも、北海道はS字系ビックベイトを使う釣りは確かにあるんですが、それは淡水のトラウトの超大型種であるイトウ族のみ。

しかし、イトウがいるのは北海道でも北端部分に集中しており、北海道全域にいるニジマスやヤマメ、イワナに使うようなアイテムでは無かったんです。

ただし、ぶっちゃけるとS字系を使いたかったトラウトアングラーは山ほどいるんですよ。

僕もそうですが、まず北海道のようにバスもシーバスもいない場所で釣りをしていると、ブラックバス界隈で持て囃されているルアーが気になって仕方がない。

僕なんかバスやってたから、まださほどだけど、北海道で生まれ育って北海道から一度も出たことないキッズ系アングラーなんか、界隈で大流行りしているルアーに興味がわきまくりですよ。

しかし使う場所がないし、使える相手も限られている。

トラウトは体長の10分の1前後の餌を好む生き物であり、バスのように体長の半分以上もある魚を捕食しようとする生き物じゃない。

だからこそ、ビックベイトをぶん投げる豪快な釣りは渓流でも湖でも成立しにくいのがトラウトの世界。

ところが、ここに来てまさか70㎜のジョイクロが開発され、しかも実際に渓流でテストを重ねた結果、プロトの制作がすでに終了し、製品化にこぎつけているとのこと。

というわけで、まだ発売はされていなものの、今後渓流ルアー界を大荒れに巻き込みそうなジョイクロ70の事前情報についてまとめておこうと思います。

ついに明かされたジョイクロ70




ガンズTVで明かされたジョイクロ70

わずか70mmとはあるものの、渓流ルアーとしてグランデサイズ。

しかしながら、一般的にはビックベイトなんて絶対呼べないルアーなので、S字系の小型ジョイントベイトとでも言うべきなのか?

ともかく、ガンズの代表である平岩氏曰く

「渓流でジョイクロを使ったらどうなるのか?」

「非常に使いやすかった」

と仰ってるわけなんですけど

 

いやマジかよ嘘だろ?と思ったのは僕だけではないはず。

コメント

  1. ななしだよ より:

    平岩氏は昔は渓流マンでトラウト用のハンドメイドミノーを作って売ってたので数十年ぶりに本職に戻ったと言ってもいいでしょう

    • αトラウト より:

      本当ですか!じゃぁ平岩氏がなんか一周回って帰ってくる感じですね。
      ぜひ渓流装備の平岩氏を見てみたいです。