渓流にジョインテッドクローだと?バス界からの刺客!ジョイクロ70襲来の噂は本当なのか

スポンサーリンク
未分類

フローティングとシンキングが登場する?

平岩氏が語るところによれば、このジョイクロ70はフローティング、シンキングの2タイプが準備されるとのこと。

すでに完成しているジョイクロ70を見ると、フローティングモデルとシンキングモデルがあるので、量産までいける状態なのかもしれません。

フローティングモデルはフロントに横アイが装着されている、通常のジョイクロと同じタイプ。

シンキングモデルはアゴしたにウェイトがあり、縦アイになっているタイプ。

なるほど、これで渓魚を釣るのか。

と思ったは良いんですが、そもそも気になることがありすぎます。

スポンサーリンク

正直70mmは渓魚にとってビックベイト

当初、ジョイクロ70は当所60㎜での開発をすすめていたらしい。

けれど、フィッシングショーに出てきた時に1mmアップして70㎜に変更されていたようなんです。

それでもオリジナルのジョイクロを1mm以上サイズダウンしてるんで、もはや別物。

というかね?

このサイズ、ビックベイトとして考えると超小型だけど

渓流で使うぶんにはビックベイトなのは間違いない

まずヤマメ、イワナにしても70㎜のミノーに食ってくるやつなんてそうそういない。

エゾイワナがアメマスになって食ってくるなら良いんですけど、普通のイワナやヤマメ、アマゴあたりが70mmのルアーに反応した場合、間違いなく尺オーバー。

つまり、渓魚におけるビックワン狙いのためのS字系になると思って良いでしょう。

しかもボディの厚みや高さもけっこうあるんで、マジで尺超え狙いなルアーになりそうなよかん。

ちなみにニジマスやアメマス相手にする場合でも、70㎜のルアーに食ってくるやつは結構良型が多いんで期待はできます。

アップクロスの釣りでS字系が動くのか?

あと気になって仕方がないのが、S字系のビックベイトが渓流でどう動くのかってところですよ。

まず、トラウト相手にS字系を使うのは止水か汽水域っていうのが定番。

ここは水の流れが大してないし、S字系を動かしてもまともに動くはず。

ただね、このジョイクロ70は「渓流用」って銘打たれてるアイテムなんですよ。

ということは、当然釣りあがりのアップクロスで使えなきゃ意味がない。

ここがまぁ不安というか、期待というか、まったく未知の領域の釣りになるんで想像しにくい。

ドリフトやダウンクロスでならまともに動くのは想像に難くないけど、潜航深度は殆ど期待できない。

なら当然アップの釣りで使うのが定石なはず。

けど、上流に投げたあと、どんな動きで下ってくるのか……

おそらく通常のジョイクロと同じようにヒラを打ってのテーブルターンを武器にしているはず。

あと、シンキング版は頭を底につけてユラユラさせ、一気にピューっと逃げるあの動きを使えると思う。

となると、これ結構イケる感じなのか?

ていうか、シンキング版はボトムの釣りでかなり強いのか?

そう思うと実際に使ってみたくなりますね、気になる。

フック位置が凄く気になってる

あと気になるのは、やっぱりフックの位置ですね。

シングルフックを装着することの多い渓流ルアーマンは北海道にはとても多いし、僕もその一人。

そういう人間からすると、ジョイクロのテールのフック位置がまぁ掛かりずらそうな気がしてならないし、スレも多そう。

このあたりも実際に使ってみないとわからないんですが、テール交換してフック付けれる感じにならないでしょうか。それなら安心なんですけどね。

ジョイクロ70のアクションは?

※ 2019年8月4日

YouTubeを見ていたらジョイクロ70発売前にSARU氏がプロモーションのためにガンクラフトからもらったであろうアクションの動画があったのでまとめておきます。

これを見る限り、予想通りのS字アクションという感じで、小さいながらもしっかりスラロームしてますね。

ただね

ジョイクロ70は渓流用じゃなくて、バスにも使うの?

いやもちろん使えるし、この後UPされた動画でバス釣ってましたけどね。

コメント

  1. ななしだよ より:

    平岩氏は昔は渓流マンでトラウト用のハンドメイドミノーを作って売ってたので数十年ぶりに本職に戻ったと言ってもいいでしょう

    • αトラウト より:

      本当ですか!じゃぁ平岩氏がなんか一周回って帰ってくる感じですね。
      ぜひ渓流装備の平岩氏を見てみたいです。