クロスフィールドを使い渓流と湖でベイトフィネスをしてきた【実釣インプレ編】

スポンサーリンク
ロッド

先日、専用タックルにまみれ荒廃した釣り業界を救うべく現れた全魚種対応ロッド、クロスフィールドを購入した僕ですが、今回は実釣インプレになります。

専用タックルはあるに越したことはないし、もちろんそのためのロッドは幾らでも存在する。

けど、様々なエリアや魚に合わせてロッドを揃えていると、あっという間にお金が消えてしまうのは、釣りをする誰もが体感する悩み。

そこで僕が目を付けたのが、アブガルシアから販売されているクロスフィールドです。

全魚種、全エリア対応ということで、いかなる場所でも使える超汎用型に仕上げられたロッド。

しかも値段が恐ろしく安く、僕の662MLBFはバスワンやトラパラ並みの7000円前後で購入できてしまうのです。

これほどコスパの良いロッドはクロスフィールドを置いて他にあったろうか?──

ただし、ネットで色々と調べてみたのですが、幾ら全魚種対応とはいえ、なかなか渓流や湖での使用インプレが見つからない。むしろクロスフィールドは海で使う方が多いイメージですね。

じゃぁ僕が本流トラウトで使ってやろうじゃないか

なんて使命感にかられたわけではありませんが、バッチバチのネイティブストリームや湖で使っていこうと思います。

スポンサーリンク

まずは近くの本流でクロスフィールドをテストしてきた

というわけで、まずは近くの本流にでかけていきました。

しかしこの日は気温があまりに高い。

5月なのに30度を超えて少し涼しくなったと思たら、それでも日中は27度まで上昇。

一体北海道に何があったのか?環境破壊がそこまで進んでいるのか?

ここまでくるとリアルに世界が終わることを予感した僕

釣り業界の荒廃が救えるなら、リアルな環境破壊も救える気がしましたが、ただ暑さで脳みそが沸騰しているだけでした。死ぬ。もう無理。

なんせ5月の割にやけに成長した草木に覆われた本流めざし、蚊に襲われながら藪漕ぎをしていたんですから。

暑い、ひどい、なんだこれ、眩暈がする。

もうジャングルに迷い込んでしまった僕は、この先に人類最後の集落がある気すらしていたんですが、見つけたのはオアシスのような本流でした。

この暑さの中だと、水の音を聞くだけでも涼しいし、ウェーダー越しの冷たさが本当に気持ちい。

というか、この感じは完全に夏なのに、まだ5月って・・・

僕の頭以上に地球はどうにかなってしまってます。

クロスフィールド662MLに合わせたタックル

今回クロスフィールドに合わせたのはベイトフィネスの下巻きにPE、リーダーにナイロンで、スナップを使う本流での基本的なタックルです。

あとは湖での使用もかねているので、バーブレスでも取りやすいのも意識してます。

一応狙いはニジマスで、サイズは40up以上。

本流にいるモンスターまで取れるような強めのベイトフィネスです。

リール:ロキサーニBF8

ライン:ラパラ/PE1号(50m)

リーダー:ファイター/12lb(4m)

スナップ:オーナー/クロススナップ 1 番

まずはトップウォーターを投げてみる

ということでまず何を投げるのかって

そんなもんトップウォーターに決まってるじゃないですか。

そもそも、このクロスフィールド。

本流トップウォーターのために買ったと言っても過言ではないアイテム。

手持ちのロキサーニBF8と組み合わせ、軽量のトッププラグをスコンスコンと投げまくるという計画があったのです。

というわけで一番バッターは、昔からのお友達であるヘドンのタイニートーピード。

こいつはトラウト用にカスタマイズしてあり、テールフックを一本にしてます。

で、本来スピニングで投げるこいつを投げてやると、これがまたスコーーンと飛んでいく。

うーん気持ちいい。

さらにアクションを加えてみても、やっぱり操作はしやすい。

クロスフィールド自体先調子で少し張りのある典型的なカーボンロッドなんで、軽いトップを扱うのは全然楽。5gのメガバス・POPXジュニアも試しましたが、これまたスコーンと飛ぶし、アクションもかけやすいですね。

で、またトーピードに戻してドッグウォークやらドリフトでのペラ回しを試し続ける。

いいぞ、いいぞトーピード。

春蝉も細々と鳴き始めているし、ちょっと早めの蝉パターンも通用するんじゃないか?

と思い投げ続けるが、ものの見事に反応なし。

ええそうですよ

真昼間の本流トップウォーターなんてこんなもの。

コメント