クロスフィールドを使い渓流と湖でベイトフィネスをしてきた【実釣インプレ編】

スポンサーリンク
ロッド

ただ、なんか見ているとペアで行動しているみたいで、砂地の砂利をいったりきたり。

しかも、なぜか同じ場所でサークルしている。

ということは、これは産卵活動?

イトウは川の上流域で産卵活動をすると聞いてましたが、湖では浅瀬の砂地でも産卵活動をするのかも。まぁイトウに詳しくないのでわかりませんし、ネストがあるのかも不明。ただ同じところをグルグル動きまわってる。バターにでもなる気でしょうか。

ただ、目の前に魚がいると、どうしても釣ってみたくなるのがアングラーの性根。

恐る恐るチヌークS10gを投げて巻いてみました。

クロスフィードのMLは、これくらいのルアーが一番投げやすいし、アクションもかけやすい気がしますね。もちろん胴調子じゃないんで、スプーニング専用ってわけじゃないですけど、竿先があばれにくいんで案外調子がいい。

とか感想をまとめつつ、手前までやってき、ついにイトウの目の前へやってくる

くる、食うぞ!ついに目の前でイトウが

全力で逃げるんだな、コレが。

そりゃそうでしょうよ。

こんな近くにいるんだから、絶対一回釣られてますよこいつら。

そのせいか、ルアーを見ただけでピューっと反転する始末。

これ絶対つれません。無理ゲーすぎ。

しかも人間の姿はもう見飽きたのか、目の前をすいすい移動していきます。なんですかこれ。完全に養殖イトウです。

トップを投げてみたら…

んじゃぁ、別にこれ使っても大丈夫だよな。

と、毎度のごとくテストのため、タイニートービードにバーブレスフックを付け沖に向かってキャスト。

着水した瞬間からシェイクを繰り返し、蝉っぽく動かしてみます。

止水でのライトトップウォーターゲームでも、やっぱりこいつは良いロッド。

で、そのまま手前までやってきたら

なんかイトウが後を追っかけてきた

まって、ちょっとまって

イトウさん!あんた正気か!

スプーン見て逃げてたじゃないか!

なんでトップにだけ反応してんのあんた!

しかもそれ蝉ルアーじゃないよ!

ペラだよ!大丈夫?

これトーピードだよ!

と色々と注意を促していたら、一瞬のった!カリギュラ効果きた!

しかし、まったく浅かったのか、一発フックアウトでしたよ。

惜しい、いや、惜しくない。

たぶんトップを使うやつが殆どいなくて、なんだこれとは思ってたんだろう。

もしガップリ食ったとしても、このタックルならドラグ使えばギリギリとれるだろうけど怖すぎる。

あとトーピードぶっ壊れちゃわないだろうか。すごいお気に入りなんだけど。

まぁ機会があれば、湖での色物トップゲームでイトウに限らず一本釣ってみたいと思ってます。

スポンサーリンク

クロスフィールド662MLを使ってみた感想

さて、トップウォーター以外にも、ミノー、スプーンと使ってみました。

釣れたのは、本流にいるニジマスで、ずばり662MLBFで狙ってるサイズも上げれましたね。

惜しくもイトウさんは掛けれませんでしたが、正直このロッドであげれるギリギリサイズだったので、ちょっと安心もしましたよね。

というわけでインプレの感想をここにまとめてみたいと思います。

ラインシステム次第ではまったく弾かないのでライトゲームが楽しい

まずこのロッド、最初はトラウトで使うには少し固めかなと思ってたんですが、案外使うとそうでもないですね。

もともとバーブレスで魚を掛けても逃さないため、ナイロンリーダーを4mも巻いてたのもあり、まったく普通に30㎝位のニジマスが釣れました。

もっとバレやすいかと思ってましたが、結構いいですね。

これなら尺ヤマメもつれたり、イワナもつれたり、本流での釣りが快適になりそうです。

PEラインは案外絡まない

トップガイドのみSICを使っているクロスフィールドですが、そのぶんPEラインの糸がらみが気になってました。

しかし、これが案外絡みもせず、まったく普通に使えます。

リーダーが長いのでそれも原因かもしれませんが、ラピノヴァXは結構糸が絡みやすいラインなので、それでも快適に使えたのは驚きです。

コメント