ラパラCD5アバシはカッチカチ!大物にも使えるスーパーヘビーなシンキングミノー

スポンサーリンク
ミノー

今回はRapalaのカウントダウンアバシの二つのモデルのうち、渓流で使うことの多いCDA5についてご紹介します。

rapalaのルアーの中でもCD5はかなり好きなルアーなのですが、さらに使いやすいと思わせてくれたのが、このCDA5です。

最近rapalaが押しているアバシウッドを使たカウントダウンシリーズですが、こいつがなかなか。

先日も良いサイズのニジマスが釣れたりして、一気にお気に入りのルアーになりました。

しかし、なんかバルサ材を使うことで有名なrapalaだけに、アバシウッドってどうなの?的な部分も含めこのルアーについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

とにかくカッチカチのアバシウッド版CD5?

こちらが僕が使っているrapalaのCDA5です。

一見してごく普通のCD5に見えますし、写真で見てもその違いはわからない。

しかし、こいつは実際に購入し、パッケージから取り出した時点で誰もが違いに気が付きます。

なぜなら

こいつはとにかくカッチカチなんです。

もうすごい。すんごい硬い。

僕らの手には触っただけで物の硬さを図るセンサーのようなものが付いていると昔ディスカバリーチャンネルで見ましたが、こいつに触れただけで硬さを一瞬で計測。

で、明らかにバルサ材とその硬さが違うと判断し、脳に

「こいつヤバイ、なんかすごいカッチカチやぞ」

と信号を送るのです。

硬いものは、基本的に我々にとって危険なもの。

だからこそ僕らの手は敏感に硬さを察知するのですが、その「カッチカチ」シグナルが信じられないビックウェーブとなり脳髄に緊急警報をならします。

やばい、とんでもないカッチカチのルアーがある。

危険だ、こいつはとんでもない変態だ。

と、もう脳内が大パニックです。

そもそもCD5のバルサは、確かに表面は堅いものの、なにか柔らかさのある握り心地。

あと、ルアーが対して冷たくないんですよ。やっぱり木材って空気を含んでるから、外気に影響を受けにくいから。

でも、このアバシは握っただけで硬いとわかります。うん、カッチカチだ。

アバシウッドってどんな木材?

2015年にrapalaが発売したアバシ材のカウントダウン。

最初に登場したのが7㎝と9㎝。

翌年5cmのモデルが登場して一躍名前が知れ渡るようになりました。

けどね

そもそもアバシウッドってなんだよって話です。

バルサ材はルアーの材料として有名なんですが、アバシなんて聞いたことないです。

で、調べてみたらこの木材、ドイツ語読みでアバシ( ABACHI )となっているものの、本来の呼び名は「オベチェ」というのが正解のようです。

オベチェ材とは、アフリカを原産地とする木材であり、別名「アフリカンホワイトウッド

ただsi,日本では「アユース材」という名前のほうが一般的です。

ナイジェリアやガーナなどのアフリカ南部に多く育つ木であり、アフリカでは輸出のために昔から多く育てられていたようです。

ギリシア語ではscleroxylon(硬い木)と呼ばれているので、やはり硬いのか。

と思いきや、木材の中では実は大して硬くないんです。

コメント