ヤマメ解禁!自作トップを渓流で試したらリュウキ38sに救われる

スポンサーリンク
北海道釣行記

というわけで始まりました、ヤマメ解禁。

この日を2か月間待ちわびたのは、きっと僕だけではないでしょう。

しかしです。

あれです、あまりに長かった。

なんせこの2ヶ月、ヤマメを釣らないために両手足をベットに縛り付けたままだったαトラウトです。ダルク!

そう、薬物ですよ、僕によってのヤマメっていうのは。

そのヤマメを断つと激しい禁断症状を起こすため、僕はこの2ヶ月もの間、自分のベットに縛り付けられたままだったのです。

最初のうちは激しい寒気と頭痛、さらには幻覚に襲われ

「ヤ!ヤマメを釣らせてくれ!たのむ!少しでいいんだ!」

と喚いていたのですが、妻と医者は涙を流してそれに耐えつつスマブラをしていましたね。しかも僕の見ている前で。

本当につらかった。目の前でスマブラされんのは。

だってこっち手足縛られてんだよ?なのにスマブラはないだろ。

しかもすごい下手なんだよ医者、嫁のファルコンでボコボコにされてるんだよ。もう見てられません。

かわれって、なんで頑なにネスなんだよ向いてねぇよ変われってゼルダ使えって。

と喚いているうちに、ひたすらネスの使い方が下手な医師が妻のファルコンにボコボコにされているあいだ、ヤマメのことを僅かに忘れ、ついに2ヶ月が経過しました。

そう、これは医師の作戦だったのです。

あえて使いにくいネスのPKサンダーを空振りさせまくり僕をイラつかせることで、僕のヤマメ断ちを成功させたのです。

そうして、ついにヤマメを2ヶ月我慢した6月の1日、ついにヤマメ釣りにいくことができたのですが、そのまえに1晩寝ずにネスのPKサンダーをファルコンに当てまくりました。

スポンサーリンク

ついに解禁したヤマメ釣り

というわけで6月1日の朝、近所の渓流へと行ってきました。

いやー、しかし待ちに待ってましたよ。

皆様ご存知の通り、このブログといえばヤマメですからね。ヤマメなくして僕はいないし、ヤマメ釣ってなんぼですからね、本当にもうヤマメさまさまです。

そんなヤマメさまに合わせて、地味にやっていたことが一つ。

それは、ヤマメを釣るためのトップ用プラグを自作しようってこと

まぁ冬の間に暇を見てはコソコソと作ってきたのですが、まずはそいつで釣っていこうと思います。

ヤマメのために小型ペンシル「ヒロポン」を作った

こちらがヤマメ用に作ったトップウォータープラグ。

その名も「ヒロポン試験号」です。

もちろんはだしのゲンとか、覚〇〇剤とかを作っていたわけではありません。

これはあくまでヤマメ用の小型ペンシルベイト。

忙しい仕事の合間をぬい、バルサ材を削りだし

新緑にあふれた渓流の緑を想像しながら

このルアーの虜になるよう、愛情込めて作っていました。

すると、木の声が聞こえたのです。

バルサ材「私は・・・」

僕「え・・・なに?」

バルサ材「私は・・・ヒロポン

僕「そうか・・・君、ヒロポンなのか

そうしてバルサの精霊の声に従い、木を削った結果この形となったのです。

また、ヤマメ釣りに行けず仕方がない時、このルアーを静脈に注射することで安心感と多幸感を得られます。僕がベットに縛り付けられた理由の半分はそれです。気を付けてください。

このように、合法か非合法化もわからないルアーを作りましたが、僕にとってのシャブではなく、ヤマメにとってのシャブであってほしい。いや切実に。

サイズはヤマメに合わせて3㎝とマメみたいな大きさ。

ぶさいくな試作品ですが、形をみて大体皆様お気づきの通り、僕のフェイバリットトップウォーター・ラッキ―クラフトのサミーを意識した形です。

あと、こういう小型のトラウト用ペンシルとしてネイティブも使えると評判だったスカジットデザインズのチョコペンというウッドプラグが元ネタですね。

たあ、もうチョコペン売ってませんし、あったとしても法外な値段で取引なんで手に入らない。

コメント