居場所がねぇ!価値がねぇ!負け組ヤマメは海を下る

スポンサーリンク
北海道釣行記

魚の価値は一体何で決まるのか?

そんなことをふと思った日がありました。

そもそも、魚の価値とは何なのか?

市場価値でいえば、値段が高い魚ほど価値がある。

しかし、釣り人が狙う魚はそんな魚ばかりではありません。

北海道のルアーフィッシングで人気のターゲットであるアメマスは、市場価値なんてゼロに等しく、漁で水揚げされても捨てられるだけの存在。

けれど、釣り人にとっては非常に価値のある魚なわけです。

つまり、魚の価値というのは、どう考えたって人間が決めている。

けれど、人間にも価値観の違いがあり、それぞれの市場があるため、一概に価値というのは決定できないわけです。

それは魚のサイズにせよ、希少性にせよ、見た目の美しさにせよ、ファイトの強烈さにせよ。

では、そんな魚の価値を決めている自分はどうなのか?

自分の価値は一体だれが決めるのか?

ていうかね?

魚の価値は人間が決めているのに、人間の価値は誰が決めているのか?

ああ、そういえば意識の高い人は、きっとこんなことをいうんでしょう。

「自分の価値は、自分で決めればいい」と

というわけで、自分の価値を自分で決めようとしたら、その前に誰かに半額シールを頭に張られていたαトラウトです。もうそんな時間なの?

人間の人生ってのは常に引き算ですよ。

生まれた時が最も価値が高いけど、30超えればポツポツと値引きシールを張られていく。

幾ら自分で価値を決めようが、気が付けば社会という名のスーパーのおばちゃんがシールを張ってくんですよ、本当にふざけてます。

ただし、僕の場合はですけど

この半額シール、生まれてから5秒くらいで付けられた気がする。

なんだ不良品かよって勢いで張られた気がしないでもない

てな位に自己肯定能力が欠如している僕は、魚でいったらウグイパイセンと同レベル。

いや、むしろパイセン以下。それくらい社会的に価値など無い人間なのです。

じゃぁ、もしかして魚も自己卑下とかするのか?

もしかして、なんか自分なんて要らない魚だなとか思ってたりするのか?

なんてことを考えた渓流での釣りでしたね

スポンサーリンク

渇水ぎみの渓流を歩き通した

というわけで、自分に価値など無いと思っている僕は現実から逃げるため、この日は朝の数時間を渓流で過ごすことにしました。

そもそも現実逃避のために釣りを続ける僕ですが、しょっちゅう嫌なことがあるので、朝の釣りだけが唯一清らかな時間。

というか、そういう風にずっと過ごしてきたな

と思いながら、スプーンを投げる。

この日は6月らしい気温で、とっくに蝉も五月蠅い状態。

けれど、水位はずいぶんと低くなっています。

その原因は降雪量の少なさ

そして降水量の減少

いつもだったらウェーディングしないと入れない場所が、サンダルで入れてしまうレベルになっている。

こりゃぁ、魚達が居場所がないだろうな

と思い下流側へと下っていきました。

そもそも人間の価値というのは他人が大抵決めてくるもの

例えば僕が「ジミヘンと2pacと山下達郎を合わせたうえ、キューブリックとスピルバークをふりかけ、そいつを食うマーティンスコセッシだ」

と考えていたとしましょう。

いや考えてません、そんな妄想は一度も抱いたことがありません。

例えばの話ですよ?釣りに行く前に僕が考えた最高の映画のシナリオを思いつき「これならカンヌとアカデミー同時に全部門制覇確定だな」とか思ったとしましょう。いや思ったんですけど。でも、ただの妄想ですからね。本気じゃないですからね。

しかし、仮に本気で考えていたとしても、僕の価値は結局は他人が決定するんですよ。

そんな妄想を抱いていようが、カンヌには審査委員がいる。アカデミー賞は審査委員+賄賂を渡さないといけない。しかも差別される黒人と、強い女性を出さないと絶対にとれない。それがララランドの悲劇。あの時は悔しかった。くそ、今思い返しても腹立つ。エマ・ストーンのリアクションが忘れられない。

コメント

  1. kemushi より:

    後悔型って奴っすねわかります。

    話し代わってまたライギョが見たいです。

    • αトラウト より:

      まさに後悔型ですねザブトン10枚差し上げたい。
      いやもうライギョ、釣りにいきます。
      皆様のご協力もありタックルそろいつつあるので、ドカーンと釣ってきたいです。