レスキューロボは誰がなんと言おうとロボだから!

スポンサーリンク
その他レビュー


第一条:ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。


第二条:ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。


第三条:ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。


2058年発行「ロボット工学ハンドブック」第56版より

かの有名なロボット三原則は、SF好きにはあまりにも有名

そして、この三原則を作ったアイザック・アシモフもまた有名です。

彼が作り上げたストーリーと、この三原則に基づく様々な設定は多くのSF作品で使われ、の実際のロボット工学の世界にも影響を及ぼしています。

この三原則が登場した短編小説『堂々めぐり」が収められた短編集『われはロボット』を読んだ子供の頃、そのリアリティあふれる未来の世界に興奮。人間との共存することの難しさなどを知り、驚きや恐怖すら感じたものです。

その後、ブレードランナーや攻殻機動隊など、より進化したAI搭載型ヒューマノイド・ロボット「アンドロイド」の登場によって、人間とロボットの違いや、魂の有無など、哲学的なテーマが世間をにぎわす時代になると、少年時代の僕は確信するようになりました。

間違いない。

きっと将来、ロボットは生まれ、この社会で人間と生きる時代がくる。

あの作品が世に出てから60年以上が経過。

僕がその作品を読んでから20年が経過。

今や掃除ロボットが普及し、人工知能研究が発展した現代。

おおくの人々が一家に一台人工知能搭載の自立型機械。

つまり、かつてアシモフが思い描いた「ロボット」達が登場するのはすごそこの近未来。

では、われはロボットのように、三原則を破り反乱を起こすロボットもいるはず。

となれば、ロボットを使うというのは、彼らに裏切られる可能性も高いと心配になります。

けれど、ロボットが欲しい。

うちにはお掃除ロボの一台も無いし、あるのはIot機器レベルのものばかり。

できれば自立型で人工機能搭載のものが欲しい。

そう思いAmazonを見ていると、なんとロボがある。

しかも釣り具のジャンルでロボがいるじゃありませんか。

商品名は「レスキューロボ」

まさにロボット三原則を自でいくようなネーミング。

いかにも人類裏切りそうなMS-5型とかマトリックスみたいな名前じゃないので一安心。

しかもルアー回収率80%?

一体どんなロボットなのか?

すでに釣り具業界は人工知能搭載のルアー回収機を作りあげたのでしょうか?

スポンサーリンク

ぜんぜんロボじゃなかったルアー回収機『レスキューロボ』

そうして購入したロボレスキューがAmazonから家に届きました。

そうして箱をあけて中を見た結果、僕の第一声は

「ぜんぜんロボじゃねぇ」

というわけですよ

そもそも、ロボットの定義とは、あくまで「人の代わりに働く自立型機械」なわけです。

つまり、無線通信で操作してもダメ、人が乗り込んで操作してもまったくロボじゃない。

あくまで自立型である必要があるわけです。

だからガンダムはあくまで「モビルスーツ」だし、マクロスのVFシリーズだって、あくまで可変戦闘機なわけですよ。

けどね

さすがにワイヤーと鉛でロボはない。

1000歩譲ってマシーンはゆるすけど

こいつは ロ ボ じ ゃ な い。

しかし、SFを見すぎたせいか、世に言うところの「フランケンシュタイン・コンプレックス」がある僕。

ようはロボットの反乱常に恐れているんですけど、逆にいえば

ここまでロボじゃなきゃ安心ですよ。

違うもんこいつ。ぜんぜん自立しないもん。

いやまて、もしかしたら鉛の内部にCPUが仕込まれているかもしれない。

ということは、このワシャワシャした部分が動くのか。

だとしたら相当キモい。なんだこいつ。

というわけで、もしかしたら使っている内に謎の機能が発動。

そのうちアングラーを救う本物のロボになるかもしれないので実際に使ってみることにしました。

レスキューロボでルアー回収率をアップしたかった

とりあえずレスキューロボの使い方について。

レスキューロボは根掛したルアーを拐取するためのロボ。

この気持ち悪いワシャワシャしたアームでルアーのスナップ部分をキャッチし、見事ルアーを回収してくるシステムです。

コメント