雷魚用リール!アンバサダー6500C3をもらってしまった!【感謝の極み】

スポンサードリンク
リール

実は最近、雷魚を釣りたいと思っています。

なにせ車で行ける範囲に雷魚スポットがある。

しかも、なぜか川にも雷魚がいる

しかも鬼の本流雷魚でゴン太のやつが

ただし

本格的な雷魚釣りが

まったく未経験。

子供のころバス釣ってたら雷魚釣れたとか、バスタックルで農業用の溜池にいる小っちゃい雷魚釣ったりしてた位。

けど、僕がやりたいのは本格的な雷魚釣りなんですよ。

ゴリッゴリの雷魚ゲームなんですよ!

だってね?

トラウトばかり釣る僕ですが、トップウォーターの釣りが昔から好き。

それを本気で楽しめるターゲットは、このアタリじゃ雷魚のみ

ああ、雷魚が釣りたい

そう思い続けてそろそろ1年なんですが

水しぶきをあげてフロッグに食いつく雷魚の姿が夢にまで出てくるようになったんですね。

だったら、いつか憧れたヘビーカバーもぶち抜けるようなパワータックルで雷魚を釣ってみたいと思うわけです。

そこでTwitterで雷魚釣りに詳しい人に、どんなタックルが良いのか教えてもらっていたんです。

で、皆さんそろって「アンバサダーがいい」と仰る。

雷魚釣りリールの王様というか

雷魚釣るならこれっていうリール、それがアンバサダー

うんうん、やっぱりここはアンバサダーだよな。

でも、うちにあるシュプリームじゃ役不足だし、6000番以上のやつが良いらしい・・・

と、思っていたら。

YouTubeで知り合った「あさひさん」というお方が

「雷魚に使えるアンバサダーあるけど、いります?」

と言ってくださったのです。

え?いやえ?あるの?そんなアンバサダーが?

欲しい、そりゃもう喉から手が出るほど欲しい。

けど、今までハードボイルドな人生を歩んできた僕は、誰かの手を借りるのが苦手。

Twitterで雷魚タックルについて聞いた時なんて

ゴミのようなプライドのせいで10文字打つのに8時間かけましたからね。

それが、いきなりリールをもらうなんて、あまりにも横着がすぎる。

ここは断るべきだ、αトラウトは孤高の生物なのだ

と思いながら

「本当ですか!欲しいです!」と4秒で打っていました。

ちなみにプライドを捨てるのに掛かった時間は1秒でした。

本当にすいません!

スポンサードリンク

アンバサダー6500C3が家に届いた

そうこうする内に、なんとDMでやり取りをしたその日にリールを送ってくれたあさひさん。

3日後には僕の自宅に、夢に見た雷魚用のアンバサダー6500C3が届いていたのです。

しかも、頂いたのはこれだけじゃない!

それはもう驚くべき量の釣り道具を送ってくれたのです。

そちらの紹介はユーチューブにアップした「ありがとうあさひさん動画」にて全アイテムを紹介しておりますので是非ご覧ください。

これだけの量の釣具のお返しをするには

もはや全国の上州屋とサンスイを回りステラを強奪するステラ強盗になるしかない。盗品ですが許してください。きれいな金に換えてきます。

【雷魚用リール】アンバサダー6500c3/2speedをもらったら他にも沢山釣り具をもらってしまった!【ありがとうございます!あさひさん】

アンバサダー6500C3の2speedという変速機構

というわけで、頂いたアンバサダー6500C3。

ウルトラキャストモデルというアブガルシアが90年代位に出していたモデルなのですが、正確な販売日時まではわかりません。

しかし、このリールの最大の特徴といえば、見た目は普通のアンバサダーなのに

2speedという二段変速ギアが搭載されていることです。

この変速ギア付のモデルは、80年代~90年代のアブガルシア暗黒時代ともいわれる時期に作られていたものらしい。

一応、通常の円形アンバサダーの他にXLT(樹脂製非円形モデル)など、ごく限られたモデルにのみ存在していたが、いまや絶滅した機能のようです。

つまり、これもオートマグと同じく

アンバサダーの歴史の中では突然変異種。

ノーマルの状態では 6.1:1というハイギアで巻けるリールなんですが、魚が掛かり、スプールにテンションが掛かるとギアがチェンジされ、3.8:1というローギア状態になる。

ということは?

魚をかけるまではテンポ良く巻き、掛かったらローギアでトルクフルに巻き上げる仕組みになっているようです。

どのテンションで変速するかは、スタードラグの内側についているダイヤルを回すことで決まるらしく、締め上げるとずっとハイギアだし、緩々にするとずっとローギア。

いやー、80~90年代のアブガルシアは凄まじく奇妙なリールを作ってきますね。

アンバサダーファンの方からは、この変速機構によりギアの強度が下がるなどと不評なアイテムらしいんですが

こういう奇妙なリールが大好きな僕からすると、見てるだけでご飯が進む。

そうそう、こういうのだよ。

僕が使いたいリールっていうのは、こういう尖った奴じゃないとダメなんですよ。

いいぞいいぞ、面白いぞこのリール。

本当にあり難い限りというか、こんな僕好みのリールをプレゼントして頂き本当にありがとうございます。

アンバサダー6500C3をじっくり見ていく

円形のアンバサダーをまじまじと見ていると、やっぱりカップの美しさがきわだちますね。

そしてクレストマークとか、やっぱりカッコイイなー、これ。

もうずーっと見てられる。すんごいのコレ。ぜんぜん視線が離れないの。

この美しき姿を永遠と見ていたら、気が付いたら家にアンバサダーが何台もあるっていうのも理解できる。魔性だなこのリールは。

サイン入りルアーも頂きました

さらに今回はあさひさんんから「最強ばっくり」と書かれたルアーまでもらってしまいました。

しかもこれ、アボーガストのバズプラグじゃないですか!

たしかあさひさんが「なまずルアーで一番好き」と言っていた例のアレじゃないですか!

もう北海道では一切見ることのできないルアー代表、アボーガスト。

ジッターバグが少量中古で出回っている程度であり、このバズプラグに関しては姿かたちすら見ませんね。

でも、こいつが発売された時「すげー面白いルアーあるんだなー」と情報をチェックしていたので、まさか頂けるとは思いませんでした。

こいつで北海道のナマズ系なんか釣れたら最高ですが、そうでなくとも、サイン入りなので使わずにとっておきたいですね。

他にも数々のアイテムを頂いたのでお返しもある

他にもあさひさんから「断捨離」と称するプレゼントの山を頂きました。

rapalaからドクターミノー、AR-Sといったスピナーから、スプーンの山。

さらに雷魚に使えるPEラインに、モンスター用スプリットリング。

もうこんなに貰ってしまって、本当にありがとうございます。

ただ、もらってばかりではナンなので、ささやかながら

自作の木製ルア―ケースと、謎の設定がある自作ルアーをお送りさせて頂きました。

詳細については後程記事で説明させて頂きたいと思います。

雷魚を狙う準備が整った

さて、アンバサダー6500C3の他にも、こんなに沢山のアイテムをもらってしまった。

となれば、当然こいつで雷魚を釣らなければ!

あと釣具屋強盗になって高級リールを強奪してお返しをしないと!

ここは道北のスラムブログですから、金がなければ強盗がお決まりですからね。鱒レンジャー振り回しながら「全員動くな!動いたらひっぱたくぞ!」とすごんで来ようと思います。

ちなみに雷魚用のロッドも注文しました。

というか、人生初のH(ヘビー)アクションのロッド。雷魚をはじめとする怪魚用のロッドなんですが、どれだけ硬いのか・・・なんか凄そう。

ともかく、タックルがそろい次第雷魚や鯰を狙いたいと思いますので、ご期待くださいませ。

そしてあさひさん、ありがとうございました!

コメント