交換用ラバーネットで自作ランディングネット作ってサクラマスをランディングするまで

スポンサーリンク
DIY

今回は交換用のラバーネットを使って自作のランディングネットを作ります。

というかですよ。

最近、湖に時々行くようになったんですが、その湖というのがあの朱鞠内湖でして。

やはりイトウが釣れてしまうかもしれないんです。

いや、釣れてしまうかもっていうか、そりゃ釣りたい。釣れるものなら釣りたいけど、なんか釣ったことないから怖い。

しかも、釣れてしまった場合に怖いのが。

僕は大型魚用のランディングネットを一切持ってない。

これでイトウが釣れてしまったら、きっとランディングミスでイトウに食われるに違いない。

まぁイトウに襲われる心配だけでなく、大型の魚がいるあの湖で釣りをする以上、やっぱり安くてもいいから大型のランディングネットをそろえたいところ。

けれど、前回渓流用のランディングネットを買ってしまい、スッカラカンになってしまった僕には、もはや大型ネットを買う余裕などない。

だったら、もうこのさい作ってしまえばいいじゃないか。

ということで、貧者の知恵を振り絞り、どうにかランディングネットを作ることにしたのです。

スポンサーリンク

間違って購入したPROXの交換用ラバーネットがあった

そもそも僕がこんなトチ狂った行動に出たのは、ただの持病や貧困だけが原因ではありません。

実は、すでに買ったラバーネットがあったんです。

しかも19型という大型用ネットです。

でも、なぜ渓流やってる僕が19型なんてデカいネットを持ってたのか不思議ですよね?

というわけで

ここでカッコ付けても仕方がないんで正直に言いますよ。

ああ間違えたよ!

ミスって19型買っちまったんだよ!

笑えよ!ほら!笑ってくれよ!

そうです。

僕は前回、超コスパ木製ランディングネットを買ったあと、ネットが破れたら即ラバー製に交換しようと交換用のラバーネットを頼んでたんです。

で、Amazonで探したらPROXの交換用ラバーが980円位で売られているじゃないですか。

酒を飲み、ネットフィリックスでルシファーみながら密林探検をしていた僕は

「やっすいなーこれ買ってしまうぞー我買ってしまうぞー我地獄からの使者、Amazonをさまよう堕天使なりーひゅー」

とか意味不明な言葉を発しながらポチったんです。

けど、家に届いたのは12型でも15型でもなく

ものの見事に19型。

でけぇよ、うそだろ、なんだこれ

ルシファー見ながら酒飲んで頼んだラバーネットが巨大化してんだけど。魔力か?こわ!

とか言ってたんですが、注文履歴を見ると、どうやら僕が間違って頼んでしまったらしい。

で、思ったんです。

そのまま返品しても何だし、こいつを使って湖でも使える大型ランディングネットを作ってしまおうと、悪魔じみた発想が脳裏を支配しはじめたのです。

ブットい針金使って自作ランディングネットを作ってみた。

というわけで、作ってみましょう。

ていうか出来てる!すでに!

なんせこいつ

「なんか家に補修用で使ったブットい針金あったなぁ、あれで試しにやったらできたりして」

と、針金をまげてみて

「ん?これでもうできた?」

と、試しにラバーネットを装着したら、あっというまに完成していた。

所要時間、わずか15分。

太い針金を適当な長さに切って丸くまげたあと、グリップ部分で3回ほど曲げて、上から縄を巻いた。

たったそれだけの、超即席ランディングネットなんです。

凄く簡単ですし、家にあるものであっという間にできてしまう。

もし天災により食料難になり、川の魚を取ろうと思った時

「くそ・・・こんな時にランディングネットさえあれば!」

というピンチになったぜひ試してください。簡単に作れるうえ、魚だけでなく命も救えます。たぶん。

ただし、見た目のほうはダイブダサイ。

まじで無人島で作ったレベルっていうか

トムハンクスがバレーボールに話かけながら作られた感

つまり

なんかキャストアウェイっぽい気がしないでもない。

コメント