アンバサダー6500C3/2speedをメンテナンスして雷魚を釣れるようにする

スポンサーリンク
リール

リールのメンテナンスがどういうわけが好きな僕。

それも、今まで触ったことのないタイプの機械ほど好きなんですが、今回はとんでもない代物、アンバサダー6500C3/2speedですよ。

先日、あさひさんに雷魚用として頂いたリール

「分解すると元に戻せないかもしれない」

ということで、買った時の状態のまま譲りうけました

もちろん無料でいただけるのですから、メンテなんて自分でやるべきもの。

なんですが

そりゃ僕もコイツを開けるのは怖いです。

だってこれ、ただのアンバサダーじゃないんですよ?

変速ギア付のアンバサダーなんですよ?

そもそも変速ギアが付いたリールなんて今まで一回も見たことないうえ、初めての丸形アンバサダーですから、そりゃ

以前スピンキャスト80を分解した時にも「なんだこりゃ・・・」でしたが、このアンバサダーはを開けたら、前以上にナンダコリャになりそう。

しかし、そこは分解メンテがしやすいと言われているアンバサダーを信じて分解するしかありません。

スポンサーリンク

恐る恐る分解メンテナンスをすることにした

ということで、せっかくもらったリールを奇麗にして、回転性能をあげるためのメンテナンスを開始することにしました。

しかし、この複雑怪奇なリールを分解するのはあまりに恐ろしい。

一体中がどうなっているのかわからない上、変速ギアとは一体どんなものか?

というか、どうやったらリールのギアを変速ができるのか?

こいつが登場した時代にはただのbasicからWindows95が登場したような頃。つまり、オフィスを使うとイルカのカイル君が現れ「おまえの消し方」などを聞きまくっていた時ですよ。

そんな時に出ていたリールが高度な電子制御変速なんて不可能。ということは、もしかしたらこの中にオーパーツ、アンティキティラ島の歯車とか入ってるんじゃないかこれ。

アンティキラ島の歯車とは、古代ギリシャ時代に作られた機械の歯車であり、機械系オーパーツの中では最も謎なアイテムとされています。

その当時存在すらしなかった時計でありながら、制度は完璧。

1世界最古の精密機械として知られており、他のオーパーツとは違って今なお政府主導のもと研究が続けられています。

もし、この歯車のようなオーパーツ的ギアが内蔵されていたら、分解したって元に戻せるわけないし

数分で玄関のチャイムが鳴り

アブガルシアに僕は消されるかもしれなんです。

そうか、あさひさんはコレを恐れて僕にリールを・・

そんな不安に駆られた僕ですが、とにかく酒を飲みアルコールに身を任せ気を大きくしたあと。アブガルシアの遺産を開けてみることにしました。

コメント