ベイトフィネスタックルでクルセイダー投げつつのんびり朝からダム湖でニジマス釣り

スポンサードリンク
北海道釣行記

最近暑くなって気がしますね。

近ごろ、今までの釣りとまったく違う未知の釣りに挑戦している最中でして。

相手は雷魚や鯰。

まともにやったことがない、いわゆる怪魚系のパワフルな釣りなんで悪戦苦闘。

しかも一人でポイント開拓からスタートなんで、まぁ時間が足りなすぎなんですよ。

ヤブを漕ぎ、川を渡り、虫に襲われながら、北の怪魚を探す日々は、もはや道北貧釣りではなく道北探検隊状態だったんですよ。懐かしの水曜スペシャルですよ。

しかも、現時点で未だ奴らを釣ってない。

悔しい、あまりに悔しすぎるから、事の顛末を書いておきたいんですが、それはまた後程。

しかも、釣りばっかりしてもいられない。

金が無いからくだらない仕事もして、なんやかんやで家のことをやって、もうクタクタ。

でも、その最中に若干鱒類の姿を見たくなった。

ああ、なんかのんびり釣りをしたい。

もうひたすら歩くのとかやめて、誰もいない湖で、ぽつーんとトラウトを釣りたい。

ていうことで、いつもの道北貧釣を味わうべく某ダム湖に昨日行ってきました。

スポンサードリンク

朝のダム湖でのんびりクルセイダーをベイトフィネスで投げる

というわけで、朝の湖にやってきました。

しかも霧が出ている中。

うん、景色は最高。

朝方はまだまだ寒いし、気持ち良い。

ていうわけで、投げて最高に気持ちい良いベイトフィネスタックルを選択。

こいつでスプーンをなげると、まぁシュパーンとスプールが回って気分が良いんですよ。

使うのはお馴染クロスフィールド662ML-BFロキサーニBF8

もうずいぶん使い慣れてきたし、ロングリーダーも使いはじめたんで、かなり僕好みのセッティングが出せるようになってきました。

もちろん遠投するならスピニングのほうがいいんですが、今回はのんびり釣りしよーってことで、ベイトフィネスで気持ちよく投げよーって感じ。

なんか景色も良いし、こりゃ良い感じ。

ついでに釣れてくれれば有難いんですけどね。

ダイワ:クルセイダー7gを使ってお散歩ランガン

今回使うルアーはダイワのクルセイダー7g

僕にとっては、このダム湖で初めて魚を釣ったルアーです。

こいつをベイトフィネスタックルで投げつつ、ダム湖のまわりとボヤーっと歩いて回る朝の散歩釣りですね。

ちなみにクルセイダーシリーズで一番気に入ってるのも、この7g

サイズ感といい、使い勝手といい、かなり万能なグラム数ですね。

小さいのも釣れるし、大きいのも釣れる。

飛距離もそれなりに出るし、チヌークsの10gとクルセイダー7gを使いまわせば大体のトラウトは釣れます。

しかもお値段も優しい。

売っている場所も多いので、ロストしがちな僕にもあり難き激安ルアーであります。

そして釣りがスタート。

湖のまわりを歩きながら、シュコーンとクルセイダーを投げていく。

うん、気持ちいいよ、いいよいいよ。

投げ感が気持ちいいと、釣れなくても投げてるだけでいい。

しかも歩きながらだと、なおのことよし。

うんうんこれぞADHDの朝釣り。

傍目から見るとまるで落ち着きがないんですが、僕にとっては歩きながら投げ続けるのが一番落ち着くんです。

すると、なんか小さいけどライズ発見。

ちょっと遠いけど、思い切り遠投すればクルセイダーでも届くだろう。

ということで、ここで初めて立ち止まりフルキャスト。

グリグリと巻いてると、手前の駆け上がりでコンッとロッドが跳ねる。

乗ったーわーなんだろーーあーーー小さいーーー

とか独り言をいいつつ釣りあげたのは、恐ろしく小さいニジマスちゃん。たぶん20㎝程度。

こういう小さなニジマスが沢山ハネていたら、そのまま大きくなっていくなって、ダム湖から下へと降りていくんだろうと思うんですけどね。

ここはニジマスばかりのダム湖なんで、むしろ他の魚がいないから、超でかい管理釣り場状態なんですが、自然繁殖でかなりのニジマスがいます。

だから結構釣り人がやってきて、ニジマスを釣ってますし、僕も時々やって、かなりボケーっと釣りしてます。

というか、僕にとってここほどボケーっと釣りできる場所も無いような気がする。なんでだろうか?

さらに同じ場所でキャスト。

なんか釣れれば良いや的な気分なんで、またニジマスでも釣れればいいなーと思っていると。

またヒット!

おお?なんかさっきより少しだけ大きくなっている気がする。

気がするけど?いや、これは気のせいな気もするけど

いやそんなことない、ぜったい大きい。

この感触にみんな騙されて、信じることを忘れている。

小さいと思えば小さなニジマスしか釣れない。

大きいと思えば大きなニジマスも釣れる。

だから信じる。

最後まで僕は、このニジマスが大物だと

ちいせぇぇえええ!

文字サイズだけデカイけど

やっぱ小さかったです。はい。

やっぱり信じることなんて損しかないんですよ、裏切られ、傷ついて人は大人になっていくとか言いますけど、それより信じた通りなって欲しい。大きいと思ったら大きくなってほしい。

けど、小さいニジマスでも、釣れるだけ凄くあり難いというか。

なんかこう、気を張らなくて良いなって

ていうかごめんね?こんなサイズで釣っちゃって。

と、即座にリリース。

それから歩きながら投げていましたが、ぱったり釣れなくなりました。

でも、やっぱり気持ちいい。

ふらふらーと歩きつつ、護岸された部分に到着。

とりあえず疲れたので、一旦休憩。

とりあえず小さい子は釣らない方向で、気に入っているトップウォーターを投げて遊んでみます。

まずはタイニートーピードを投げてみる。

ていうか、トーピード今年一回も釣ってないな。

秋まで待てば確実だし、わざわざ投げなくても良いんだけど、なんか好きだから投げちゃうんですよね、これ。

で、昔からずっとやってるトップウォーターのアクション練習。

これも良い気分転換になる。

それからザラパピーを投げて、これもドッグウォークの練習。

パピーは結構動かしやすいほうだけど、ザラスプークに比べるとやっぱりクセが強いので、それなりに練習していると楽しい。

小さいペンシルベイトって、けっこう動かし辛くて練習のし甲斐があります。

で、そのうちにこんな状態に

座りながらペンシルベイトを動かす練習。

というか、もう座ってボケーっとしたいから座った。それ以外にない。

しかも見てくださいよ

こいつ、片手でスタードラグ弾いてドッグウォークしてますよ。

なんという手抜きドッグウォーク。

こんなもの、ズイール時代の柏木氏が見たら間違いなく。

「なめてますね~~」

とか言って笑いながら蹴落してくるやつですね。

てなわけで、朝のダム湖のニジマス釣りは癒されますね。

ボケーと歩いて、テキトーにスプーン投げて、小さい子釣って、トップウォーター投げて、やっぱ釣れなくて座りながら投げちゃう位のテキトーぶり。

しかし、こういうテキトーな釣りが一番癒される。

そろそろ良いシーズンになってきたんで、たまにはダム湖のほうにも顔を出そうかと思いましたよ。

で、他にもやってる雷魚と鯰のほうも一匹釣らないと。

あっちはハードな釣りになってるけど、疲れたらトラウトに帰ってこようかと思いますが。

そんなことより仕事して金稼げって話。

みなさまも釣りで癒されたら、仕事の方頑張ってください。頑張らないと僕みたいになります。

コメント