ベイトフィネスタックルでクルセイダー投げつつのんびり朝からダム湖でニジマス釣り

スポンサーリンク
北海道釣行記

最近暑くなって気がしますね。

近ごろ、今までの釣りとまったく違う未知の釣りに挑戦している最中でして。

相手は雷魚や鯰。

まともにやったことがない、いわゆる怪魚系のパワフルな釣りなんで悪戦苦闘。

しかも一人でポイント開拓からスタートなんで、まぁ時間が足りなすぎなんですよ。

ヤブを漕ぎ、川を渡り、虫に襲われながら、北の怪魚を探す日々は、もはや道北貧釣りではなく道北探検隊状態だったんですよ。懐かしの水曜スペシャルですよ。

しかも、現時点で未だ奴らを釣ってない。

悔しい、あまりに悔しすぎるから、事の顛末を書いておきたいんですが、それはまた後程。

しかも、釣りばっかりしてもいられない。

金が無いからくだらない仕事もして、なんやかんやで家のことをやって、もうクタクタ。

でも、その最中に若干鱒類の姿を見たくなった。

ああ、なんかのんびり釣りをしたい。

もうひたすら歩くのとかやめて、誰もいない湖で、ぽつーんとトラウトを釣りたい。

ていうことで、いつもの道北貧釣を味わうべく某ダム湖に昨日行ってきました。

スポンサーリンク

朝のダム湖でのんびりクルセイダーをベイトフィネスで投げる

というわけで、朝の湖にやってきました。

しかも霧が出ている中。

うん、景色は最高。

朝方はまだまだ寒いし、気持ち良い。

ていうわけで、投げて最高に気持ちい良いベイトフィネスタックルを選択。

こいつでスプーンをなげると、まぁシュパーンとスプールが回って気分が良いんですよ。

使うのはお馴染クロスフィールド662ML-BFロキサーニBF8

もうずいぶん使い慣れてきたし、ロングリーダーも使いはじめたんで、かなり僕好みのセッティングが出せるようになってきました。

もちろん遠投するならスピニングのほうがいいんですが、今回はのんびり釣りしよーってことで、ベイトフィネスで気持ちよく投げよーって感じ。

なんか景色も良いし、こりゃ良い感じ。

ついでに釣れてくれれば有難いんですけどね。

ダイワ:クルセイダー7gを使ってお散歩ランガン

今回使うルアーはダイワのクルセイダー7g

僕にとっては、このダム湖で初めて魚を釣ったルアーです。

こいつをベイトフィネスタックルで投げつつ、ダム湖のまわりとボヤーっと歩いて回る朝の散歩釣りですね。

ちなみにクルセイダーシリーズで一番気に入ってるのも、この7g

サイズ感といい、使い勝手といい、かなり万能なグラム数ですね。

小さいのも釣れるし、大きいのも釣れる。

飛距離もそれなりに出るし、チヌークsの10gとクルセイダー7gを使いまわせば大体のトラウトは釣れます。

しかもお値段も優しい。

売っている場所も多いので、ロストしがちな僕にもあり難き激安ルアーであります。

そして釣りがスタート。

湖のまわりを歩きながら、シュコーンとクルセイダーを投げていく。

うん、気持ちいいよ、いいよいいよ。

投げ感が気持ちいいと、釣れなくても投げてるだけでいい。

しかも歩きながらだと、なおのことよし。

うんうんこれぞADHDの朝釣り。

傍目から見るとまるで落ち着きがないんですが、僕にとっては歩きながら投げ続けるのが一番落ち着くんです。

すると、なんか小さいけどライズ発見。

ちょっと遠いけど、思い切り遠投すればクルセイダーでも届くだろう。

ということで、ここで初めて立ち止まりフルキャスト。

グリグリと巻いてると、手前の駆け上がりでコンッとロッドが跳ねる。

乗ったーわーなんだろーーあーーー小さいーーー

とか独り言をいいつつ釣りあげたのは、恐ろしく小さいニジマスちゃん。たぶん20㎝程度。

こういう小さなニジマスが沢山ハネていたら、そのまま大きくなっていくなって、ダム湖から下へと降りていくんだろうと思うんですけどね。

ここはニジマスばかりのダム湖なんで、むしろ他の魚がいないから、超でかい管理釣り場状態なんですが、自然繁殖でかなりのニジマスがいます。

コメント