【絶対獲る!】道北の雷魚と鯰をフロッグで狙い続けてようやく釣れた【その1】

スポンサーリンク
北海道釣行記

道北地方は、北海道の北側。

つまり、日本の中では最も北側の地域にあたるわけです。

基本的にはトラウトがとても住みやすい環境であり、僕もこの地域ではじめてトラウトの面白さをしり、貧しいながらもコソコソとトラウトフィッシングを楽しんでおりました。

ところが、去年から偶然に近い形で、この地域に住む雷魚を目撃したのです。

さらに、道北地方にある沼には、雷魚が住むということも。

それを知りながらも、やはりトラウトが好きだからと渓流や湖にばかり通っていたのですが、6月も過ぎたころから、あの巨大な黒い影が頭の中を泳ぎはじめました。

雷魚、台湾ドジョウ、スネークヘッド、

正式名称はカムルチー。

いや、このさい名前はどうでもいいでしょう。

なんならヤマタノオロチとか、モンスタースネークアナコンダとか、

バリエンティ・ファイナル・グラウンド・ザ・グリード・ファイナルみたいな。ファイナル2個付けるレベルのモンスターみたいな名前でもいい。ていうかザ・グリードなんですよ。変なミニガンでも撃っても死なないんですよ!

いや、ともかく。さすがにミニガンでは死ぬし、豪華客船沈没させるほどの能力ないかえど。

ともかくです。

僕にとって、この道北地方ではまるで異質な存在ともいえるあの巨大な怪魚を、もう一尾釣りたいという欲求がふつふつと沸いてきたんです。

しかも、適当に偶然一匹釣ろうとか、そんなんじゃありません。

こんどは真正面から、狙って釣ってやりたいという欲望が、僕の中に湧き出してきたんです。

これが純粋な「挑戦」という気持ちなら、僕にとってはもう久しぶりのことです。

人生なんてとっくに諦めていたし、将来なんて閉店間際のスーパーみたいに蛍の光が流れているし、店員たちはさっさと帰りそうにしていて、それを我慢させながら商品を選んでいたはずの僕。

すると、突然空気を切り裂く音が響き、蛍の光が消える。

すると、黒尽くめの巨大な怪物が店の中に現れる。

そいつは退屈そうな店員がおびえる中、だまってレジの金を奪い、ゆっくりと店を出ていく。

怯えながら、彼の背中を姿が消えるのを見ていた僕は、気が付いたんですよ。

まだ人生はまだ終わってない。

これから、僕はこいつに挑むんだと。

スポンサーリンク

道北の雷魚を探せ

今回は動画も作ってみたのでお暇ならどうぞ

というわけで、雷魚釣りをスタートしましたスネークヘッドαトラウトです。蛇頭!

まぁスネークヘッドっていうと、中国を本拠地とする巨大密輸組織を連想するのは僕だけじゃないはず。

彼らは物だけではなく密入国でも財をなした組織であり、中国本土から日本にも多くの違法就労者を送り込んできました。

ただし、日本にとっては雷魚も密入国者といえるかも。

この北海道にやってきた雷魚は、もともと食用として本土から持ち込まれたものですが、それが野生化したという説が一般的です。

その生態は北海道に住むどの魚とも違い、まるで異質。

繊細かつ獰猛であり、淀んだ水でも生活可能なため、汽水域にも出没できる淡水魚。

逆に速い流れは得意とせず、カバー際を好むアジア原産の怪魚。

そんな魚を相手にするのですから、今回は冗談なんか言ってられません。

普段の僕では、あっというまにねじ伏せられるパワーの持ち主。

しかも、その居場所がまったくわからない。

そんな彼らを捕まえるのですから、今回はガチ中のガチというか、このブログはじめまって以来の本気のパワーフィッシング。

じゃぁいつもふざけてんのかっていわれたら、そりゃふざけてないよ。たまにチンチンとか言うくらいですし、医者にいわれた薬だって飲んでます。本当です。カウンセリングも週2回受けてますし、酒だって発泡酒にしています。本当です!僕は正常ですよ!

まぁですよ

道北地方の雷魚はそう数がいない。

さらにいえば、僕は雷魚を真剣に狙って釣ったことがない。

コメント