【ヘドン】ティニートーピードで渓流トップウォーター!ドッグウォークで食わせたる【レビュー&インプレッション】

スポンサーリンク
トップウォーター

渓流トップウォータープラッキング。

これは僕にとっての今年の課題というか、ずっとやりたかったこと。

特に狙っているのが、ヤマメをトップで釣ること。

それは前回、レーベルのクリックホッパーやクローフィッシュクランクで成功していたのですが、それよりも狙っていたものがあります。

それは、ヘドンのトーピードで

しかもドッグウォークでヤマメを食わせること。

僕にとって、トップウォータープラグといえばラッキークラフトかヘドン。

とくにヘドンはトップウォーターの基本を教わったという意味でも、かなり思い出深いメーカーです。

そこで、今回はヘドンの超基本的トップウォータープラグであるトーピードの最小モデル

ティニートーピードで渓流のヤマメを狙ってきました。

スポンサーリンク

朝の渓流でティニートーピードをドッグウォークさせる

トーピードといえば、ヘドンが生んだ名作シングルスウィッシャー。

僕も幼少期に使い倒した経験があり、あれほどシンプルかつ簡単に釣れるトップ系プラグは未だ無いと思っています。

そんな名作ルアーが、わずか3.81cm、重量 3.5g にまでサイズダウンしたのがティニートーピードです。

まぁですよ

トーピード界隈どころか、ヘドンのトップウォータープラグの中では最も小さいこのルアー。

その小ささにより、様々な釣りに使われてきたのですが、中でも釣果が高いと言われているのがトラウト類ですよ。

以前、ティニートーピードとほぼ同時期に発売されたザラポーチについての記事でも紹介しましたが、このルアーは発売したその年から「トラウトのトップゲームに最適」と雑誌類で紹介されるほど。

つまり、トラウトへの実績は本場アメリカで証明されているようなルアーなんです。

ただし、同じくトラウト類に猛アピールしていたザラポーチが廃盤となり、一方のティーニートーピードが未だ現役というのには、それなりに訳がある。

けれど、ですよ。

ともかくヘドンの小さいルアーはクセが強すぎる。

というか、もはや構造的欠陥とすら言えるレベルの難点がある。

ザラポーチしかり、ティニートーピードしかり

なぜかヘドンは小型ルアーになんらかの欠陥を残して性癖がある。

だから言いたい。

これを単なる「トーピードの小型版スウィッシャーか!」

と、思って買っちゃう人に朗報。

このペラぁあ!!

ゼーーンゼン動かねぇからぁああ!!!

テールのペラがまるで動かない

うごかねぇーーんだわ!

このペラ全然動かねぇから!!

もうなんだってんだクソ!畜生!うごけぇ!!うごけぇよぉおおお!!!

と、原因不明の機能停止によりピンチに陥ったパイロットが、コンソールパネルをガチャガチャしつつ、せまる敵におびえるように、僕は必死にペラを回した。

ところが、ぜん全動かない。

指でどれだけ弾こうが、せいぜい5回転止まり。

おかげで人差し指の爪が折れそうでした。

折れたら折れたで、ヘドンにアメリカ式集団訴訟をかまして、「ティニートーピードのペラを回そうとして爪を痛めた人の会」を発足すればいいだけのこと。そいて電子レンジに猫をいれた伝説のクレーマーを超える賠償金額を手に入れる。これぞアメリカンドリーム。

つまり、これも立派なアメリカンルアー。

なんだかんだ言って、結局どっか壊れてる。

ていうか、新品の状態で欠陥がある。

それがヘドンクオリティなんですよ。

まぁですよ。

なんでこのペラが動かないのかといえば、やはり小さすぎるのが一番の原因。

こんなに小さかったら、水を受ける面積が小さすぎてまともに回るわけがない。

その割には材質は重い上、フックを覆うカップもない。これじゃぁ抵抗しか無いわけで、回るものも回りませんよ。

と、以上の理由により、スウィッシャーなのにペラが回らないという超重要な欠陥がわるわけです。

これだからヘドンは嫌なんだ。

なんか小さいルアーを手抜きのまま永遠と売るとか正気の沙汰じゃい。

コメント