鯰レンジャーCT66は怪物か!ついに最凶のレンジャー現る【購入レビュー】

スポンサーリンク
鯰&雷魚

鯰釣りをはじめてしまった僕。

いや、道北で鯰って何それって感じなんですけど

いるもんはいるんだから仕方ない。

そりゃ僕だっているって思わなかったけど、いるんだもんナマズ。

普段鱒レンジャーで道北のトラウトばっかり釣ってる僕ですから、まったく別のターゲットが登場してきたことに自分でも驚いてますよ。

じゃぁですよ。

何するかって決まってるじゃないですか。

スポンサーリンク

鯰レンジャーCT-66を購入

鯰釣りをするにあたり、先日頂いたスコーピオンにどんなロッドを合わせようかとネットを見ていました。

最初は特攻鯰だとか、グラスコンポジット系のロッドが良いかと思って色々と見て舞いました。

しかし、何かが違う。

たしかにどれも凄い使えそうだし、値段だって安い。

とくに特攻鯰はスペック的にもばっちりだし、これで鯰を釣るのはまったく問題ないように思えました。

しかし、鯰レンジャーを一目見た時に「コレだ」と思ったんですよ。

迷彩のグリップに、マッドグリーンのブランクス。

おまけにベニョンベニョンのフルソリッドのグラスロッド。

その僕好みの仕上がりに、思わず運命を感じてしまいましたね。

というか、もう前から目をつけてたんですけどね。

いや全然最初から買う気だったんですけど。

正直いって、鯰用ロッドだからトラウトには必要ないって思ってたんです。

しかも、最初は雷魚だけ釣ろうって思ってたんで、鯰レンジャーではカバーゲームでは役不足だし、相手がデカ過ぎる。

けど、いざ鯰を釣ってみたら

「こりゃ鯰レンジャーを使うチャンスじゃないか」

位には思ってましたよね、本当に生粋のレンジャーですよ。

怪物!鯰レンジャーCT66が家に届いた

Amazonで見つけてポチってから3日後。

ついに鯰レンジャーCT-66が家に届きました。

かなり厳重な梱包ですね、自動小銃でも入ってるんでしょうか。

おお、これが鯰レンジャー・・・!

迷彩のグリップに、マッドグリーンのブランクスがいかにもミリタリーな感じで、見るからに強そうです。

ただ、見た感じはブランクスも大して太くない。

むしろシュッとしていて、僕が持っているBF用のMLロッドレベル。

こいつがレンジャーの怪物かと、ひとまず手にとってみますが、こいつが化物ロッドであることにすぐに気が付きましたよ。

ミッチミチのソリッドグラスロッド

鯰レンジャーは見るだけでは、大したことの無いロッドのように思えます。

むしろ、そんな細いブランクスでダイジョブかよ位には。

けれど、手に持ってみるとすぐに気が付きましたね。

こいつは間違いないレンジャーの怪物なのだと。

まず重い。

たいしたこと無さそうなロッドだと握ってみて、その重量感に驚かされます。

いやいやまてまて、なんでこんな重いんだよ。

見た感じ、MLクラスのロッドにしか思えなかったはずなのに、もってみるとヘビーアクションなみの重量感を感じます。

それもそのはず。

この鯰レンジャーの重量は、なんと227gもあるんですよ。

これは僕が所持している淡水用ロッドではトップクラスの重さ。

雷魚用に購入したクロスフィールド732H に「ロッド状の鈍器」と名付けたことがあったんですが、それですら265g。

なのに、ミディアムアクションレベルの鯰レンジャーが227gっていうのは異常です。

お、重い…なんだこのロッドは、伝説のアングラーしか使えない系のアレなのか?

とか思いながらぶんぶん振ってみるけれど、もはやロッドに振り回される感じ。

そもそも重い原因が、中身が詰まりまくったソリッドグラスのブランクスのせい。

鱒レンジャーは短く細いため重量が気になりませんが、ここまでくるとブランクスが重すぎて、むしろグリップが軽すぎるとすら思える。鉛でも仕込んだほうがバランスが取れる。

こいつは、とんでもないバケモンだな・・・

と、ロッドを振っているのか振り回されているのかわからず、思わず息をのむ。

コメント

  1. ばんぱく より:

    このロッド、実はタイラバやショアのジギングゲームに流用している人も多いんだよね
    デカイの掛けてものされないし、ソリッドグラス特有の粘りがいい方向に働くようで
    グリーンのブランクスがカッコいいなぁ。近所で売られているのは残念ながらグレーなんだよね

    • αトラウト より:

      これタイラバに使うんですか、たしかにつかえそうですね。
      グリーンないんですか!グレーもいいと思いますが、ホワイトとか使ってみたいです。