鯰用ルアー自作に挑戦・ジッターバグ型のルアーを作ってみる

スポンサーリンク
プラグ

今回は鯰用のルアーを自作してみましたよ。

というのも、最近あのジッターバグをもう一度手に入れようと思ってたんですよ。

鯰でも使えるし、トラウトだってデカイのならジッターバグに食ってくるはず。

それに、カップが付いたルアーって、なんかいいーなって気になってきたのもあり、かつて持っていたけれど手放したあのルアーを手に入れようと思ったんです。

しかし、やっぱり金がない。

いや、今回は金だけじゃない。

というかジッターバグならメルカリでも安く売ってるし、買おうと思えばは買えるんですが。

嫁からついに経済制裁が決定してしまったのです。

いやいやいやファーウェイは釣り具作ってねぇから!

と強く訴えたのですが

嫁「No!America fast!」

と強い愛国精神を見せてくるので仕方が無い。

それどころか、我が家に壁を作り僕を自室に閉じ込めて、釣りに行くことすら許さない姿勢すらみせてきます。

こうなったら仕方が無い。

いや、というかもとから貧乏なんだから、釣り具なんて買えないのは当たり前。

ということで、愛国者達の計画によりジッターバグ購入に失敗した僕は、自国でジッターバグを生産するしか方法が無くなったのです。

スポンサーリンク

実はジッターバグ系のカップをもらっていた

経済制裁により、自国で生産するしかなくなった貧乏国αトラウト共和国。こんなことなら、核兵器の開発とか、ミサイルの発射とか、端末にバックドア仕込むとかやるんじゃなかった。

そんな中東と半島とアジアの大国みたいな所業を繰り返し、ついに嫁によってルアーを自作するしか無くなったぼくですが、パーツの供給だけは途絶えていなかったのですよ。

実は、前回もらった鯰用ルアーの中に、ジッターバグなどのノイジー系に使うカップが入っていたんですよ。

あれ、これはもしかして。

ノイジー系のルアーを作れということなのか?

もしかして、作っちゃっていいんですか?

と、これぞ天啓とばかりにジッターバグ系のルアーを作ろうと考えたんですよ。

ただ、やっぱり作るなら、ガッチガチの鯰仕様にしたい。

バスとかもいいけど、鯰を釣るので安心して使えるような、超頑丈なやつが。

てなわけで、強度重視の自作ジッターバグチャレンジです。

まずは自作ジッターバグ用の木材を削る

てなわけで

まずは木材を削り、ジッターバグのボディを作っていこうと思います。

というか、こういうカップの付いたルアーって、何系ってよべば良いんでしょうか。

多分ノイジー系でいいんでしょうけど、羽物とカップ物とでも言い分けていいのかわからないので、しばらくはジッターバグ系とでも呼んでおきましょう。

で、ジッターバグのボディをまずは作ろうってわけで、家にあった木材を使ってみます。

で、中でも硬そうなやつを選ぶ。

以前ホームセンターで家具を作るために買ったやつのあまり。

トップウォーターにしては比重が高いかも。

けれど、強度重視ならやっぱりこれが良い気がする。

てなわけで、一生懸命削ってみる。

うう、さすがに硬い。なんだこれ?ヒノキか?

しかし、これもジッターバグを手に入れるため。

というわけで1時間ほど必死に削っていく。

仕上げにサンドペーパーで形を整えてあげれば、いよいよ形ができあがりました。

うん、なんか全然ジッターバグっぽくない。

失敗した鳩サブレみたいになってます。

こんな道北の田舎で東京銘菓を作っても仕方が無い。

けど、なんかこんな丸っとしたボディが良い感じだし、このまま作っていこうと思います。

コーティングを施して赤く染める

続いてコーティングをほどこします。

使うのは、やっぱり何時ものダイソー製エポキシ接着剤。

こいつをマニキュア落としで薄めて、筆で縫ってやる。

これを2~3回繰り返すことで、ガッチリ下地が完成です。

で、このままでも良いんですけど、せっかくなんで色を塗ってみよう。

ってことで、マッキ―の赤を塗ってやる。

コメント