ジッターバグを自作する第2回・掘りたてのイモバグを作る

スポンサーリンク
プラグ

というわけで今回もジッターバグを自作してしまいました。

にしても、ジッターバグを作るのにハマってしまっています。

なんかコノルーア、トップウォーター系の中でもひときわ「巻いて釣ってる感」が凄い好きで、ただ巻きでカポカポ動いてすごい楽しい。

そこで前回使った「リンゴ飴」に続き、ジッターバグ2号を作ることにしました。

しかし、前回作ったジッターバグがやたらと頑丈さ優先で重く、動きが鈍かったので、今回はまともな材料を使って優秀なジッターバグを作っていこうと思います。

スポンサーリンク

今回はヒノキでジッターバグを作る

前回のジッターバグ作りでは、やたらと硬い木を使ったんですけど

あとで調べてみたら、おそらく杉であると判明しました。

杉は堅いわ。さすがに硬すぎる。

じゃぁ今回はなんの木を使おうかと悩んでいたんですよ。

そりゃできれば良い木がいいし、願わくば生ハム原木とか使いたい。

生ハム原木なら、ルアーを作りながら生ハム食って、ルアーを削りながら生ハム食えるし、作ったルアーもただの生ハムだしもう最高。

しかし、生ハム原木は浮力が無さすぎる。

さすがに美味しいし、生ハム原木ルアーはロマンの塊過ぎるのです。

ということで使うことにしたのがヒノキですよ。

ヒキノキといっても、ホームセンターで売っている米ビバ材というタイプ。

こいつは硬さがあるけれど加工しやすく、浮力もそれなりにあるので自作ルアーの材料としても重宝されているもの。

まぁ家にあった謎の原木ではなく、今回はきちんとホームセンターで買ってきましたから、そりゃ一応調べてきますよ。

で、この米ビバ材をカットし、ジッターバグの原形を作ります。

まずはカッターナイフで削るんですが、いや、さすがに前回の木より断然削りやすい。

バルサほど簡単じゃないけど、結構扱いやすいです。

で、形を整えていくんですが、やはり慣れていないので、なんかキレイに丸くならないので、苦心しながら削り続けます。

ある程度形が出来たら、あとはサンドペーパーでヤスリがけ。

ヤスリは布やすりの100番と300番、それと400番を使って表面をきれいにしてあげます。

エポキシ接着剤でコーティング

表面のヤスリがけが終わったら、続いてエポキシ接着剤でコーティングしていきます。

今回は塗装をしないので、下地&トップコートを兼ねて厚めに掛けていこうと思います。

で、一応100均のエポキシ接着剤と、ホームセンターで買ったちょっと高めのエポキシ接着剤を使ってためしたんですが。

なんか100均のほうが断然ぬりやすい。

コメント