ビッグバドを自作!ウッド製のバドを作ってみるぜ

スポンサーリンク
プラグ

今回はビッグバドを作った記録です。

ビッグバドといえば、僕が知る限り最も有名なアメリカンルアーですね。

なんせボディがビールの缶なんですから。

このふざけ具合といい、センスといい、やたらでかい図体といい、もうとにかくアホなルアーだなと思ってたんです。

そんなビッグバドですが、先日鯰釣りでかなり活躍してくれたんです。

まさか、このアル中御用達のルアーがこんなに釣れるとは。

と感心した僕は、このビッグバドを自作することにしました。

しかも木製で。

いや、浮力命のビッグバドがウッドなんかで作れるのか?

非常に怪しいのですが、材料もあるし、一先ず作ってみることにしましょう。

スポンサーリンク

ウッド製ビッグバドを作るための材料はこちら

ウッド製でビッグバドを作れるのか?

それは定かではありませんが、今回使う材料はこちらの通りです。

【ビッグバド自作用材料】

・米ビバ材(ヒノキの丸棒)

・ステンレス板0.5mm

・アルミ板1㎜

・ヒートン

・ネジ

・アルミテープ(べつに何でも良し)

・ラッカー(何色でも可能)

・スプリットリング

・カッター

・ノコギリ

・ヤスリ(100番・300番・600番位)

・エポキシ接着剤(ダイソーのが最高)

・ネイルリムーバー(やっぱりダイソーのが最高)

・バドワイザー1缶

・アーティストを活動中止に追い込む草

ちなみに、最後の草についてはあればでかまいません。

アーティストが草を燃やして、その煙を吸ったくらいで捕まえにくるヒステリー気味のマトリもルアーの材料にしたいのですが、きっと彼らもルアーを作れば馬鹿馬鹿しい仕事をしていることに気が付き、音楽が消える悲しみを覚えるでしょう。ちなみに吸いながらですけど。

もしくは、ビッグバドと同じようにバドワイザーでも飲みながら。

あとはミクスチャーかヒップホップでも聞きながら。

丸材の木材を削ると簡単にボディができる

まずはボディを削るのですが、ビッグバドの場合はかなり簡単。

なぜなら、そもそもボディがそもそも丸棒そのものなので、適度なサイズでカットするだけ。

その後、ヘッドの部分を削ってやれば、ビッグバドの形はすぐにできます。

しかし、なんでしょうか。

どんどん削り

やすりをかけ

先端をとがらせていくと

どうしてもち〇ち〇に見える。

まだルアーに草を詰めてはいないんですが、すでにハイになっているんですようか。

それとも、ビッグバドを飲みながら作っていたせいなのでしょうか。なんだろう、すごいムラムラする。

このままち〇ち〇の形にしてもよかったのですが、正直にいって、アレ系のルアーはありすぎるので却下。

というか最初のバドなんだから、とりあえず基本に忠実に作っていこうってわけですよ。

で、削ったあとはやすりがけ

100番から掛けて凹凸をけして、そこから番手を上げて仕上げていきます。

あんまりツルツルにするとコーティングのノリが悪いので、600番以下で仕上げていこうと思います。

エポキシ接着剤で自作バドを下地コーティング

続いて削りだしたビッグバドの下地のコーティングをしていきます。

コーティングはいつものダイソーエポキシ2液。

こいつろダイソーのネイルリムーバーで薄くして塗っていきます。

下地なんで大して塗りませんが、とりあえず2回位ぬっとけばOKでしょう。

コーティングをすると、よりテカリがでてきて

やっぱりち〇ち〇に見えて仕方ない。

僕「ふーんエッチじゃん」

と一人うそぶきつつコーティングを続けていましたが、これは全く別の用途にも使えそうなのでおすすめです。

自作バドの塗装を開始する

続いてバドの塗装です。

今回はさすがに無塗装ではダメだろうなと思い、ダイソーで買ってきたラッカーを使おうことにしましたよ。

カラーはマッドブラック。

これでまずは全体を吹き、乾燥させておきます。

で、そこからアルミテープをボディ本体に巻き付ける。

ていうか、アルミテープじゃなくてもゼンゼンいいし、ここに好きなもん張り付けるのが改造バドのだいご味。

コメント