渓流トップウォーターのすすめ!夏だし目指そう渓流トッパー!

スポンサーリンク
トップウォーター

トッパーとは、トップウォーターの釣りにこだわる人達のこと

主にバスフィッシングの世界で用いられる言葉ですが、渓流だってトップウォーターの釣りがあるのをご存知でしょうか。

しかもそれが、夏~秋にかけて怖いぐらい出る。

てなわけで、渓流トップウォータを極めし男αトラウトです。トップでバコン!

そうそう、バコンですよ、トップといえば。

水面を割って出る音と、視覚的興奮。

それこそがトップの醍醐味。

しかも、操作するルアーの動きが全て見えるから、自分次第で釣れるかどうかハッキリわかるのも良い。

釣りそのものはシビアですが、釣れた時の興奮や、トップだからこそ釣れる魚もいるのは渓流でも一緒。

てなわけで、今回はテクニカルな渓流トップウォーターフィッシングについて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

なぜ渓流でトップウォーターを投げるのか

動画でも解説しています

そもそも、なぜ僕は渓流でトップウォーターを投げているのか?

この辺りは、僕自身でもよくわからないんですよ。

だって、釣果を上げるならミノーのほうが良いし、トップを投げてる間に3匹釣れたと思う場面なんかゴロゴロしてるんです。

それでもトップを投げているのは、まぁ次の理由が一番だと思うんですよ。

渓流トップウォーターは気持ちいい

一番の理由は、やっぱり気持ちい良いことなんですよね

気持ちい良いかどうかって、やっぱり釣りをするので大事なことだし、釣れるのが一番だけど、なおかつ釣り方が重要な時もある。

というか、僕にとっては釣り方のほうが今は重要かもしれない。

というのも、ミノーやスピナーを投げればマズ釣れるっていうのがわかってきたし、それなりに釣り方もわかってきた。

この時期はこのルアーを使って、レンジはここで、こう動かせばホラって感じで。

でも、そうやって釣っていると、釣りもマンネリしてくるんです。

で、僕はそのマンネリが嫌なんですよ。

いつも同じようなやり方で、ただ釣るってのは味気ないし、つまらない。

そこで渓流でトップウォーターをやり始めたんです。

そうしたら、これがおおはまり。

釣るのが格段に難しくなった上に、魚のチェイスする様子や、水しぶきを上げてバイトする瞬間まで見えるから、もう病みつき。

結果、今年は半分以上トップウォーターの釣りにこだわってやってきたわけですよ。

ネットで探しても、こういう釣り方に言及している場所も無かったし、なんか僕がやりたいトップの釣り方も無かった。

だから自分でやり方を開拓すべく、自作でルア―を作ってみたり、このルアー使えるかな?と思って、色々と試していたんです。

ド派手なチェイスとバイトシーン

渓流でのトップウォーターで一番の魅力は、やっぱり派手なチェイス&バイトシーンを見れることですね。

普段シンキング系のルアーを使っていては味わえない刺激を得られるので、こいつを知るとトップ中毒になる人もいるんじゃないかと。

で、渓流でのトップで派手なバイトやチェイスを見るためには、実はちょっとしたコツがある。

というか、やってみてわかったんですが、渓魚やルアーによってはバイトがすごーい地味なこともあるんです。

そっちのほうが釣れるんですけど、トップをやってる気がしない。

だから、渓流でトップをやるなら、できるだけバイトが派手なやつをお勧めしたい。

その辺りは後程解説しようと思います。

根掛がまったくない

そして、渓流トップウォーターは根掛がまったく無いのも使っていて楽しい部分です。

渓流用のルアーとして最も普及しているシンキング系のミノーやスプーンは、どうしても根掛のリスクが付きまとうし、それが結構イライラする。

だからフローティングを使うと、根掛が少なくなって調子良いんですけど、それでも根掛する。とくに渇水期には。

で、そんな渇水状態の夏の渓流なら、トップでもう良いんじゃないか。

なんて思って使っているのも事実。

コメント