渓流トップウォーターのすすめ!夏だし目指そう渓流トッパー!

スポンサーリンク
トップウォーター

そっちのほうが釣れるんですけど、トップをやってる気がしない。

だから、渓流でトップをやるなら、できるだけバイトが派手なやつをお勧めしたい。

その辺りは後程解説しようと思います。

根掛がまったくない

そして、渓流トップウォーターは根掛がまったく無いのも使っていて楽しい部分です。

渓流用のルアーとして最も普及しているシンキング系のミノーやスプーンは、どうしても根掛のリスクが付きまとうし、それが結構イライラする。

だからフローティングを使うと、根掛が少なくなって調子良いんですけど、それでも根掛する。とくに渇水期には。

で、そんな渇水状態の夏の渓流なら、トップでもう良いんじゃないか。

なんて思って使っているのも事実。

たしかに、この時期の渓流ならトップで釣れるし、根掛のリスクを最も回避できるんですよ。

だから、水深が浅い場所ほど渓流のトップウォーターは成立しやすいし、他のルアーに比べて根掛のストレスから解放される楽しい釣りができるんです。

夏から秋にかけてはバイト地獄が楽しめる

あと、夏の渓流はトップのほうがバイト数が多い気がする。

というのも、そもそも水面に魚が出るのでバイトをカウントできるっていうのも大きいんですけど

それにしてもバイトしまくる。

そう思わされるのが渓流のトップです。

渓魚は基本的に虫を食べているし、夏になれば水面に落ちてくる虫を徹底的に狙うシーズンに入ってます。

この時期になると、水面にあるものを何でも食おうとするし、着水即バイトも増えるので、トップが異常に効くシーズンになります。

しかも、魚は何が落ちてきているのか良く見ていない。

普段なら威嚇でバイトさせるのが、餌だと思って襲ってきているので、とにかく勢い良く突っ込んできますね。

だからスレも少ないし、魚が抱く警戒心も少ない。

だから1度バイトミスしたやつが、2度、3度とトップに出るのも当たり前になります。

そもそも釣れなくても楽しい

渓流のトップは、そもそも釣れなくても楽しいんです。

なぜかというと、釣れない釣りだと最初からわかっているから。

他のルアーなら「あれ・・・なんでかな・・・」と考えこむんですが、トップは物凄い割り切れるんですよ。

出るか、出ないかでしか考えないトップの釣りでは、疑心暗鬼になることも無いし、出れば派手に出るし、それでも乗らないのが普通。

だから

「まぁ出なければOK」

位に楽な気持ちでいられるんですよね。

あと、トップはルアーを操作する楽しみがある。

このルアーをどう動かそうかとか、目で見ながらルアーを操作するし、操作自体難しいから、そっちのゲームに夢中になりがち。

だから、魚がそんなに釣れなくても、案外満足度が高いんです。

スポンサーリンク

渓流トップウォーターのデメリット

けれど良いことばかりじゃないのがトップウォーター

というか、実釣性能でいったらデメリットだらけですよ。

まず第一にノラない

バイト数だけは地獄のように稼ぐのに、そこからノル率は極端に言悔いのがトップの釣りですよ。

具体的にどれくらいのらないかっていうと

10回バイトが出て、その内3回のれば良レベル。

使うルアーによっては、5回位には上げられると思いますが、基本的には3回位っていう悲しい結果ですよ。

コメント