渓流トップウォーターのすすめ!夏だし目指そう渓流トッパー!

スポンサーリンク
トップウォーター

てなわけで、 その境目部分に落ちパク狙いで1投。

ここで食わなくとも、そこからアクションを付けてる、もしくは放置するにしても、巻き返しとの境目ならルアーが下流に流れにくいので、長い間ルアーをポイントに置いておけます。

急流ではドリフトさせる

トップに良く反応する時期は水温が上がっているため、魚は高活性になり、流れの中に良くついてます。

こういう魚を捕るときは、ドリフトが一番効果的。

流れの上に投げて、そのまま緩いカーブを描きつつポイントを通過させるやりかたです。

蝉ルアーを使ったトップウォーターではこの釣り方が基本ですし、面倒なアクションも必要ないのでおすすめです。

ロッドワークで魚に追わせて食わす

ただ、どんな渓魚も放置で釣れるわけじゃありません。

実際にやってみた結果、放置で釣れるのもいれば、アクションをつけないとチェイスすらしない魚もいました。

なので、落ちパクやドリフト以外にも、ドッグウォークやテーブルターンといったトップの基本アクションを使うのがおすすめです。

それに、こうしたアクションは魚のやる気スイッチを入れるので、より激しいチェイス&バイトが見られるのも楽しいです。

ドッグウォークとは、ルアーの首を左右に振らせるアクション。

渓流の上流に投げて、下らせながら首を振らせるためには、常にリールを巻いてスラッグを一定に保ちつつ、ロッドティップを振らなくてはなりません。

この動きはシェイクに近い動きなので、ミノーイングをやってる人なら大抵できるので、そんなに難しくないですよ。

テーブルターンやダイブといった方法は、ルアーによってやり方がまったく違うのですが、ペンシルベイトを例にした場合は以下の通りです。

・テーブルターン(その場で180度回転)=ティップでルアーを弾いて止める

・ダイブ(水の中に頭から突っ込む)=スラッグを気持ち長めに出し、加速させたティップでルアーを一気に弾いてすぐ止める。

・スケーティング(左右へ滑るように進む)=ティップで柔らかく弾く

なお、普通のトップウォーターと違って、渓流用の小さなプラグはアクションの変化を出すのがとても難しいです。ぶちゃけると、普通のトップウォーターのほうが操作性が良いんですよ。

だから、慣れないとダイブもテーブルターンもできませんが、基本的にドッグウォークさえできれば釣れるんで、まずはそこから試してください。練習が楽しいのもトップの良い所ですからね。

それと肝心なのは、ドッグウォークをやろうとして速く動かしすぎないことです。

小型のトップを使った釣りでは、小魚が逃げるようにパパパパっと水面を飛ぶように動かすんですが、渓流でそれをやるとチェイスはありますが魚が食えません。

そこで、動かしはするけれど、進む速度は流れとできるだけ平行な程度がベスト。

そして動きを止めないこと。止めるとすぐに興味を失います。

それが成功すると、ドッグウォークにチェイスするヤマメやイワナの強烈なバイトが見れます。

ロッドワークでルアーを見せて、魚に追わせて、水面を割らせて食わせる。

ここまでやって初めて、「渓流のトップウォーター」と言えるほどの醍醐味を味わえます

ただの放置やドリフトでは絶対に見れない光景ですし、釣れたのではなく「釣った」という感覚がひたすらに強い。

だから、ぜひドッグウォークを中心としたアクションを覚え、ルアーを水面で動かせて釣ってください。ロッドワーク次第で釣果がまるで変る異常なほどのゲーム性を味わえます。

スポンサーリンク

渓流トップウォーターに使えるルアー

さて、渓流でのトップウォーターをやる上でかかせないルアーですが、これがとても種類が少ない。

まだ釣り方がぜんぜん確率されていないので、基本的には蝉系が多いんですが、使って面白いのはペンシルやポッパータイプだったりします。

コメント