渓流トップウォーターのすすめ!夏だし目指そう渓流トッパー!

スポンサーリンク
トップウォーター

というわけで、僕が実際に試して「これは面白いな」と思ったルアーをご紹介します。

ヘドン/ティニートーピード

僕が現在渓流ルアーフィッシングで一番ハマっているのは、やはりヘドンのティニートーピードですね。

そのまま使うよりも、後ろの回らないペラを若干カットして、ペンシル化してしまうので、実質ペンシルベイトとして使ってますね。

カスタムせずとも使えますし、後ろのペラが水への抵抗となって、移動距離の短いドッグウォークとテーブルターンが可能となっています。

そのおかげで、3.8㎜という小型のルアーながら渓流でのアップクロスの釣りが快適にやれます。

レーベル/クリックホッパー

以前から渓流トップウォーターで使用しているのがレーベルのクリックホッパーですね。

渓流のトップウォーターはヘドン・レーベルとプラドコ勢が今のところ一番使用頻度が高いですが、釣れやすさでいったらクリックホッパーのほうが上ですね。

トップウォーターで、スプラッシュを上げながらのテーブルターンでアピールします。

さらに、ただ巻きをすることでウェイクベイトとしての仕様も可能なので、釣り方が無限。

アップクロス・ドリフトなども多く使えます。

スミス/美蝉(ビセン)

スミスから販売されているトラウト用のトップウォータープラグとして有名な美蝉を使えますね。

蝉系ということもあり、ニジマスやアメマス、ブラウンに効果的なのですが、元々はエリアや湖用。

しかし、ニジマスなどサイズが大きくなりやすいトラウトがいる河川では十分仕様可能です。

渓流。とくにヤマメやイワナに対してはサイズが大きすぎの他、キャスト精度が地獄のように落ちる(羽の空気抵抗でカーブしてしまう)ことから、シビアな源流では使いにくいですが、多少開けた場所なら仕様可能です。

シェイクとドリフト、放置がメインとなるので、また違った釣り方になっていきます。

スポンサーリンク

夏の今こそ渓流トップウォーター!

渓流のトップウォーターの季節はそんなに長くありません。

僕のようにトチ狂ったようにトップを投げていたら、それなりに釣れるときもありますが、気温が下がり、虫が飛ばなくなったら終り、あとはフツーにミノー投げてスプーンを投げて釣っていく感じ。

というわけで、この記事を投下したら、シーズンの残りはもうわずか。

チャンスがあったらすかさずトップを投げてみてください。マンネリ気味の渓流もいっきに楽しくなるかもしれません。たぶん。

コメント