ロッドの穂先を修理!穂先修理人がFUJIのロッドリペアキッドを使ってみる

スポンサードリンク
未分類

前回購入したジャパニーズ・オールドロッド、スピンキャスト60の穂先を修理することにしました。

というわけでこんばんは、この世に直せないティップはない伝説のロッド修理人、αトラウトです。リペアァ!

てなわけで、ロッド修理をするんですけど

ロッドに限らずとも、古いものを買うっていうのは、ある程度修理できる能力があること前提ですし、そもそも破損しているものを買うならなおのこと

で、前回購入したエビスの古きスピンキャスト専用ロッドなんですが、こいつもトップガイドがひん曲がってたんですよ。

だから、ガイドを交換しないと、せっかくかった伝説のロッドが使えないんですが

このαトラウト、ロッドの修理には定評がありますし

ア・バオア・クーでシャアと戦ったあとのガンダムみたいなティップを一晩で戦闘に復帰させられるレベルです。

それだけ僕はティップを折ってしまったり、自分で壊れたガイドを交換してきた。

だからそれなりに自信がある。パーツを集めるのも好き。

けれど、この技を習得するためには一年間宇宙戦争に従軍して大破したジムとドッキングとかいうクソ機構のせいで壊れやすいガンダムを徹夜で修理し続けるホワイトベースっていう超ブラック企業に入社する必要があるのでお勧めできません。ほんとうに地獄です。

ちなみに豆知識ですが、初代ガンダムのメカニックは1人をのぞいて全員少年が担当していますからね。イカレてますよ。

しかも初めて見たモビルスーツを一晩で修理できる天才キッズですよ。ニュータイプのアムロも凄いけれど、実はこいつらが一番凄いんです。

そのせいか、今でもホワイトベースは連邦の遺伝子操作によって生み出された子供達をのせた実験船だと思ってますが、それより何より彼らの扱いがまぁひどい。

複雑怪奇な核融合路搭載のロボットを修理できる奇跡の子供達のおかげで、アムロだってガンダムだって戦えているのに

途中参加のスレッガーなんて、外装パネルの交換と時機のフューエルポンプの交換を「10分でやれ」とか言いやがるんですよ?これだからパイロットなんかクソなんですよ。できるわけねぇだろ。

まぁそんな感じで、エンジニアやらメカニックっていうのは、常にひどい扱いを受けがちだし、無茶な要求ばっかり答えさせられる。

けれど、それでもやらなきゃいけないし、ホワイトベースの少年メカニックは本当に10分で外装パネルとフュエールポンプを換装したんですよ。

そこで、「誰でも簡単にティップの修理やトップガイドの交換ができるアイテムはないだろうか」と探していたんです。

もし、スレッガーみたいなクソアングラーに、交換に15分かかるって言ってるのに10分でやれとか言われた時に備えてね。

そこで、誰でも現場で簡単にティップを朱里できるというロッドリペアキットを見つけました。

スポンサードリンク

スレッガーみたいなアングラーを黙らせるFUJIのロッドリペアキッド

だいたい、ロッドの穂先が折れたからって修理の一つもできないのに釣りするほうが悪いんですが、中にはそういうスレッガーみたいな輩がいるんですよ。

しかも「俺も燃料を補給にいってくる」とかいって自販機でジュース買いにいくようなやつが。

しかも彼女とイチャついているようなヤツが。

思い出しただけでスレッガーが腹立ってくるんですけど、そんな態度だけデカい素人アングラーと同行した時の備えとして

もしくは、自分のロッドの穂先が折れたり、ガイドが曲がったとしても、すぐさま現場で修理してあげられるのがフジのロッドリペアキッドです。

トップガイドが3種類入って480円の便利なセット

フジのトップガイド用ロッドリペアキットは、トップガイドが3つ入ってお値段480円

送料をいれるとだいたい580円くらいになるはずです。

これは安いぞと思ったのですが、他にも大量にトップガイドが入っていて1500円とかのお得なセットもありました。

しかし、レビューを見てみると、ステンレスって書いてあるのに鉄製で海水でサビるだの。

トップガイド買ったはいいけど、大量にありすぎて使いきれないだの。

そういったレビューをさんざん見た結果、試しに使うならこいつだと決めましたね。

まずガイドが3種類入っているんですが、これで大体のロッドにすっぽりとハマルんで便利。

トップガイドが欲しいけど、沢山は要らないって人にはちょうどいいですね。

安心のフジガイドだから良い

このガイド、kガイドとかチタンガイドとか、そんな効果なアイテムじゃない、超基本的なガイド。

だから値段も滅茶苦茶安いんですが、なにより安心のフジ製品ってのが良いですね。

ガイドって、フジ以外とフジとじゃ天と地ほどの差がある恐ろしいアイテム。

なんかセラミックのリングが外れたり、ゆがんだり、無駄にサビたりして全然使えなくなる(経験者)

だからこそフジが日本のロッドのガイドのシェア率を独占しているわけですね。うん、腹たつ。

でも、やっぱりフジのガイドなら安心できるし、とりあえず使っておきたいところです。

緊急用ホットグルーが入ってる

しかも、緊急用というわけで、釣り場ですぐに使えるホットグルーが入ってますよ。

こいつはライターであぶって接着するためのもの。

ライターがないと使えないんですが、まぁ接着剤よりは安全ですね。

ただ、がっちり付けるのにグルーじゃこころもとないし、これはあくまで緊急用。

僕みたいに中古ロッド買ったけどガイドがクソだった時は、がっつり接着剤でつけてやります

フジのロッドリペアキッドを使ってトップガイドを交換

てなわけで、すぐにでもこのロッドを使いたいので、トップガイドを交換していこうと思います。

というか、トップガイドの交換ってどうやるの?

と思った人も安心、さすがフジだけあって、商品の裏面にきちんとトップガイドの取り換え手順がある。

しかも中の説明書にも交換の手順があるので、初心者でも簡単に交換できます。


一応ここで手順を簡単に説明すると

1・ライターでトップガイドの根本をあぶる(間違ってもロッド部分はあぶらない)

2・中の接着剤が解けて変なにおいがしたら、ペンチでゆっくり引き抜く(匂いをかいでハイにならない)

3・ティップの先端に瞬間接着剤を塗って装着

接着剤でつければだいたい取れない

というかんじで、恐ろしく簡単に外したり付けたりできるのがトップガイドのいいところですね。

ちなみに、このあとにスレッドを巻いてエポキシでキレイに仕上げてやるともっと見栄えがよくなりますが、応急処置としてはコレでokです。

こんな感じで、スピンキャスト専用ロッドが見事復活。

まーワイヤーガイドなんで、そのうち全てガイドを交換しようと思ってますが、今のところはできるだけロッド本来の仕様で使っていきたいと思います。

ガイドの修理って結構楽しい

というわけで、フジのロッドリペアキッドを使ったトップガイド交換の紹介でした。

ちなみにバス用っていうのがルアーロッド大半に使えますが、テレスコ用やサビキ竿用も存在するので、簡単に修理するのに向いてます。

緊急用としてバッグに忍ばせておくと、いつでもガイドを交換できて安心ですし、値段も安いんで良い買い物でした。

にしても、ガイドの修理は楽しいもんです。

オンボロのロッドも復活するし、蘇ったロッドにはよけい愛着がわきますしね。

そう思うと、自分が修理して愛着あるモビルスーツをさんざんにぶっ壊して帰ってくるパイロットへの憎しみが募ってヤバい。みなさんも今度ガンダム見るときは、機体が壊れた時にブーイングかましてやってください。

コメント