【深夜釣りドラマ】雨の日は退屈な田舎で発狂するからパチンコに行くか渓流でラパラを投げる【裏話とか設定】

スポンサードリンク
超コラム

というわけで、深夜釣りドラマシリーズの最新作をアップロードしました。

【深夜釣りドラマ】雨の日は退屈な田舎で発狂するからパチンコに行くか渓流でラパラを投げる

にしても時間がかかりました。

ブログの方は更新していても、今回も長々と投稿が先延ばしになってしまったユーチューブのほうに、無事深夜釣りドラマシリーズを投入することができたのは安堵の限り。

今回は田舎とか、退屈さとか、現実から逃げる愚かさみたいなの全面に押し出した

バカげたギャグドラマとなっています。

 

なので、ふかーい事言っているようで実はとてつもなく浅いというのが本音なんですが

今回はとりあえず別段深くもない裏話や、今後のドラマの展開、主人公であるアルコール中男なんかについて説明してより深夜釣りドラマを楽しんでもらえるようにしたいと思います。

スポンサードリンク

主人公・アルコール中男について

この物語の主人公は、僕αトラウトではありません。

男の名は「アルコール中男」

当然偽名ながらふざけすぎた名前の30歳を過ぎたころの男性です。

この男が道北に逃げ込み、僕の家に居候するようになったという設定のも物語が進んでいくので、決して僕と同一視してはいけません。さすがに金がなくとも森のキノコを生で食べません。食べれるのはアルコール中男だけです。

 

このアルコール中男の独白で物語がすすむのが深夜釣りドラマシリーズであり、過去に登場しているのも全てアルコール中男です。

 

この男は名前の通り重度のアルコール中毒患者。

他にも精神的な疾患をわずらい病院に通っています。

なお、札幌で何か大きなことをヤラかして、この道北の田舎へと逃げ込んでいるそうです。

その結果なのか、現在は無職の上、住民票すら存在しない「死んだ人間」

つまり幽霊のような存在なのですが、けっして本当に死んでるわけでもないですし、オチがシックスセンスなわけじゃありません。

彼はなんとかして逃亡生活を続けつつ、資金を得るために仕事をするのですが、一目に触れるのを極端に避ける節があり、謎の仕事をして日銭を稼いでいます。

なお、彼は住民票も無ければ、免許証、保険証といった普通の人間がもつ身分証明書は一切所持していません。

そのため、彼は僕の車を勝ってに乗り回して釣りや仕事にでかけ、病院に行くときは僕の名前を語り、僕の保険証を使っています。ほんとうにクソ野郎です。

おまけに携帯も僕の古いものを勝ってに使っていますし、その料金も僕もちです。

そんな目にあっているのは僕もとある事情により彼に脅迫されているため。2000円ながら家賃をもらていますが少なすぎです。やってられません。さっさと警察に突き出したいです。

釣り動画ではないし普通は見ちゃだめ

この物語の舞台となっているのは、アルコール中男と僕がすむ道北の田舎町です。

自然豊かで農業や畜産が盛んなこの町で生活していることもあり、基本的にはドラマになるようなオシャレでクールな舞台は一切ありません。

雄大な北海道の豊かな自然を背景に

アルコール中男というまるで似つかわしくないダメ人間が七転八倒

しまいには釣りに行くというのが、深夜ドラマシリーズの流れなのですが

通常の釣り動画とは違い、魚を釣ることや、そのテクニックや、美しい自然の映像といった部分よりも

アルコール中男のダメっぷりこそがメインです

しかし、あまりにもダメすぎるので、なんとかOPにで取り返そうと必死です。

なお、この男は平然と人の家でAVを見てシコったり、酒を飲んだり好き放題やるばかりか、犯罪行為ともいうべきバカげた行為を平然とやってのけますし、たまにハイになったりします。

ですから、キッズの方や、真面目な方、食事中の方や、クズに適正がないタイプの方は絶対に避けたほうが良いタイプのものであり、基本的には社会不適合者向けのドラマであり、あまつさえその編集を僕や道北卍映像にやらせているのです。

彼曰く「動画で収益が出れば金になるだろう」とのことですが、そんな気配はまったくありません。

ともかく、彼の物語は釣り動画ではなく、まるで別物なのです。

アルコール中男と釣りについて

アルコール中男は釣りが好きで、その点は僕と同じです

だからといって同情の余地は一切ないバカなのですが、釣りについてのみ同情すべきところがあります。

というのも、アルコール中男にとっての釣りとは、つねに「慰め」だからです。

癒しとも、遊びとも違う、彼が持つ釣りの考えは僕もまだ理解しかねるところがありますが、彼が釣りにでかける時は、大抵鬱屈としています。

彼の過去に一体何があったのかはわかりませんが、表面上はイカレた男に見えて、時折深い闇を抱えているようにも見えます。

そんな男は、なぜか釣りに出かけて帰ってくると、一瞬だけまともに見える時があるのですが、彼は自らの闇を、釣りによって慰めているように見えます。

ただ、だまされてはいけません。

アルコール中男は実際は狂暴な精神異常者なのです。

アルコール中男の闇とは

アルコール中男のとる行動は、明らかな精神異常者のそれです。

普通に考えて、さっさと病院で入院すべきか、もしくはムショにはいってこそ世の中の役に立つような人間です。

先天的なサイコパスである可能性も高いのですが、感情的な部分は普通に見える部分もあり、何か不気味なものを感じます。

ただ、この道北へと逃げてきた前は札幌に住んでいたと聞いています。

そこで何かをヤラかしたせいか、時折ひどくおびえた様子を見せます。

おそらく、彼は札幌で何かとんでもない事件を起こしているのでしょうが、今のところそれはわかりません。

また、この男にはかつて家族があったような素振りもあります。

いったい、アルコール中男に何があったのか?

そもそも、アルコール中男とはどんな男なのか?

考えるほど疑問がわく存在なのですが

よりはやく家から出て行ってもらいたいです。

深夜釣りドラマシリーズの今後

アルコール中男がいる以上、このドラマはまだ止まりません。

やつは定期的に自分で撮影した映像を渡してきますが、それを断ると暴力をふるってきます。

その点について本人は一切動画には出しませんが、ひどい暴力です。先日は耳の中に酢豚を入れられました。しかも濃いめのやつです。

そんなこんなもあり、実はこの記事は僕の告発文でもあります。

本当は「もっと深夜釣りドラマシリーズを楽しめるように説明記事を書け」と言われているのですが、動画を編集しながら目にしたやつの行動があまりにひどすぎるため、このような形で告発することとなりました。

僕は、アルコール中男にコントロールされています。

しかも、やつはまだ深夜釣りドラマシリーズを続けるつもりですし、その結果何をねらっているのか、その狙いすらもわかりません。

ただ、一ついえるのは、アルコール中男は日増しにエスカレートしているということです。

ヤツはこの深夜釣りドラマシリーズをひどく気にっているらしく、今回はひどく注文が多くびっくりしています。

はやくこいつを何とかしなくてはなりませんが、ひとまず身の安全のため、僕も深夜釣りドラマシリーズを続けていく予定です。

コメント