頂いたティムコのシュマリ50FSをマシニストになりながら使ってみる

スポンサーリンク
ミノー

今回は前回頂いたシュマリ50FSでの実釣になりますよ。

この万年金欠アングラーな僕ですが、みなさまのおかげで、ルアーに困らなくなってまいりました。

ただし、もらってばかりでは申し訳がないし、実際にもらったルアーを使い、実釣をして完成をなすというもの。

しかし最近忙しいのと睡眠リズムがおかしな事になり、朝の釣りにいけなくなったαトラウトですよ。リアル・マシニストですよ

てなわけで、もう最近完全に映画マシニストみたいになちゃっていて

もう全然寝れないから眠剤を使ってなんとか寝ようとするんですが、あっという間に起きてしまうわけですよ。

しかし、朝しか釣りにいけない僕は、もう不眠で過ごすしかなくて、朝起きれないわけですね。

そんなマシニストαトラウトは、今日も今日とて釣りにいけず、日が昇りはじめてようやく布団に入るわけですよね。

しかし、だからといって釣りがしたくない訳ではない

というか、朝起きて歯を磨いている時には

「あ・・・今朝も釣りにいけなかったな・・・」

とか思ってしまっているわけですよ。

そのせいで余計ストレスが溜まるし、睡眠不足でよけいイライラするし

おまけに今日は役所にいって書類をもらってくるとか

ああ面倒、もう無理、もー釣りに行きたい

とか思いながら役所に行く時、ついにブチギレた僕は、車に鱒レンジャーCT50とロキサーニBF8を突っ込んだわけですよ。

もう行ってやるよ、こうなりゃ役所で速攻で書類もらった帰り道に、新規開拓してきてやるよ!うぉおおお!!

スポンサーリンク

シュマリ50FSを使って新規開拓してみる

というわけでやってきたのは、なんか一度も言ったことが無い渓流

ここでサーチをするために、このシュマリ50FSを使ってみようと思ったんですよ。

とりあえずどんな場所か良くわからず入渓したんですが、案外人が立ち入った痕跡がある。

市街地が近いから、こういう狭いところでも結構人がいるのか、ヤブこいでるなーと思いつつも入渓。

使うのは鱒レンジャーCT50とロキサーニBF8というベイトフィネスタックル。

このたっくるが一番使い易そうだなってことで、ものすごい小さな渓流をチェックしつつ、シュマリ50FSの性能を確かめさせてもらいます。

シュマリ50FSが使いやすくてコシ抜かす

まず、このシュマリを投げて、ためしに動きをチェックしてみる。

だいたい初めてのミノーなんで良くわからないけど、FS(ファストシンキングモデル)なんで、当然世に言うヘビーシンキングミノーに分類できるタイプ。

てことは、結構サーチ的な使い方に向いているだろうなと思いキャストしてアクションをチェックすると。

すげー使いやすいのコレ

トゥイッチへのアクションとか、安定感の高さとか、かなり高いレベルで整っているし、リップの水噛みが高い上、左右へとテールが吹っ飛ぶ慣性ドリフト的な跳ねかたをする。

しかも、ロッド操作に対するルアーのレスポンスが異常。

本当にヘビーシンキングミノーかって思う位の反応を示すし、しかも、それが派手すぎず良い感じに抑えられている。

コメント