【メガバス】グレートハンティングの鬼手仏針がすごいから一回使ってみてほしい【レビュー&インプレ】

スポンサーリンク
未分類

てなわけで、ただ巻きだとあんまり動かないんですよね、これ。

でもトゥイッチをしてやると、なんか凄い速度でビュゥンて体をひねりながら左右にダートするんですよ。

これは細いリップと、渓流ミノーでは珍しい極端な前方重心だから。

ボディ無いの空気室も、ほぼミノーの後方に集中していて、ルアーを止めると頭を下に向けてストーンって落ちてく。

だから、その姿勢でルアーにアクションを掛けると、左右にすっ飛ぶ。

しかもすっ飛ぶ時、細いリップに水をうけて、ボディがウォブリングするんじゃなく、ギュゥンっと高速でローリングしていきます。

ヒラ打ちでも、慣性ドリフトでもない。
他の渓流ミノーでまったく見られないタイプで、かなり変わってる。
リップやボディで水を押すというより、切り裂くように水中をかっ飛んで行くスピーディーなアクションです。

浮き上がりにくテンポ良く釣れる

あと、浮き上がりが極端なほど抑えられてますね。
スプーンかよお前位の勢いで浮いてこないので、同じレンジをずーっと引いてこれます。

フォール速度も自重に比べて速めに設定されているタイプ。
フラッタリングで誘うということはできないけれど、常に動かし続けて釣る感じ。しかも素早く。

その場でジックリ動きを見せて掛けるような渓流ミノーではなく、スピーディーに、ローリングの明滅と左右へのダートで、おもいきりリアクションバイトを狙っていく感じ。

とにかく動きが速いし、水中を縦と横の動きでアピールするから、目立つけど見切られにくい。

活性が良いやつほど思わず口を使うような感じだし、スレてるエリアほど、この動きは強いですね。

あと、釣っている時のテンポが凄く良い。

フォールが速めで、アクションもスピーディーで、パーンと打って、素早くチェックして、移動っていう高速ランガンスタイルの人にはうてつけ。

実際、グレートハンティングは山岳渓流でトレッキングをしながら使いやすいモデルだし、使ってる人もアスリートが多いイメージ。
山を登りながら、ガンガン攻めるような渓流が一番威力を発揮しますね。

スポンサーリンク

グレートハンティングはやっぱり良いミノーです


実際に渓流で使って見たところ、どうやって使うのかさっぱりわからなかったんですけど

これ、実際に使ってみるとかなり面白いし、フックが秀逸ですね。

鬼手仏針はグレートハンティングのフラットサイドなら全てついてますし、別売りもしているので、そいつを買って一回試してみるといいですね。掛かりがよくて、バレにくく、魚へのダメージも少ないヤマメ・イワナ用トリプルフックを探している人にはぜひおすすめしたいです。

コメント