【ラッキークラフト】サミー65で攻める秋のニジマストップウォーター【水面爆破】

スポンサーリンク
未分類

ラッキークラフトから販売中のペンシルベイト、サミー65を使ったニジマスのトップウォーターフィッシングを楽しんできました。

それにしても、もうずいぶん冬が近いというか、通年ならとっくに初雪が来ていてもおかしくない道北地方。

こんな時、今か今かと雪を待ちわびているのは犬とキッズ位のもので、僕のようなオッサンと猫たちは「今年も雪遅ければいいな、温暖化マジで期待だわ」と、不謹慎な胸の内をtweetしそうになり、コタツで丸くなりスマホをしまい、ミカンの横のノートPCでブログ記事を書き始める。

というわけで、本音でしゃべると何時も炎上。一回のツイートに5時間の熟考が必要なαトラウトです。すべるよ!この口すんごい滑るよ!

そんな懐かしの大晦日格闘技みたいなヌルヌルリップを持つ僕なんですが、まぁついでに口が滑っちゃうとするなら

ぶっちゃけこの記事、一ヶ月前のやつなんだよね。

ここ数週間肉体労働に励み、家で仕事にはげみ、もうとにかくめっちゃ働いてるから、ぜんぜん釣りに行けてません。どれくらい行けてないかというと、脱北者が祖国に帰る頻度でいけてません。

けれど、その直前に釣りにいっていた記事が溜まっているので、こうして暇をみてはブログに書きしたためているわけですよ。

で、今回紹介するのはラッキークラフトのサミー65

実はこれ、ブログ繋がりで色々とお世話になっているばんぱくさんから頂いたルアーの一つなんですが「もう絶対こいつで釣りたい!」とひたすら握りしめていたアイテムなんですよ。

で、こいつを持って、いよいよトップシーズンに入ったダム湖へと突撃してきました。

スポンサーリンク

サミー65の動画を作りました

今回もYouTubeに動画を作ってきましたよ。

サミー65とスピンキャストでニジマスを釣ってる様子ですが、とにかくスピンキャストが投げづらくて悪戦苦闘していました。

けどサミー65が強すぎて、なれないタックルでもポンポン釣っていきます。ヤバイルアーです。

サミー65を持って秋のダム湖へ

夏から秋へと季節が移り替わる時、多くの人は気温や紅葉で知るでしょう。

しかし、僕の場合はこのダム湖の減水率というのは言うまでもない話。

秋=ダム湖の水が下がる=魚がより釣れやすくなる

という黄金の季節であり、とくにニジマス狙いとなれば、秋は絶好のシーズンです。

てなわけで、某ダム湖へと早朝に向かったのですが、僕にとってはただニジマスが釣りやすい時期ってだけじゃなくて

サミー65でトップにニジマスを引き出しやすい。

いうなれば、ペンシルベイトでニジマスを釣る絶好のシーズンなんですよ。

僕のブログをお読みになっている方はご存知でしょうか、僕はトラウトのトップウォーター、特にペンシルベイトを使った釣りが大好物でして、もう釣れないだろっていう早春からやたらとペンシルを投げるイカレた奴なんですが、安心してください、いきつけの精神科は3つあります。もう皆さんがいきつけの居酒屋とかバーに行く頻度で行ってるんで安心してください。

けど、なんか不安とか言われると「僕はまともだ!はなせ!くそ!どこにつれてくんだ!」と入院病棟に引き摺りこまれた記憶がよみがえってくるんで、精神状態が安定している間に書き進めたいと思います。

ともかく、ペンシル+ニジマスがとにかく好きな僕にとって、秋はまさにゴールデンシーズン。

だったら、頂いたサミー65を使うしかないって訳ですよ。

ラッキークラフト・サミー65とは?

さっきからサミーサミー言ってますけど、そもそも何それ?

てな方のために説明しておきましょう。

サミーとは、ラッキークラフトが販売しているペンシルベイトであり、もはや日本じゃ革命と呼ばれたビッグフィッシュハンターですね。

とくに90年代から00年代に掛けてサミーは爆発的に売れ、いたるところで使われていましたし、雑誌でも大量に特集が組まれていたのを思い出します。

今ではさほど見かけることもなく、使い手も減りはしましたが、それでも恐ろしいほどスムーズなドッグウォークとスケーティングを愛してやまないファンが使い続けています。

で、このサミー65はシリーズ最小サイズのモデル。

全長65㎜という小型ペンシルベイトながら、その操作性は明らかにサミーゆずり。飛距離も抜群で、ライトゲームにおいて軽快なトップの釣りを楽しめるモデルです。

【サミー65・スペック】

サイズ:65mm

重さ:5.8g

タイプ:ペンシルベイト

フック:8番

サミーにはサイズだけでなく様々なカラーバリエーションがあるのですが、特に象徴的なのがリアルなスケルトンカラーですね。

特に、このワカサギカラーとアユカラーは、僕にとってサミーの象徴みたいな色であり、特別な思い入れがあるんですよ。

サミーを投げ倒したあの頃

ラッキークラフトのサミーというと、もう今の10代のアングラーにとっては聞いたこともないルアーかもしれませんね。

人気もガタ落ちしているというか、もう全然使われなくなっちゃったし、黄色いお店で一個100円とかで売られていたり

ああ、サミーって今はもう売れないんだな…というのは、ラッキークラフトの人気が下火になった頃から気が付いては居ましたけどね。

 

けれど、僕にとってサミーは特別なルアーだし、それはサイズダウンした65だって同じですよ。

 

コメント