鱒レンジャーネクストSP40でニジマス釣行とエゾアカガエルの冬眠

スポンサーリンク
未分類

鱒レンジャーネクストSP40でニジマス釣行!クルセイダーで速攻キャッチ

鱒レンジャーネクストSP40購入後、お昼休みにニジマスを釣り近所の渓流へと30分釣行に行ってきましたよ。

昼休みに渓流いけるって、冷静に考えて凄い良い所に住んでますよね。

豊かな自然、広大な大地、豊富な水源。

これらがあるからこそ、家の近所で渓流釣りが楽しめるわけで、今日も自然に感謝ですね!

とか言いつつ「マジ温暖化すすめよクソ」と今日も寒さと雪に呪いの言葉を吐いているαトラウトです。国連の女の子に怒鳴られる!


いやね

北海道住んでるから寒いの大丈夫でしょ?とか

雪とか当たり前でしょ?みたいに言われるけど


寒いもんは寒いし、雪とか大体憂鬱になるからね

普通にヘイト溜まるからね。地球温暖化すすめよとか心にも無いことすら言っちゃうレベルです。


だから今日も文句を言いつつ、コタツに居座りこの記事を書いていますが、足をのばそうとしたら、コタツ先住民族である猫が「よそ者はこの大地から離れろ」と言ってきます。なんだこいつ、ビクトもしない。強い。

で、今回は何かといえば、鱒レンジャーnextSP40ですよ。

このロッドは今年買った鱒レンで一番使えると感じていて、主に小渓流で大活躍。

コンパクトなため常に車の荷台に積みっぱなしで移動していて、お昼休みに近くの渓流にいって釣りをしていました。あ、まって、猫ががどいた、足がのばせ・・・・ああ!クソ!痛い!やめろ!股間の上で!猫が股間の上でモミモミ運動をgtoaijgoiaj!!

スポンサーリンク


鱒レンジャーnextSP40を持って小さな渓流のダム下へ


コタツの中での領地争いに勝ったと思ったら、先住民族のモミモミ運動で股間をグチャグチャにされました。
北海道を開拓にきた屯田兵がアイヌに襲われたら、きっとこんな酷い目にあったのかもしれない
自然にアダなすものは、かならず痛いしっぺ返しを食らうというか?

ともかく話を続けます。なんだけ?ああ、そうだ釣りに行った話だった。


鱒レンジャーnextSP40を持って向かったのは、うちの近くにある小さな渓流でしたね。


その渓流、実は普段からそんなに魚が居なくて

おせじにも魚影が濃いとは言えないポイントだから、あまり行くことは無かったんですよ。


なんで魚影が薄いかっていえば、河川工事と農業用ため池のせい。

天塩川本流に入る支流の一つなんですが、本流から5キロと離れていない地点に溜池が作られていて、魚の遡上はそれ以上不可能。しかも護岸もコンクリで埋められている場所も多くて、魚が居つける所が少ない。だから魚が少ない。

コメント